フォト

twitter

【新連載】 BBBコラム『実録・近藤スパ太郎の盗難バイク奪還記!!』

[寝てる間に視力UP!]スパ太郎の“オサート”体験記 

無料ブログはココログ

カテゴリー「ライダー紹介します」の8件の記事

2015年10月 7日 (水)

久しぶりに、府中のバイク屋、モトショップストラーダへ!

バイクの寄稿で調べものがあり、
昨日、府中のバイク屋、モトショップストラーダに行って来ました!
Spa31789

ストラーダに行くのは、久しぶりなボク。

おっ、スパちゃん来たね! と、店長の渡辺さん。 
Rimg0008

以前にも、このブログで書きましたが、
ストラーダは、ライダーじゃなくても、ふらっと立ち寄れるバイク屋なんだよね。
Spa31790

ご近所の方も、フラッと来ては、店先で楽しそうにして帰って行く。。。

この方のバアイは、、、、
Spa31786


店先で、ひなたぼっこするカメと遊んで行きました。。。。
Spa31793

2009年の時の写真と比べると、ずいぶんと大きくなったなぁ。

カンバン犬の「ラル」に会いに来る人もいます。


ライダーのボクだって、
入りにくい感じ…のバイク屋は多い。

だけど、こんな気さくな"街のバイク屋さん"がもっと増えたら良いのになぁ。
Rimg0009

「スパちゃん、まだ帰らないだろ?」
「いやいや、もうそろそろ行きます!」
「まだいいジャン。昼メシ食べに行こうよ!」

と、話はなかなか尽きず、歩いて直ぐの「きんとき」へ!
Spa31781
(いちょう通り、新町文化センター近くです)

Spa31780
店で大人気の「生姜焼き定食」だそうな!

確かにウマイ!

ショウガがスゴイたっぷりで、ボクが好きなパターンの生姜焼き。
付け合せのマッシュポテトも美味い!!


いつもお世話になりっぱなしです。
Dsc_0254_2
渡辺さん、ちょっと、ジャッキーチェンに似てません?
(と、思うのはボクだけでしょうか…)

■モトショップ ストラーダ
http://ms-strada.com/



2015年4月 2日 (木)

東京モーターサイクルショー。 ホワイトハウスのブースと、沢山の出会いに感謝!

Imgp1335
東京モーターサイクルショーの、最終日報告が遅くなってしまいましたが…

最終日の日曜も、ちぱるちゃんと、トークショー"4ステージ"開催させて頂きました。
Imgp1302

Imgp1308

Imgp1300

金曜日から数えると、全部で10ステージ。
Imgp1287
毎回、多くの方にトークショーをご覧いただき、心から感謝致します。

特に最終ステージは、
Imgp1332
コチラの舞台監督(ウドウさん)から「巻き」の指示が何度も出ていたものの、

二人で、アドリブ盛りだくさんの進行をしてしまいました。。。。

ウドウさん、スミマセン!!
※しかも、連日のステージの写真撮影は、ウドウさんがボクのPENTAX WG-1 で撮ってくれました!
(有り難うございます)


どうでしたか?
インディアン、ヴィクトリーの魅力は、ボクらのトークで伝わったかなぁ~~?

普段は、スポーツ系に多く乗る事が多い…という、ちぱるちゃん。
ボクは、オフロード大好き。

ナンでも乗りこなすバイク大好きな二人が、
いつもとは少し違うタイプの「アメリカン」なバイクを体感し、
新しく感じた「インディアンやヴィクトリーの魅力」を伝えさせて頂いたつもりです。

Imgp1339

イベント期間中、MIRAIの岸本さんがパーソナリティを務める、FM番組の取材を受けました。

Q:スパ太郎さんにとって、バイクの魅力ってナンですか?
スパ:ボクにとって、バイクは出会いのツールです。

今年のモーターサイクルショーでも、バイクを通して沢山の方達と出会い、少しの間でしたが、時間を共にさせて頂きました。

ホワイトハウスの皆さん。
イベント会社の皆さん。
ちぱるちゃんに、コンパニオンの皆さん。
アメリカ・ポラリス社のマキシムさん。

そして、会場でお会いした全ての皆さん。

いや~。
やっぱりオレは、ライダーで良かった!

2014年10月24日 (金)

トライアルライダー「野崎史高 選手」って知ってる?

Pic0001c
全日本トライアル参戦中の、野崎史高(のざきふみたか) 選手。

そう。
彼は全日本トライアル選手権、国際A級ライダーの中でも、特にレベルの高い10数人がエントリーしている"最上級クラス"、「IAスーパークラス」に参戦するプロのライダー。

Img_16418598216934
(野崎選手の走り)

トライアルは、スピードではなくって、写真の様な障害物などがあるコースを、足を着かない、転ばないなど、バランスやマシンの操作技術やを競う競技。
(プロ選手は、まず転ばないけどね)

 

野崎選手の去年のランキングは3位。

日本で3位だから、メチャスゴイ選手ではあるのですが……


ここ7年間、ずーっと3位だったりもするのです。
(1位2位の2人がメッチャ強いのです!)

トコロが今年は、今週末の最終戦で、2位になれるチャンス!

そう。11回チャンピオンの黒山健一選手と、現在タイなのです。
「2014tr_rd6_ranking.pdf」をダウンロード



頑張れ、野崎選手!
(オレ的には「史くん!」と呼んでいるが…)


実は史くんとは、去年のイーハトーブトライアルで「はじめまして!」と挨拶を交わし、その日の前夜祭トークショーでは、ボクが彼をイジリ倒させて頂いて、一緒に会場を盛り上げた仲。
(ずっと3位なんですか? 優勝は嫌いなの? ってね!)
(でもホントは、自転車トライアルのジュニア世界チャンピオン、オートバイでも、ジュニアの世界チャンピオン記録保持者なのです)


で、今年のイーハトーブトライアルの前夜祭では、「チャンピオン11回」という記録を持つ、黒山健一選手も交じって、トークショーを盛り上げてくれました!
Reimgp8926
(史くん、笑いすぎ)

テレビ岩手の江口アミ アナが、
「スパ太郎さん、野崎選手に毒舌の連続ですが、普段からそんなに仲がいいんですか?」

「いいえ。去年会ったっきりで、会うのは今日で2回目です」と、ボク。



そう。史くん。 スゴク、いいヤツなんです!

いや、黒山選手もいいヤツ! トップ選手って、みんな人柄が良いのです…



特に史くんは、みんなから好かれる(イジられる)キャラだね!


今年のイーハトーブの最終日。ボクは史くんと行動する事が多く、彼の人柄の良さにたくさん触れました!
Imgp3092

早朝に安比高原から、クラッシック&ヒームカの昼食ポイント平庭まで、2人でトライアルバイクで長距離移動!

移動途中では、2人でご当地有名スイーツも!
Imgp8983



ステージの上では、毒舌でリードを取っていたボクですが、バイクともなれば、彼の方が遥かに上。レベルが違う!

「スパ太郎さん、俺に付いてこれます?」と、移動中は、彼がリードを取って、先導してくれました。
Imgp8978

ホントに、ワインディングでは、「トライアルバイクって、こんなに飛ばせるの?」 っていう、脅威の速度でした…
 


「舗装路の移動では、もっとタイヤの空気圧が高めの方が良いですよ!」 と、空気を入れてくれ、
Imgp8998
現地に到着して、オフロード! となると、適正空気圧に空気を抜いてくれる史くん。

オレのバイクに、こんなコトしてくれてるけど、日本のトップアスリートだからね!


そうかと思えば、見学のファンから写真撮影を頼まれれば、気さくに応じてあげたり、参加者の方とも一緒に食事をする!

ボクが取材で、食事シーンを撮影していると、「スパ太郎さん、俺が撮りますよ!」と、ボクを撮ってくれる!

↓史くん、撮影
Imgp8989_2
 
写真、シャッターブレ してるけどね…



難しいセクションでの「見本走行」をリクエストされると、嫌がらずに答えてくれる。
Photo
(photo:YUJI abe)


あるセクションで、見事な走りを披露すると「マシンが違うからじゃないの?」と、ギャラリーから声が上がり、
「スパ太郎さん、バイク借りて良いですか?」と、ボクのバイクに乗り換え、汗だくになってサービスをする!
Imgp9001


エライよね!
日本のトップアスリートだよ!

ボクもすっかり、彼のファンになりました!!



そんな先日。
中野にある東京工科自動車大学校の文化祭で、トライアルのショーをやるという連絡が!

「そっかー。その日はちょっと忙しいかな…。」
『絶対ウソでしょ!!』

ウソがバレ、行って来ました!

Imgp9947
Imgp9969
Imgp9950

トライアルの名技をはじめて見る、学生、ご近所の方も多く、華麗なパフォーマンスに大盛り上がり!

こーんな階段を下りるシーンも、なんなくこなしているけど、
Imgp9967
彼の左側には、「鉄パイプの手すり」があるからね!


今週末の最終戦(菅生)も、華麗なパフォーマンスで、2位を決めて欲しいね!

皆さんも、野崎史高選手、応援して下さいね!

野崎史高 Official Web Site

http://fumi-style.com/

野崎史高 Official Blog.
http://blog.livedoor.jp/frog1963/


岩手「出光イーハトーブトライアル大会」
http://www.sukaheru.net/~ihatove/

2014年9月18日 (木)

「2014トライアンフ・ナショナル・ラリーin清里」の濃い面々…

Reimgp9275
あのー、陸さん!
バイク全体を写して欲しいです。。。


「あっそう? ハイ!今度はどう?」

あっ、うーん。今度はシャッターぶれしてませんか…?

そう、コチラの方。
Reimgp9274
週末の「2014トライアンフ・ナショナル・ラリー in 清里」に、ゲストと出演されるお一人、江本陸さんです。

トライアンフのデイトナというバイクで、レースにも参戦されています。


一方コチラ。
Reimgp9278

「2014トライアンフ・ナショナル・ラリー in 清里」で、ライディングレッスンを担当される、ケニー佐川さん。

いつもはこんなキャラじゃぁないのですが、、、、

やっぱバイクに跨ると、みんな嬉しくなっちゃうんだね!!



週末のイベント、是非遊びに来て下さいネ!
■場所:サンメドウズ清里 ハイランドパーク内駐車場
山梨県北杜市大泉西井出8240-1 TEL:0551-48-4111
■時間:11:00~16:00 
(※雨天決行 状況によっては中止になることもあります)
■主催:トライアンフジャパン株式会社

イベント詳細はコチラです

トライアンフジャパン株式会社
http://www.triumphmotorcycles.jp/

2013年3月24日 (日)

荒川静香さん、ヤマハのバイクアンバサダーに!&バイクアプリ「つながるバイクアプリ」の発表!(東京モーターサイクルショー リポート②)

モーターサイクルショーのプレスデイ。
ヤマハのブース。

なんだなんだ?
このメディアの多さは???
Imgp4747re Imgp4746re

何かとんでもない、新しいバイクでも発表されるのか?

…と思ったら、

ナント先日、路上キス報道がされたばかりの、荒川静香さんが登場!
Imgp4749re

荒川静香さんと言えば、トリノ五輪金メダリストだけど、

最近、大型二輪のバイク免許を取得したそうで、ヤマハの大型クルーザー、XVS1300CAストライカー というバイクに乗ってるんだよね!


昨日はヤマハが荒川静香さんを、「JAPAN CRUISING アンバサダー」に起用し、その任命式でした。。。
Imgp4760re


「まだ免許とりたてなので…」という荒川さん。

Imgp4761re
確かに、そんな感じはするけど、この初々しい感じが良いよね!?


 

と、荒川静香さん情報は、既にネット上に沢山上がっていますが、、、


オレがヤマハが「スゴイな!」と思ったのは、

ヤマハが開発し、昨日からサービスを開始した、ライダー&PAS(ヤマハの電動アシスト自転車)専用のバイクアプリ「つながるバイクアプリ」。
Imgp4754re

まだ、iPhoneユーザー向けのみだけど、有料のバイクナビ機能にオペレーター機能。

無料の愛車管理機能には、「給油・燃費」の管理や、愛車の「メンテナンス管理機能」、「二輪駐輪場検索機能」などなど。

モチロン、ヤマハユーザーじゃなくったって、アプリを活用できる。


何がスゴイかって、ヤマハの情報も配信される…ってコト。


…ってコトはだよ!
ヤマハユーザーにもヤマハ情報が配信され、常にヤマハが身近な存在になる! ってコト。

コレはスゴイと思うなぁ…



まぁ、オレはアンドロイドユーザーなので、今の所は使えませんが…coldsweats01sweat01



ヤマハ「つながるバイクアプリ」HP
http://www.yamaha-motor.co.jp/tsunagaru/app/

2012年6月18日 (月)

泥んこ&転びまくっても、超・楽しい! 「トライアルごっこ」に参加したヨ!

バイクの“トライアル”っていう"楽しみ方"があるの知ってます?

簡単に言うと、、、
「足場が悪い場所や、邪魔な障害物がセクションを、足を着いたりせずにクリアしていく…」というモノ。

セクション内での速度は…せいぜい、5km/h~10km/h ぐらいかな?

コレがまた、難しくって、メチャ面白い!!


オレはあの伝統ある、「岩手 イーハトーブトライアル大会」の親善大使にも任命されているんですよ!
(オレでも走れる、初心者向けクラスもあるのです)




週末にJMM(ジャーナリスト達の内輪イベント)の「トライアルごっこ」が有り、参加しました!

オレも毎年楽しみにしているこのイベント。

今年は、雨模様。。。
Imgp8538


トライアルごっこ」なので、こーんなバイク達が、各セクション毎に準備されているのです。。。 
Imgp8539Imgp8540


あっ、道路を走るワケじゃないので、免許がなくても、初めて参加の方でも楽しめちゃいます。


今回のチームメンバーを紹介。

バイクには年1回、このイベントでしか乗らない…という中台さん。
Imgp8640
メチャクチャ、上手いです☆
(JMM歴15年って言ってたかな? 16歳の息子さんも参加です)

R1乗りの長谷さん。
Imgp8559tr_2


初参加、フォルツァに乗ってる馬場さん。
Imgp8567
オフロード、初めてとは思えない走り!


JMM常連だけど、トライアルは1年1回。
Imgp8548_2
GWのデザイナー大塚さん。
ヘルメットは、フジガス(藤波貴久選手:日本人唯一のトライアル世界選手権チャンピオン)本人から貰った、本物ヘルメット。




トライアルで大事なのは、走る前に、セクションの下見。
Imgp8550
トライアル経験者のチームリーダーから、走り方のコツをアドバイスを貰う。

どのラインが走り易いのかを見極め、

更には、

タイヤが何処の位置を通るのか!? を見極める。
(障害物を避けるのか?、障害物の上をはしるのか?)

Imgp8551
オレ達のチームリーダーは、ベテランライダーの田中英生さん。



「皆さん、前輪のラインを考えがちですけど、後輪のラインを考えた方が良いです」

『へぇ~。そうなんだ!!』

前輪はね、慣れて来ればフロントUPとかで、ラインを変えたり出来るけど、後輪はラインを変える事が難しいので、障害物の影響を受けやすいんだって!



毎回、田中さんが走りの見本を見せてくれます。
Imgp8612
Imgp8613tr

そりゃぁ、上手い人がやると、簡単そうだけどさ。


オレがやると、、、
↓ヘナチョコ走り!
Imgp8574tr
ヒョエー。
自分で見てもヘンな走りだ…!!

「ラインを考えて!」 「マシンの滑りを予測して!」 って言われたって、その通りに走れないんだよネ!!

特にこの日は、雨でドロドロ。
難しいから、その面白さにハマってしまうのがトライアル。



ん~。コレも前輪の位置が山側に…
Imgp8586
ホントは、溝のラインを狙ったんだよ。。。

オレのカメラで撮った、皆様の、決定的瞬間を集めてみましたhappy01paper
(みんな、ゴメンねcoldsweats01sweat02)


↓大塚さん、どうなっちゃってんの???
Imgp8645

クリーンしたのに、戻って来る時にフロントがツルリッ!
Imgp8641_2
Imgp8642



おぅ! もうちょっとで登り切ったのに…
Imgp8608
惜しい!!



えっ? ココでコケルの2連発!!
Imgp8549_3
Imgp8554
↑セクションinして直ぐだよ!!


うわっ! 危なっかしい走り…と思ったら、、、、
Imgp8592

やっぱりコケた!!
Imgp8593
Imgp8597
長谷さん。
呆然としてるけど、大丈夫?


上手な下り方はこうです。
Imgp8596


難しいウエット。しかも斜め登りに挑む、長谷さん。
Imgp8579
もうちょっと… というトコでエンジンが止まったぁ~!!

あっ!
Imgp8581
バイクを下す時に、コケた!!



そして、僕らを支えてくれた、田中さんも…
Imgp8546_3

「油断すると、こうなります! ハイ。」と田中さん。

弘法も筆の誤り…だねpencilcoldsweats01sweat01



プロテクター着けてるし、
速度も遅いし、
土の上だし、
転んでも大ケガは、まず無いです。。。


転んでも、
泥んこになっても、
メッチャ楽しい トライアル!
Imgp8544
ホラ、みーんなこの笑顔!!
Imgp8553_001

皆さん、一日お世話になりました!!



最後に、田中リーダーの指導のお蔭で、
少しは上手そうに見える様になった(?) 

オレの走りを…


えっ? 全然上手そうに見えないって?

『1日で、そんな簡単に上手くなるかっ!!』(笑)

Imgp8587
Imgp8588
Imgp8589
Imgp8600
Imgp8633
Imgp8636

(皆様からの、ダメ出しコメントも、お待ちしております…wrenchcoldsweats01

何度も言いますが、
トライアルは、メチャ楽しいです!!


今年も、イーハトーブトライアルを目指すゾ~~~!!

PS,
去年までは、モトクロスブーツや、エンデユーロブーツを履いてたオレだけど、、、
やっぱ、トライアル専用ブーツは全然違うね!
Imgp8621
Imgp8623_2
軽いし、歩い易いし、滑らない!!
(登山靴よりも柔らかくって滑らないよ)

ナルホド! 良いね! と 雨の中、ドロドロの中で実感!!


オレのはガエルネ、[BALANCE TRE]

ガエルネHP
http://www.japex.net/gaerne/balance-tre.html

価格はアマゾンでチェック!



Photo by:PENTAX Optio WG-1 GPS
防水・防塵のオレのカメラで、チームの皆さんが撮影してくれました
(ありがとうございます)

2012年6月15日 (金)

バイクを愛した、スティーブ・マックイーンの スペシャルジャケット!!

「スパ太郎さん、ちょっと弊社まで来てもらえます!?」

トライアンフジャパンから、呼び出された!


ここ最近、トライアンフからは、立て続けにバイクをお借りしたり、イベントのMCを務めたりと、何かとお世話になっている。

急な呼び出しに、『えっ!? オレ、何かやらかしたか!?』とドキドキしながら、向かった!

心臓バクバク到着するなり、、、

「えーと、実はですね。。。」  

『ハ、ハイ……』(ドキドキ!)


「ハイ、これ差し上げます!」

Imgp8474tr1

えっーー!?
マジ??? ド、ドッキリ? サプライズ??


しかもコレ、
スティーブ・マックィーンのスペシャルライディングジャケットじゃん!!
Imgp8475
オレの後ろのパネル。
それこそが、バイクに跨る「スティーブ・マックィーン」だよ!!

↓パネル拡大
Imgp8479



『えーーっ! ホントに良いんですか?』と遠慮するそぶりをしつつも、勝手に羽織るオレ。

ウワォ! メチャクチャ良いねぇ~~!!
Imgp8476trre
袖を通した瞬間から、『コレ、オレにピッタリじゃん!』と、既に超・お気に入り!


ま、まさか、「冗談です。返してください!」って、コレ自体がドッキリじゃないよね???


元々、トライアンフのアパレルラインが、好きなオレ。
お洒落なモノが多いんだよ。

しかもコレは、"スティーブ・マックィーン、スペシャルモデル"だよ!!



Steve McQueenと言えば、
映画「大脱走」でも、トライアンフのバイク(Triumph TR6)に跨るシーンが有名だけど、プライベートでも、そのバイク好きさ加減は、ライダーの間では、超・有名な話し。
彼が亡くなった時、ガレージには100台以上のバイクがあったそうだよ!

トライアンフも複数台所有し、お気に入りの1963年製のトライアンフ・ボンネビルで、荒野を走り回った…という話も。

マックイーンは、多くのレースシーンでも大活躍! 
ライディングスキルが高く評価されていて、ナント、インターナショナル・シックス・デイ・トライアル(ISDT。現在はISDEと名称変更(E=耐久(エンデューロ)の意味)という、6日間を走る、テクニカルで過酷なオフロードレースに、アメリカ代表として参戦した事も!![1964年東ドイツ]



このジャケットの背中には、マックイーン伝説の1つとなった、その「ISDT」が刻まれている…
Imgp8530


更に、ジャケットのライナーには、伝説の経緯が書かれている…
Imgp8523


Imgp8531
コレは、そのレースで使用した、マシントライアンフトロフィー(当時のオフロードモデル)かな?  説明文には【TRIUMPH 650】と、ある。 コレもTR6だよね?

いや~。ホント嬉しいです☆
(ありがとうございます)

ISDTの他にも、ミント400、バハ1000、レイク・エルシノア・グランプリ などなど、オフロードレースが好きだった、マックイーン。

レベルこそ違えど、オフロード大好きなオレには、伝説のISDTに、トライアンフトロフィーが刻まれ、とても有り難い一品です。



今の時期、Tシャツの上に羽織ってバイクに乗るのにちょうど良いので、早速着ちゃってます!

トライアンフバイクのインプレ記事。先日のトライアンフイベント「14th National R.A.T.“HEART” Rally in Japan」の模様も、早くブログで報告しなくては…ねwink



Imgp8479_001
映画「大脱走」。
スティーブ・マックイーンのバイク名シーン。
↓(バイクはTriumph TR6)↓
http://youtu.be/coWCkAOkQ0U

是非見てね!



PS,
世界限定1000台
Steve McQueen SE(ボンネビル)
Mq
スティーブ・マックイーン モデルが限定販売されてます
[国内限定65台] [¥1,417,500‐]

気になる方はTriumph HPへ
Triumph introduce Steve McQueen Edition motorcycle
 

トライアンフのアパレル
トライアンフクロージング

2012年6月 8日 (金)

感激! 平忠彦さんから、ライディング指導を受けたヨ!

Imgp0049_001

うわぁ~ぉ! 感激~~!!
あの平忠彦さんとの、タンデムだよ!!


コレね。

ヤマハラインナップのバイクが、一気に全部乗れてしまう、マスコミ&ジャーナリスト向けのイベント「ヤマハの一気乗り」での1コマ。


Imgp0038
(ジャーナリスト達が沢山!  オレも、色んなバイクに乗りました!)



平忠彦さんと言えば、、、
’80年代~90年代に、世界グランプリで大活躍し、スーパースター的な存在だったレーシングライダー。
資生堂のTECH21のCMにも出ていたり、 映画『汚れた英雄』では、草刈正雄さん演じる主人公・北野晶夫がね、当時の"平カラー"で、マシン、ウエアをコーディネートしたり、平さんご自身もレースシーンのスタントを担当したり…が、伝説となりました。


そんな平さんから、直々にライディング指導を頂ける有り難いチャンス!


この日、オレ付きのカメラマンをお願いしていた、UEM(うえむー)も「私も指導を受けたいです!」とのコト。 そうりゃぁ、そうだよね!  平さんの指導だモンねぇ~。


UEMはセローに乗っていてるものの、まだバイクに慣れていない感が…。 せっかく なので、2人に指導を頂けないか、お願いしてみるコトに。。。。


「はい、いいですよ!」と、平さん。
Imgp0042


先にUEMの乗り方を診断して頂く。

UEMの悩みは「右コーナーでコケる事が多い」というモノ。
(どんな走り方してんだ??)
Imgp8240
「まずは、一緒に走ってみましょう~!」と、平さん。


UEM苦手の右コーナー。
Imgp8252
UEMは、トリッカー。平さんは、スーパーテネレ。
オレはWR250で、2人を追い駆ける。

1周5キロのコースを走り終えると、、、、
「はい。わかりました!」と、直ぐに乗り方のアドバイスを頂く。


「私の場合は、7つの箇所を意識するように指導しています」と平さん。
Imgp8259

頭、眼、肩、肘、手首、腰、足首 の7ヵ所。



「特にあなたの場合、肩が逃げちゃってますねぇ」
Imgp8283
「ハンドルを切った時でも、いつでも、両肩はハンドルと並行になる様に意識した方が良いです」

オートバイはバイク自身が曲がれるように作ってあるんです。(セルフステアってヤツだね) それを人間が邪魔している。だから転ぶのだそうだ。


「ハンドルを握る手首も、下がっちゃってますね」
Imgp8267
「ほら、下がってますね」

Imgp8263
「手首と、腕が一直線になる様に、私は指導しています」

手首が下がっていては、セルフステアを邪魔するだけじゃなく、急ブレーキを掛けた時にも、カラダを支えられなかったりなどの支障が出てしまうそうだ。
(↑スパ太郎・要約)


「当然、スロットルを開けた時には、手首が下がってしまうので、私の場合は、そうならない様に掌の中で調整しています」
Imgp8265

平さんは、「こうしなさい!」 とかの口調ではなく、
ポイントを指摘し、「私の場合はこうしています」「こうした方が良いです」という言い方で、とっても、優しくわかりやすい。


「実際に私が、走りながらどんな操作をしているのか、見て貰いましょう~」と、今度はタンデムで!
Imgp8271
「はい、後ろに乗る場合も、足首を意識して!」

足首を意識すれば、自然にバイクやライダーを脚全体でホールドするよね。

ナルホドねぇ…。


『あっ!』
ふむふむ!と、オレが頷いている間に、ビューっと行ってしまった!

慌てて追い駆けるオレ!

追いつくと、、、
平さん、コーナリング中に手放し運転で、何かをUEMに説明している。
Imgp8277_001

そうかと思えば、ヒュィーン!と加速しては、グインっ!と、バンクさせてコーナーを走り去ってしまう…。
Imgp8278

何してるんだろう? と思うも、後ろから見ていても、とってもスムーズなラインディング。
(美しい走りとは、こういうモノか…!)


そう言えば、誰だったかな?
「平さんの後ろに乗って、SUGOサーキットを走ったけど、もの凄いスムーズなライディングで素晴らしかったヨ!」という、ジャーナリストがいたなぁ…。


タンデム指導を終えると、、、
Imgp8281

「さっきも言った様に、オートバイってのは、勝手に曲がってくれるように設計してあるんです。人がそれを妨げてしまうから、転倒するんですよ!」

さっきの手放し運転は、勝手に曲がってくれる…という説明を実践する1つだった様だ。


セルフステア、意識する7ヵ所。何度も平さんから出てくる言葉。

「わぁ~、スゴイ勉強になりましたぁ~!」と感激の様子のUEM。



そしていよいよ、今度はオレが見て貰う番だ!!

『悪い癖が無いか、みて下さい』とお願いし、平さんと1周。


WR250は、オレがいつも乗ってるのと同じ、オフロードバイク。 乗りなれたジャンルのバイク。
舗装路だけど、こんな機会は無いと、攻めてぎみに走ってみた!



1周すると、、、、
Imgp0052_001
「ん~。実に素晴らしい走りです。驚きました!」と、平さん。

『えっ!?』

「ちゃんと基本がわかっていますね。 大丈夫ですよ!」


いや~。
平さんから褒められるなんて、もう、涙モンですweepsweat01sweat01sweat01

(今まで、色々な方にもご指導を頂いた賜物です)



平さんの後ろにも乗りたい事を伝えると、「良いですよ!」と快諾。


実はオレ。
人の後ろに乗るのは、コレで3回目か、4回目。

人の後ろって、怖くて乗れないんだよね!

それでも平さんの走りを体感したく、お願いした次第です。
Imgp0046

えーと、こう乗るんで良いんですかねぇ?

Imgp0047
ちゃんとバイクと平さんをホールドして、、、

Imgp0049_002
出ぱーーつ!!


UEMの時と同じ様に、コーナーへ入る時のライン、手放しでも曲がるセルフステア、手首が曲がらないスロットルワークを見せてくれた。

正し、UEMの時と違うのは、スピード!

メーターをチラ見すると、、、、

おわっ!!
127km/hも出ている!!



こーんなに狭くてクネクネしたコースで!???


特にスゴイ! と感じるのが、ブレーキング。

100キロオーバーからの急激なスピードダウン&コーナリングなのに、オレのカラダが大きくブレる事は無い!

そしてコーナーの手前辺りから、キュイーーーン! とスムーズに加速して行く!


スゴイ!!  なんなんだ? コレは??? 



以前、番組のインタビューで、平さんの現役引退秘話を聞いた事があるオレ。

「(タイヤが)走るラインは、刀の上を走る様なモノなんです。 大事なレースで、狙ったラインから(タイヤが)1cmズレたんです。その時に引退を決意したんです」



平らさんの後ろで、そんな事を思い出していたオレ。

芸術的なテクニックに感激しているうちに、あっ!という間に1周してしまった。。。。

Imgp0045_2

「どうでしたか?」

『いや~、なんて表現したら良いか…。凄かったです!』

「素晴らしい走りをしているんですから、大丈夫ですよ! 自信持って下さい」

Imgp0051

『はい。ありがとうございます!!』

平さんに太鼓判を押されたのだから、自信持って走れます!!



この後、UEMも色々なバイクに乗っていましたが、、、、
Imgp8284
自分でも走り方が変わったコトを実感したそうな。


良かったねぇ~。

お互いに、貴重な経験が出来たねぇ~。


特にUEMにアドバイスしていた内容は、オレも改めて「基本」を肝に銘じる事が出来ました。



平さん、本当にありがとうございます。

こんな素晴らしいチャンスを下さった、ヤマハの方にも感謝ですhappy01scissors


PS,
平さんのライディング指導を切欠に、「バイクな方」カテゴリを復活させます。
色々な「バイクな方」を紹介したいナ! と思いました。


Photo by:PENTAX Optio WG-1 GPS


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31