フォト

twitter

  • https://twitter.com/spatarokondo

【新連載】 BBBコラム『実録・近藤スパ太郎の盗難バイク奪還記!!』

[寝てる間に視力UP!]スパ太郎の“オサート”体験記 

無料ブログはココログ

スパ太郎ナレーション DVD「レプタイル」

Spataro Twitter

  • @spatarokondo

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月の1件の記事

2020年6月 2日 (火)

ヤングマシン7月号。連載中の『近藤スパ太郎の「電動バイクに乗っタロウ!」』で、ZERO MOTORCYCLES SR/F に乗りました

Zero-srf_re1300
ZERO MOTORCYCLES SR/F   (photo:輪)


ヤングマシンで連載中の『近藤スパ太郎の「電動バイクに乗っタロウ!」』では、電動バイクをスパ太郎目線でリポートしています。


5月23日発売「ヤングマシン2020年7月号」では、この春から日本でも発売となった、アメリカのZERO MOTORCYCLES社の 『SR/F』に乗りました!


ZERO MOTORCYCLES社の電動バイクは、電動特有の静かな走行と、ハイパワーなスペックを持ち、ボクはこれまで「SR」や「FXS」という車両で、何度か試乗やプチツーリングをしています。
その記事コチラ
ridinghigh.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-66f3d1.html



この『SR/F』は、「SR」よりもスポーツ性能が高く、現行のZERO MOTORCYCLESの中では、最上位モデル!


撮影当日は、日本にSR/Fが到着したばかりで、まだナンバー取得もされていなかった為、千葉の「袖ヶ浦フォレストレースウェイ
」で、試乗と撮影を行いました。


トルクは1000ccのスポーツバイク以上!
走行感としては600クラスのスパースポーツといった感じですが、エンジンのバイクとは全く違う。

電動バイクが持つ 強烈なトルクを活かした設計になっていて、加速感がハンパない。
ブレーキ性能や旋回性能、走行安定性も、ハイパワーなマシンにあわせてちゃんと設計されている。

アメリカのバイク…って、良い意味でも悪い意味でも「大ざっぱ」な感じがしますが、『SR/F』は、とても繊細なバイクです。


価格も300万オーバー! と、ハイコストですが、、、、、


あー駄目だ。
あんまり書いてしまうと、ネタバレになってしまう😵💦


ん~~~、、、
今は寄稿したヤングマシンが発売中ですので、そちらをご覧くださいね!
Ym2007_p098099_ymwzerosrf_re800

Ym2007_re500


■楽天


 

■amazon

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31