フォト

twitter

【新連載】 BBBコラム『実録・近藤スパ太郎の盗難バイク奪還記!!』

[寝てる間に視力UP!]スパ太郎の“オサート”体験記 

無料ブログはココログ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月の3件の記事

2019年2月22日 (金)

埼玉出身のボクが観てもメチャクチャ面白い! 映画『翔んで埼玉』今日公開です !!

いやー笑った。

皆様。
“埼玉ディス映画”…と話題の「翔んで埼玉」が、今日、公開になりました。

ボクは先週、一足先に、メデァ試写で見て来ました!
Dsc_7965



この方達は、映画冒頭に登場するダンサーの方々。
Dsc_7957

試写が終わって、東映本社を出た所で、バッタリお会いしました。


そう!
ボクは埼玉出身ですが、こんなにディスられても、全然怒る気にはならない。

むしろこの映画、面白い!
ですので、映画の紹介をさせて頂きます!

先ずは、映画の予告動画をご覧下さい!

▲音にご注意ください



埼玉をディスっている?

いやいや。ディスっているどころじゃ無い。迫害に近いですよ!(笑)

でも、埼玉県民も笑えてしまえる作品。

(ちなみに群馬もディスられています)



コレは、メディア試写で配布された、メディア資料用の「プレス」と言われるパンフレットなのですが、、、、

プレスの表紙。
Dsc_8063
ちょっとだけ、高級感? 埼玉へのリスペクトかなぁ…?



そして表紙をめくると…… 

Dsc_8065

1ページ目に、
主役の2人から「埼玉の皆様」と、お詫びと謝罪がある…

って、面白くない?


映画自体も、埼玉をディスるギャグ満載!

メディア試写って、映画の評論家や、ライター、関係者が観に来ていて、皆が真剣に見ているのですが、試写室は、笑いに包まれていました。


ボクが子供の頃にね、
「埼玉は ださいたま!」
「海ナシ県人!」とか、
「東京に行くには通行手形がいる!」
「埼玉に行くには予防接種が必要!」と、他県の子供達からホントにディスられていて、

小学生の言い合いが、エンターテイメントになってしまった感じです。


小学生のディスリが、こんなに大スぺクタルになるのか…と、むしろ圧巻!

映画というエンターテイメント作品としても、ストーリーも、演出も、美術も、クオリティが高い…とボクは感じました。

ギャグ映画でもあるので 、「なんで?」と笑っちゃうシーンも多いのですが、

埼玉出身のボクは、ストーリーや演技にも引き込まれてしまい、涙する場面も多々ありました。


GACKTさんも、元祖ビジュアル系の京本政樹さんも、伊勢谷友介くんなど、出演するキャストも、ボク的にはピッタリ ハマっていたのも、映画に引き込まれてしまう理由でしたね。

この作品は、漫画本が原作。
Saitama_s_2
二階堂ふみ さん演じる"壇ノ浦 百美" は、原作を再現したキャラクター。
女子ではなく、男子なんです。


そして、この作品を見て、ディスリも含めた「埼玉あるある」って、こんなにあったのか! と改めて気づかされました。

そう。
埼玉あるあるの1つに、「埼玉」VS「千葉」と言うのが有るのです。

「関東で一番エライ東京、2番目にエライ神奈川(横浜があるので)に続いて、3番目は埼玉なのか、千葉なのか…」という争い。


映画の中で、
生れも育ちも埼玉というお父さん(ブラザートムさん)と、千葉から嫁に来たお母さん(麻生久美子さん)、埼玉生まれ埼玉育ちの娘(島崎遥香さん)の家族の会話も「埼玉あるある」で、面白い!!

この家族が乗る、クルマのナンバープレートにも注目して下さいね!


映画の告知番組で、
原作者の魔夜峰央(まやみねお)さんが、「場所の設定が、埼玉でなくては実現出来なかった…」と、インタビューに答えていたのを見たのですが、

確かに。

他の県だったら、きっとクレームが来ますね。。。


こんだけディスられていても、全然楽しめちゃうのは、やっぱり、郷土愛ランキング最下位の埼玉県人 だからなのかなぁ……

皆さん、是非 映画ご覧くださいね。

公式グッズにも注目です
↓ ↓
http://eshop.fujitv.co.jp/product/category/B008166-1.html?waad=szKmKDCA

『翔んで埼玉』公式ページ http://www.tondesaitama.com/
■キャスト・スタッフ
【原作】『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)
【監督】武内英樹 【脚本】徳永友一 【音楽】Face 2 fAKE
【出演】二階堂ふみ GACKT
伊勢谷友介 ブラザートム 麻生久美子 島崎遥香 成田凌 間宮祥太朗 加藤諒 益若つばさ 中尾彬 武田久美子 麿赤兒 竹中直人 京本政樹 他
【主題歌】「埼玉県のうた」 はなわ

 
【原作本】
『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』
■Amazon


■楽天


2019年2月 6日 (水)

やっぱり今年も鬼の役!

Img_20190204_200845


今年の節分も鬼の役でした。

なぜか毎年、「鬼はパパ」という暗黙の流れがあり、『今年はじゃんけんで決めよう』というボクの提案は却下され、多数決に!


ウチは3人家族なので、2:1で、今年もボクが“鬼”の役でした!

ウチの家族。
いや、妻と娘。


今年もここぞとばかりに、豆を激しく投げつけられました…


妻と娘は、合戦と豆まきは、笑いながら異様なテンションになって投げるので、いつもボクは、かなりドン引きです!

2019年2月 1日 (金)

【雑誌】「660magazine」vol.009 発売中です!

実は、去年12月の22日(土)に、既に発売されている件なのですが、、、、



ボクがキャスティング業務を行い、バイク乗りコスプレイヤーの"美環ちゃん"に、出演頂きました。

↓"美環ちゃん"
Re1




出演雑誌は、コチラ!
Re660mag09_p001_h1_3
芸文社「660magazine」 2019年 2月号 vol.009




モデルでライターの木村亜美さんの連載、「あみーごのクルマバイク旅」内で、チバまで女子プチツー。



展開は全部で6ページなのですが、チラリと紹介すると、こーんな感じです。

Re2


あれ?
美環ちゃんも、クルマを運転している???


その車両は 、、、
クルマが、ホンダの軽のオープンカー S660。
ミッドシップエンジンです。

バイクは、ホンダのレブル250。
CBR250や、CRF250L などと同じエンジンを積む、水冷短気筒の個性的なルックスのバイク!

モチロン、本誌の方には、詳しいマシンスペックが載ってマスよ!



なにより、亜美さんの記事が、とってもほんわかしていて、しかもオモシロい!

撮影中、"美環ちゃん"のコト、そーんな風に思っていたのか…。

"美環ちゃん"への観察視点がスルどいな!




カメラマンは山岡さん!
編集長(茶色のウエアの方)も、取材に同行されました!

Re3

ねっ!
この写真からも、現場の楽しそうな雰囲気が伝わるでしょ??



「660magazine」是非ご覧くださいね!


■amazon

■楽天


« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30