フォト

twitter

【新連載】 BBBコラム『実録・近藤スパ太郎の盗難バイク奪還記!!』

[寝てる間に視力UP!]スパ太郎の“オサート”体験記 

無料ブログはココログ

« インフルエンザの予防接種で、医師の問診が無いの…って、普通なの? | トップページ | 11月25日(土)『紗喜花レディースミーティング』開催します! »

2017年11月 9日 (木)

東京藝術大学の展示会で知った、"バイクデザイナー" 一條厚さんの驚きの真実!!

先日、このブログでもお知らせさせて頂きましたが、

一條さんからお誘い頂いた、東京藝術大学卒業生70名による展示会『縒-染織開設50周年記念展』(11月12日まで開催中)に行って来ました!

この前の記事はコチラ
http://ridinghigh.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/2011-4aa5.html

Rimg1688

一條さんは、「遠旅組」というツーリングクラブでご一緒するツーリング仲間で、イーハトーブトライアルでもご一緒したり、もうかれこれ長いお付き合いをさせて頂いております。

一條さんのお仕事は、インダストリアルデザイナー(工業デザイナー)。

主にヤマハの バイクのデザインなどを手掛けていらっしゃる方です。

GKダイナミクスという工業デザインを専門とする会社の代表取締役社長を経て、今は相談役。

一條さんの代表作には、ヤマハの新旧のV-MAX、SRX、2007年東京モーターショーのコンセプトモデルXS-V1 Sakura、2015年の東京モーターショー、トヨタのコンセプトモデルKIKAI(キカイ)などもあります。

勿論、他にもこれまでGKダイナミクスとして携わったバイクも、沢山あります。


今回の『縒-染織開設50周年記念展』では、一條さんの作品展示として、
2011年の東京モーターショーで、ヤマハのワールドプレミアとして披露されたコンセプトモデルのバイク、
『Y125もえぎ(MOEGI)』を展示するとのコトで、"もえぎ"を知らない紗喜花ちゃんと、行ってきましたーー!


大きな暖簾に書かれた「縒」(より) という文字。
Dsc_0678


なんでも今回の展示会は、"染織"がテーマになっているらしく、


「なのに何でバイクが展示されるんだろう…」と、少し思いながらも、

久しぶりに見る "もえぎ"を楽しみに伺いました。


暖簾をくぐると、一番手前に展示してある、 存在感のある"もえぎ"。

「写真で見た以上に、お洒落なバイクですねぇ~」と紗喜花ちゃんがバイクに駆け寄る。

Rimg2765



人も沢山来ていて、人がいないタイミングで写真を撮るのがタイヘン!!


Rimg2763


Rimg2761


Rimg2802


Rimg2750



2011年のモーターショーでは、こんな近くで見るコトができず、よーく見るとタンクには、ひらがなで「もえぎ」と入っていました。
Rimg2748




一條さんから
「当時はさ、ECOとか環境問題が大きく言われた時代背景もあって、自転車とオートバイの間くらいのさ、優しい感じのバイクが作りたかったんだよね!」と、直々に説明を頂く。

Rimg2747




軽量でスリムな車体と、世界のスタンダードである125ccエンジンの組み合わせで、低燃費でやさしい乗り心地を追求したそうだ。

エンジンは、ヤマハがインドで展開する125ccの空冷単気筒の実物を少し加工して積んでいるそうだ。
Rimg2758



日常生活で使用するだけでなく、軽快に走りそうだし、どこかへ遠出をしたくなるようなアクティブさも感じられるよね。


特徴的なフロント21インチ・リヤ20インチのタイヤは、市販されていなく、樹脂で作っているそうだ。

Rimg2780




いやぁ~、6年ぶりに改めて見ても、美しいバイクだ!

「一番拘ったのはねぇ、ななめ後ろから見た時のデザイン」と、一條さん。


やっぱりそうなんですね!!
下ななめからのアングルも良いのですが、

ボクは、この角度から見る、シートの感じと、その先に見えるタンクとハンドルの感じが好きだ!
Rimg2754

「あのー、ちょっと紗喜花ちゃん、どいてくれる?」

「いや、スゴイ綺麗だなぁと思って、ついみとれちゃいますね」


一條さんの学生時代の後輩で、東京藝術大学 美術学部の教授、上原利丸先生に、他の展示物を案内して頂く。
Rimg2733


Rimg2736





2階には着物があったり、上原先生も手掛けた文楽上演で使用した作品もあった。

Rimg2805



実はコレ、
レディ・ガガの靴も担当する、デザイナーの舘鼻則孝 (たてはなのりたか)氏が、

フランスのカルティエ現代美術財団にて文楽公演を初監督した
人形浄瑠璃文楽の公演『TATEHANA BUNRAKU : The Love Suicides on the Bridge』で使用した衣装や大道具、小道具。


上原先生は、衣装制作の提供をしたそうだ。
Rimg2726




他にも、楽しい作品も!

Rimg2739



一通り見て、1階の一條さんの所へ戻ってくると、

「上原先生の名刺には、"染織研究室"ってありましたけど、一條さんも"染織研究室"にいらしたんですか?」

「そう、なんかねぇ、在籍していたんだよねぇ」

「でも工業デザインも、この大学で勉強されたんですよね?」

「いやぁオレはね、デザインは学校で勉強してないんだよ! 一応大学院は出てるんだけどね、遊んでばっかりのダメ学生で、度々教授に呼び出されてさ、『君はやる気があるのかね!?』って、怒られてばっかりだったよ(笑)」と、一條さん。

「えぇーーっ? ホントですか?」と、ボクはビックリ。

だって、ヤマハのバイクの名作を沢山作っているデザイナーさんで、しかもGKダイナミクスの代表取締まで務めて、GKの顔だった方が、デザインの勉強をしていなかった…なんて。




「大変失礼ですけど、よくデザイン会社に入社できましたね(笑)」

「ほんとだよなぁ。そのかわりさ、会社入ってからは そうとう勉強したよ(笑)」


ホントにスゴイ方って、こういうものなのかも知れませんね。


ボクは仕事をしている一條さんを見た事は有りませんが、プライベートで会う一條さんは、いつもニコニコしていて、ひょうひょうとしている感じ。


ついでに言ってしまうと、夜はいつも酔っぱらっている印象。
(泊りのツーリングや、飲み会で会うから…だと思いますが(笑))

Rimg2797




帰る道すがら、

「今日の展示会、オレは面白かったなぁ。」

「私も良く分からない世界だったので、だから色々と分かって、新鮮で面白かったです」と、紗喜花ちゃん。

でも2人の共通意見は、
「もえぎ に乗ったら、楽しそうだね~!」
「こんなバイクが発売されるといいのにねぇ~」 …でした!



『縒-染織開設50周年記念展』は、今週末の12日(日)まで開催されています。

■『縒-染織開設50周年記念展』

開催日:2017年11月3日(金)~11月12日(日)
開催場所:東京藝術大学陳列館(東京都台東区上野公園12-8)
開催時間:10時 ~17時(入館は閉館の30分前まで)
※会期中の金曜日・土曜日は20時まで開館(入館は19時30分まで)
入場無料
●HP:http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2017/yori/yori_ja.htm

Photo


Photo_3

※写真クリックで少し拡大します
※チラシのオートバイ、V-MAXは展示されていません。"もえぎ"が展示されています。

« インフルエンザの予防接種で、医師の問診が無いの…って、普通なの? | トップページ | 11月25日(土)『紗喜花レディースミーティング』開催します! »

バイク」カテゴリの記事

ライダー紹介します」カテゴリの記事

紗喜花 @SAKiKASSS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530688/66023419

この記事へのトラックバック一覧です: 東京藝術大学の展示会で知った、"バイクデザイナー" 一條厚さんの驚きの真実!!:

« インフルエンザの予防接種で、医師の問診が無いの…って、普通なの? | トップページ | 11月25日(土)『紗喜花レディースミーティング』開催します! »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31