フォト

twitter

【新連載】 BBBコラム『実録・近藤スパ太郎の盗難バイク奪還記!!』

[寝てる間に視力UP!]スパ太郎の“オサート”体験記 

無料ブログはココログ

« ハイ。どーもスミマセン(^^;) | トップページ | 江戸川の花火大会へ‼ »

2015年8月 1日 (土)

娘の一生の宝物になりそうな、ねずさんの「百人一首」解説本

「パパ。百人一首の本が宅急便で届いた!」と、嬉しそうな娘。

そう。
先日、久しぶりに再会した石井隊長。
(「あっ!とおどろく放送局」の番組でも、いつも出演頂いていた、あの石井隊長です)

先週も、浅草の料亭で開催された、石井隊長主催のお座敷宴会にもお招きいただきました!
Reimgp2122


「スパちゃんの御嬢さんは幾つになったの?」
『今、小学6年生です」

娘が百人一首が得意だ! という話になると、
「それは良いコトですね! 一生の宝物になる本をプレゼントしますよ!」と、石井隊長から
娘に、本の贈りものを戴いたのだ!!


「ねっ、パパ。スゴイ本でしょ!」
Imgp2289

『スゴイ立派な本だね!』
「うん。もっとスゴイのがね、本と一緒にね、”筆で書いた 詩みたいなお手紙”も入ってたの!」と、娘。

『ホントだ。スゴイね!』

石井隊長からの一言メッセージは、達筆な筆文字で和紙に書かれ、娘にはとっては"詩"の様に思えたようだ。


この本は、通称:ねずさん「小名木善行」さんという、国史研究家の方が書かれた百人一首の解説本。

ねずさんブログの「ねずさんのひとりごと」で、小倉百人一首の解説を連載したのがとても評判で、本になったのだそうです。

Imgp2293
分厚いし(590ページもある)、
小6の娘には、ちょっと難しい漢字もあるなぁ。

でも、
石井隊長の「詩のような手紙」は、娘の十八番の「風そよぐ…」に挟まれていました。
Imgp2291

「詩の鑑賞と真意」という解説のトコロが、他にはない、日本人の心で読み解く解説になっているんだね!

和歌の神髄は、本当に伝えたい事をあえて隠して、相手に察して貰う…という所にあるそうだ。

(なるほど。)

「百人一首を読み解くと、相手の心を察したり、「おもいやり」や「おもてなしの心」といった、日本人としての美徳を育む事ができますよ!」という石井隊長。

娘がこの本を熟読できる頃には、どんな風に育っているかなぁ…と、親としても楽しみな本を戴きました。

石井隊長、ありがとうございますhappy01shine



« ハイ。どーもスミマセン(^^;) | トップページ | 江戸川の花火大会へ‼ »

KONDO family」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530688/61996840

この記事へのトラックバック一覧です: 娘の一生の宝物になりそうな、ねずさんの「百人一首」解説本:

« ハイ。どーもスミマセン(^^;) | トップページ | 江戸川の花火大会へ‼ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31