フォト

twitter

【新連載】 BBBコラム『実録・近藤スパ太郎の盗難バイク奪還記!!』

[寝てる間に視力UP!]スパ太郎の“オサート”体験記 

無料ブログはココログ

« あぁ!! 日帰り出張で、食いそびれたもの達… | トップページ | 大桃美代子さんから紹介されたけど、「ルテイン」ってナンだ!? »

2015年4月 7日 (火)

若年性白内障、その後の経過報告。

「若年性白内障ですね」 と診察され、
3月3日に、東京歯科大学病院の眼科で受診した…その後の報告です。


「白内障の手術をした方がいいですね!」と、ビッセン先生の診察でも、やはりこれまでの先生方と同じ回答でした。


「単焦点レンズ?」
「それとも多焦点レンズ?」については、

レンズの概要は先生からも説明がありましたが、それぞれのレンズに特徴、メリット、デメリットが有る為、じっくりと説明を聞いた方が良い! とのコト。

別日に同眼科の"視能訓練士"さんが行ってくれるそうです。
(説明を聞くのは無料です)


それぞれのレンズのザックリとした特徴は、
2/17のブログ記事 にも書いた通りです



2月の助教授診察では、
「生活の中でドコを見たいのか? ドコを見るコトが多いのかを意識して下さい」
というのが宿題でしたが、

ビッセン先生は、
①メガネ無しの生活時間を長くしたければ「多焦点レンズ」
②メガネを掛けても良くて、価格重視ならば「単焦点レンズ」

と、とてもシンプルな回答。


「もし先生ご自身ならドチラを選択しますか?」とお聞きすると、

「私なら多焦点です。それも3焦点にするかなぁ。金額的にOKなら、あなたにも多焦点が良いのでは?と思いますよ」と説明頂きました。


ビッセン先生からは、
白内障の右目は、多焦点レンズ。

白内障になっていない方の左目は、ソフトコンタクトレンズか、レーシック手術。
レーシックの専門医でもあるビッセン先生としては、先生が行うレーシック手術が日常生活に不便が少なくお薦めとのコト。
(ビッセン先生ご自身の眼も、レーシックを行っているそうです)



ビッセン先生からの説明後、
実はボクの気持ちの中では「オレの場合は、単焦点かな…?」と思っていたのですが、

後日"視能訓練士"さんから説明を受けて、
「やっぱり多焦点レンズの方が良い!」と、考えが変わりました。


「多焦点レンズ」と言っても、メーカーもレンズの種類も沢山あって、特徴も違うんです。

東京歯科大学病院眼科のHP

ココじゃあ詳しくは分からないかな? と思いますが…、コレ以上にも種類が有るのです



"視能訓練士"さんとじっくり話し合って、「もし多焦点ならコレですね」と、1つに絞り込みました。

最終的には、担当医のビッセン先生と、もう一度話しあって決定するコトになります…
(今月下旬に診察予定)




…トコロが。

同じく、若年性白内障と診断されて、去年手術をされた、大桃美代子さんに連絡をすると

「手術の前に"ルテイン"を試してみては!?」という、お返事が…


"ルテイン"というサプリ(?)で、目の曇りが消えた…という方や、白内障の症状が軽減して、手術をしなくなった方もいる様なのです。。。



えっ? 
手術は6月上旬に予約しちゃっているのに、この期に及んでそんな良い情報が???



そりゃあ、手術をしなくて済むんなら、その方が良いに決まってるジャン!!



実は、そのルテイン。 先々週からもう摂ってマス。

その情報は、また後で!

« あぁ!! 日帰り出張で、食いそびれたもの達… | トップページ | 大桃美代子さんから紹介されたけど、「ルテイン」ってナンだ!? »

オサート・オルソケラトロジー(角膜矯正療法)_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530688/61404243

この記事へのトラックバック一覧です: 若年性白内障、その後の経過報告。:

« あぁ!! 日帰り出張で、食いそびれたもの達… | トップページ | 大桃美代子さんから紹介されたけど、「ルテイン」ってナンだ!? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30