フォト

twitter

  • https://twitter.com/spatarokondo

【新連載】 BBBコラム『実録・近藤スパ太郎の盗難バイク奪還記!!』

[寝てる間に視力UP!]スパ太郎の“オサート”体験記 

無料ブログはココログ

スパ太郎ナレーション DVD「レプタイル」

Spataro Twitter

  • @spatarokondo

« まかない ほりの のランチ。鯖の塩焼き! | トップページ | 超リアル。映画「ゼロ・ダーク・サーティ」を観たよ! »

2013年2月14日 (木)

日本でも"殺人ダニ"? オレはロシアでダニを見たヨ!

ダニが媒介する、新種の感染症「SFTS(重症熱性血小板減少症候群)」。

昨日からの報道では、まだ詳細がわからない様で、アウトドア大好きなオレとしては、注意深く見守っています。。。



"殺人ダニ"と聞くと、ロシアンラリーに出場した時の事を思い出す!

「ロシア脳炎ダニ」だ!!

(※今回報道されているSFTSとは、違う種類の感染症です)


1999年~3年連続でロシアンラリー二輪部門に出場しました!
Imgp3930re
雑誌ライトニングに寄稿!
走ってるのは、オレです(カメラマンは熊本の東さん!)



SFTSダニの場合、発症した場合の致死率12% 

と報道されていたけど、

「ロシア脳炎ダニ」の場合は、致死率30%と極めて高い!!


日本では知られていないけど、
この「脳炎ダニ」は、世界中で6,000件~10,000人が発症しているそうだよ!

ラリーのオフィシャルブリーフィングでも、
「ロシアには脳炎ダニがいる。地面には絶対に寝ころばない様に!」

と、参加者&スタッフに、お達しが、発せられました。



トコロが!

ある日、ホテル代わりにもなっている、フェリーの中に開設された、医療室に「中川先生~」と、遊びに行くと、

医療スタッフみんなが慌ただしい雰囲気。

ナント。

ダニに噛まれた人がいて、正に治療の最中!



ウオッカで良い感じに酔っぱらってたオレは、ビックリ!!

だってね。
ダニが皮膚の奥に入ってしまい、アゴでガッチリ喰いついているんだよ。
(ダニはイメージよりも大きく、肉眼でも良く見える大きさ。コレにもビックリ。)

手で引っ張っても出てこない。
(むしろ引っ張ってちぎれちゃうと、かえって面倒なことになるそうな…)


縫い針と糸で、ダニの頭の部分に刺し通して、引っ張って取り出していました。。。。

(うわぁ、痛そう…!)



酔っぱらっていた上に、随分昔の事なので、記憶が飛んでるんだけど、、、、、

腿の裏側とか、腕の裏側とか、皮膚の軟らかい部分だった気がします。

参加者じゃなく、スタッフだったかなぁ…


でも、
上記の致死率ってのは、
脳炎に感染しているダニに刺された場合の…だからね。



でも、これからは日本の草むらも気を付けないと…だね。


脳炎ダニの場合は、ワクチン接種ができるんだけど、

SFTSには有効なワクチンがないそうで、噛まれない様に防止するしか対応はなさそう…。


・長袖、長ズボン、帽子などで、肌を露出しない。

・アウトドアから帰ったら、噛まれてないか、全身をチェック!

今後は、こんな事が必要そうだね。。。。

国立感染症研究所
脳炎ダニ情報は
コチラ

« まかない ほりの のランチ。鯖の塩焼き! | トップページ | 超リアル。映画「ゼロ・ダーク・サーティ」を観たよ! »

アウトドア&自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本でも"殺人ダニ"? オレはロシアでダニを見たヨ!:

« まかない ほりの のランチ。鯖の塩焼き! | トップページ | 超リアル。映画「ゼロ・ダーク・サーティ」を観たよ! »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28