フォト

twitter

  • https://twitter.com/spatarokondo

【新連載】 BBBコラム『実録・近藤スパ太郎の盗難バイク奪還記!!』

[寝てる間に視力UP!]スパ太郎の“オサート”体験記 

無料ブログはココログ

スパ太郎ナレーション DVD「レプタイル」

Spataro Twitter

  • @spatarokondo

« トライアンフ タイガー800 で 伊豆走りました! | トップページ | トライアンフ タイガー800 で、ナイトライダー! »

2012年5月17日 (木)

コレで良いの? 日本の「自転車交通安全教育」事情

娘が通うハズだった、通学区の小学校…ってのは、1学年が1クラスしか無いんです。

だから学校としても、全部で6クラス。


ちなみに、入学前の学校見学に行った時、1年生は12人。


都会なのに、過疎地帯の分校みたいだよね!?

その学校の保護者の方々の、メリットとして感じている点。

「生徒が少ないから、先生の目が行き届いていて良い!」
「勉強について行けなくなる生徒がいない」
「1年生から6年生までが、仲良く遊んでいる!」

などなど。



オレと妻としては、いろいろ考える所もあり、もっと生徒のいる、他の学校に通わせる事にしました!

それでも、娘の学年は、2クラスしか無い!

コレ、都内の少子化の最たる感じだよね?

生徒が少ないから、PTAの役員も色々とやらなくてはならない!


…なので、今年は「学級代表部」を担当してマス。




区の職員と所轄警察が指導する、「自転車安全教室」ってのがあって、PTAからもお手伝い。


オレは交通安全関連のイベントにも携わっているし、どんな感じだろう…と、リサーチがてらお手伝いして来ました。

その感想を一言。

「こんなんで、良いの???」

以前、欧米諸国の交通安全教育事情、シンプルな交通ルール、人々のモラルなどを、雑誌にも寄稿しましたが、

欧米諸国での「交通安全教育」は、子供の頃から繰り返し繰り返し、徹底的に、親や学校から教育されるそうです。


そういう子供達が大きくなって、クルマを運転する立場になると、交通弱者である、歩行者や自転車を意識して運転する様になるそうです。



取材で痛感した事は、
「子供の頃から繰り返し繰り返し…が大事である!」という事。



日本の場合?(東京の場合?)は、 3~4年生の授業の一環として、1時間ちょっとやって、もうおしまい!


警察の担当者も嘆いていました。
「生涯に於ける、自転車教育ってのは、おそらく今日ので最後です」と。。。

(以前取材した限りでは、東京が特別そう…ってワケでもなさそうです)




「こんなんで、良いのか?」

しかも、
「自転車は、歩道の車道側を走ります」

「自転車は、車両なので、横断歩道を渡ってはいけません」

などの説明に、「へぇ~」「そうなんだ!!」と、感心するママ達。

「保護者がこんなんじゃねぇ…」



子供に教えるべき、保護者が、自転車の交通ルールをわかってないんだから、子供が守るワケないよな!



まずは保護者(特にママ)や、街のオバちゃん達に、交通教育をすべきだと、オレはいつも思うんだけどねぇ。。。



かく言うオレも
たまたま、仕事を通じて、交通安全への意識が、多少高くなっただけかも?

「こんなんじゃねぇ…」

そんな今日は、殆ど自転車に乗れませんでした。。。

わざわざ書く程じゃないのですが、一応、記録しとかなきゃ…

Imgp7199
【自転車】
マシン:ブロンプトン
走行時間:―
走行距離:3.6km
消費カロリー:131kcal

サイクルナビ(ハンディGPSナビ)はATLAS「ASG-CM21」

価格はAmazonでチェック!

ユピテル 【アトラス ASG-CM21

※「サイクルナビ」「バイクナビ」
のスパ・レビュー記事は、コチラ ご参照



« トライアンフ タイガー800 で 伊豆走りました! | トップページ | トライアンフ タイガー800 で、ナイトライダー! »

スパ日記」カテゴリの記事

スパさんのチャリ活・自転車」カテゴリの記事

バイクナビ/カーナビ/ハンディGPSナビ/サイクルコンピュータ/サイクルナビ」カテゴリの記事

コメント

良くないです。

私はたまたま小学生の頃は人一倍自転車に乗りましたし、社会人になってからもバイク,車と普通の人以上に乗ります。
故に、車から見たバイクや自転車の動きが想像できますし、バイクから見た車の動きも想像ができます。
勿論、歩行者の時も車やバイクの運転者が何処を見て、何を考えているのかが分かりますから危険な事故はありません。
その点、車しか運転しない様なドライバーは傍から見ていても視点がずれていて危ない人が多いです。

ただ、これは運良く事故が無いから長年の経験で得た事です。

キチンとした教育の機会があれば、こんな経験をしなくても、最小限の経験で最大限の事が身につくからもっと事故は減るはず。

Levicoさん

ボクも自ら危険を経験し、教訓を生かしてきた派です。

そうなんですよね。
Levicoさんの言う通り!

キチンとした教育の機会があれば、最小限の経験で最大限の事が身につく…
事故数も減るはずなのです。

同感です☆


「危険は未然に防ぐしかない」

ノリックが、亡くなる少し前に、本人のブログに残した言葉です。

まずは、危険がどんな時にあるのか、を知らないと…と、ボクは思います。

周りから自分が見えにくくなったから、ヘッドライトを点ける。〔自己アピールの為である〕

、とすべきトコロを、

暗くて前が見えなくなったから、ヘッドライトを点ける。〔前方を照らす為である〕

、としてる感覚と、同じ気がしますね。

やまね@青ベル さん

ふむふむ…ですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コレで良いの? 日本の「自転車交通安全教育」事情:

« トライアンフ タイガー800 で 伊豆走りました! | トップページ | トライアンフ タイガー800 で、ナイトライダー! »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28