フォト

twitter

  • https://twitter.com/spatarokondo

【新連載】 BBBコラム『実録・近藤スパ太郎の盗難バイク奪還記!!』

[寝てる間に視力UP!]スパ太郎の“オサート”体験記 

無料ブログはココログ

スパ太郎ナレーション DVD「レプタイル」

Spataro Twitter

  • @spatarokondo

« オーハ島出身の知人 | トップページ | いつもと違う、天然温泉 いこいの湯 »

2011年1月28日 (金)

鳥インフルエンザに、火山爆発に… ガンバレ宮崎!

板前でありながら、

宮崎県のブランド地鶏「みやざき地頭鶏(じとっこ)」の、生産&加工&販売を取り扱う会社の社長を務め、

 

「地頭鶏」に魂を賭け、
宮崎の日南に住んでる、オレの弟。

 

 
「地頭鶏はメチャクチャ美味いから、今度送るよ!」と、この前の正月の帰省時に言ってたのだが、まだ送られて来ない……

 

 

そう。
 
皆さんもご存知の通り、

"鳥インフルエンザ"に、"火山爆発"と、今、宮崎は大変な状況なのです。

 

 

鳥インフルエンザ。
今宮崎で発生しているのは、宮崎でも北の方。

弟のいる日南は、南の方でけっこう離れている。

 

 

一方、
火山爆発のあった霧島山系"新燃岳"は、鹿児島と宮崎県境の山なので、日南は直ぐ近く。

 

報道でも、プロ野球の日南キャンプが危ぶまれるくらい、火山灰が降っている様だ…

 

 

オレも心配して、昨日から弟にメールを送っているんだけど、

返信は無い。

(きっと、それドコロじゃぁ無いんだな!?)

 

 
 

今、大変な状況の弟を励ますとしたら、なんと声を掛けるか。。。

『まぁ、鳥インフルエンザ目線で考えれば、良かったじゃないか!』


『だいたい灰だらけなんじゃ、インフルエンザ菌を持った野鳥が来ないだろ!!』

『それに鳥インフルエンザの為に、石灰を巻く手間が省けたじゃないか!』

 

そう。
鳥インフルエンザで巻く石灰も、火山灰も、同じ灰だ! 
同じアルカリ性だし、火山灰も消毒効果があるんだそうだ。

1/31追記
先日宮崎県の調査として、今回の"新燃岳"から噴出された火山灰は、pH5~6.2の弱酸性と発表されました。 



こんな時は、暗く考えてはいけない。
少しでも良い方に考えないと…




…とは言え、今朝のNEWSじゃ、

出荷間際の"ほうれん草"が灰まみれになってしまい、このままじゃ出荷が出来なくなってしまう…と落胆する農家の方の声。

「ホウレンソウの茎が折れてしまうと出荷できない」とのコトだ。

 

でも火山灰は、洗い流せばなんら問題が無いとのコト。

 

確かに、
農家の方が、灰だらけの農作物を全部洗い流すのは、大変な作業だよ。

 

だったら、灰だらけのまま出荷して、我々消費者が洗い流せば良いじゃないか!

 

 

農協なのか、行政なのか?

形状がどうの、折れたら規格外品と、やたらと"規格"に拘るけど、農作物だよ!

安全に美味しく食べられるんなら、それで良いじゃないか!

 

こんな時はみんなが助け合わないと!

とオレは思うんだ! 

 

 

日南の弟"スパ次郎"のブログ
http://ameblo.jp/apkondo/

« オーハ島出身の知人 | トップページ | いつもと違う、天然温泉 いこいの湯 »

スパ日記」カテゴリの記事

コメント

心強い文章、ありがとう。私は、石灰と灰のことを、初めて知りました。。。と言うことは、灰が降って大変って、思っていましたが、良かったのかもしれませんね、確かに。新燃岳は、かなり以前から、噴火かもって・・言われていたんですが、ここに来て、灰を降らせてくれたんですよね、きっと!!!
今、雨が降りはじめました・・・ザァーーーーって降って、洗い流してくれることでしょう。
日南の鶏たち、元気な様子。安心しました。
いつも、興味有るブログを、楽しんでいます。
宮崎県・・・他県も、良い方向に進みますように。

火山灰は他の灰と違って酸性です。偉そうにトンチンカンな事書く前に少しは調べたらどうですか?


開いた口が塞がらない さん

ご指摘頂き、ありがとうございます。

「開いた口が塞がらないさん」は、宮崎の方でしょうか?
ボクの記事で不快に思われた様でしたら、ゴメンなさい。


決して偉そうにしているつもりは有りませんし、重なるトラブルを、少しでも前向きに捉えることが出来ないか…という思いで書いたつもりでした。


ボクが「アルカリ性」と書いたのは、
以前、火山を研究するイギリス人の学者から話しを聞いた経緯からです。

フィリピンのピナツボ火山、インドネシアの火山灰は"アルカリ性"だったとのコトです。
また日本でも、北海道有珠山の火山灰(2000年の噴火)もアルカリ性だったそうです。


ですが昨日、宮崎県の調査結果が発表されましたね。
ご指摘通り、今回の新燃岳の噴火で降った火山灰は、pH5~6.2の弱酸性と出たそうです。


ボクも「アルカリ性」と言い切ってしまったのは、間違いでした。誤解が無い様、記事内に追記させて頂きました。

昨日ようやく、宮崎の弟から"火山灰で灰だらけの街”の写メ付きのメールが来ました。

でも火山灰は、鶏舎にまくと良いと、古くから言われているそうです。

早く噴火も、鳥インフルも終息に向かうコトを願っています。


ご指摘を頂き、ありがとうございました。



宮崎県のバイク乗りのおばさま

上記の通り、今回の火山灰は弱酸性だった様です。

期待させてしまい、ごめんなさい。


ですが、日南の弟も前向きに頑張っている様子です。

噴火も、鳥インフルエンザも、早く終息に向かうコトを願っています。

これからも宜しくお願い致します~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザに、火山爆発に… ガンバレ宮崎!:

« オーハ島出身の知人 | トップページ | いつもと違う、天然温泉 いこいの湯 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28