フォト

twitter

【新連載】 BBBコラム『実録・近藤スパ太郎の盗難バイク奪還記!!』

[寝てる間に視力UP!]スパ太郎の“オサート”体験記 

無料ブログはココログ

« 都内はノンビリ、ブロンプトン! | トップページ | 今朝、ついにバッテリーがあがった… (激安シ-マリンバッテリーの体験結果) »

2010年12月 8日 (水)

「レーシックの、リスクって高いの?」  オレ、スパ太郎が調べた結果は…

NEWS報道もあってなのか、

「スパちゃん、レーシックしたんでしょ!? その後大丈夫なの?」と、

複数の知人から、立て続けに聞かれました。 

  

ボクはレーシックじゃないです。
オサート”です。 

今までにも、このブログや、前ブログにも書いていますが、
オサート”も、レーシックと同じ、角膜治療です。


 

レーシックは、、、
[角膜の表面を削って、屈折を矯正する治療]


に対して、



オサート”は、、、

[角膜を凹型に矯正する(←近視の場合)、特殊なコンタクトレンズを寝る時に毎晩装用]して、屈折を矯正する治療]です。

※装用をやめると、視力は徐々に元に戻ります






元々の裸眼視力が0.04だったボクは、


先月の、“オサート”定期検査では、

両眼での視力、1.25まで見えていました!

Rimg23319

↑ね。 今までで、最高視力が出た! 




ボクの場合、元々が強強度の、ド近視なので、

レンズ矯正がとても繊細な様で、


その日のレンズの入り方によって、良く見えたり、ちょっと見え難かったり…

(最近、3rdレンズに戻し、視力が安定して来ましたが…)








レーシックのリスクって、どうなの!?」 と、知人達から聞かれました。



ボクは、コレについて調べたコトがあるんです。


実はボクも、レーシックを真剣に考えていたからね。



2007年の話しですが、

「スパ太郎、お前レーシックしないか?」と、
当時ボクがパーソナリティを務めていた番組プロデューサーから話しが有りました。

番組タイアップ企画で、レーシックを体験出来る…? となりました。




当時はね、色々な番組で、色々なタレントが、レーシックを体験していたんだよね。

でも実際に自分がやる…ってなると、

自分の眼のコトだし、ちゃんと調べたいな! って思ったワケ。




そこで、自分で色々と調べてみたら、、、、

レーシックの成功率=92%~95% と、言われているコトがわかりました。
(2007年当時)

↑コレって、あまり公表されてないよね





また、レーシックをするクリニックは多くあれど、

そのクリニックの先生自身が、自らの眼をレーシックをしているケースは、、、、

あまり無い(殆ど無い)コトも判明!


ある眼科の先生からは、
「それだけリスクがあるし、歴史が浅いから将来どうなるか分からないんだよ…」
とも、言われたからね。


更に調べてみると、
レーシックをした人の中には、徐々に視力が元に戻ってしまう人がいるコトも判明。
(この様な症状、有名スポーツ選手にも、複数いました)




その場合は、
その人の角膜の厚さにもよりますが、更に削る再手術をします。
(削れない場合は、メガネ等で矯正)

 

更に調べてみると、

ナント、レーシックで失敗し、視力を失ってしまった、友人の友人がいました。。。。。





でもね。
レーシックで成功している人だって、沢山いる。

実際にボクの周りでも、レーシックをして良かった! って言う人、沢山います。

 

いったいこの差は何なの?
何が違うの???


『どうしよう…』と、悩んでいる時、



「寝る時に、特殊なコンタクトレンズをして治療するヤツって知ってる?」と、友人から情報を貰いました。




調べてみると、
“オルソケラトロジー”と言う、治療法。

“オルソケラトロジー”をしているクリニックは幾つかあり、何件かに電話してみました。

 

3件目くらに電話した病院。
それが、三井メディカルクリニック。



実はここの三井先生が、
“オルソケラトロジー”の技術をアメリカから持って来た…(日本に於ける“オルソケラトロジー”の第一人者)という事が、電話中にわかり、


しかも今は、
更に進化した“オサート”と言う、治療をしているのだとか…。

 

「レーシックは、削ってしまうと元には戻りませんけど、“オサート”は自分に合わなければいつでも止めるコトが出来るんですよ!  一度、“オサート”治療が可能かどうか、検査だけでも、してみては如何ですか?」



という説明を受け、『そりゃそうだ!』と、納得!




検査結果は、OKと出た!

それどころか、テストレンズを2~3時間程装用し、レンズを外してみたらビックリ!

 

ド近眼のボクが、裸眼でも、ちょっと見えている…。

削るリスクの無い、いつでもやめられるオサートを、始める事にしたのです。

 

後日改めて、
「“オサート”治療とは?」を、番組でも取材する事にもなりました。



その時にね、
レーシック治療で失敗し、アフター治療として、“オサート”をしている方達の話しを聞く事が出来たのです。

病院だから? 
(患者さんが集まる場所だから?)

レーシックで失敗した方の多い事にビックリ。

上記数字データの、5%~8%に入ってしまった人達だよね! 

 

でもこの時に、三井先生から言われた事。
「私は、レーシックを否定してはいません!」


むしろ、生活習慣や仕事などで、オーサート治療が向かない患者さんには、セカンドオピニオンとして、信頼のあるレーシックのクリニックを紹介しているんだそうな。

レーシックの失敗の原因として、

  • 医師の技術が低い
  • レーシックに向かない患者に、レーシックをしてしまう

など、こーんなクリニックがある事も、後でわかりました。



ボクの友達がレーシックをしたクリニックでは、

[友人を紹介すると、キャッシュバックが有る]

[複数の友人を紹介と、自分はタダになる]

[もっと多く紹介すると、場合によっては、自分が儲かる!]

…なんてシステムを導入しているクリニックもあった程。



ちなみに、
レーシック手術をした人は、
アメリカでは、空軍パイロットや、宇宙飛行士にはなれないそうです。


レーシックで眼球の一部が薄くなっている…という理由から、
何らかの拍子で、ヘルメットのシールドが開いてしまった時、急激な気圧の変化で、眼球が破裂してしまうコトがあるんだそうです。。。。


同じ様な理由から、
レーサー、潜水士などの職業の方は、レーシックは不向き…と言われているそうです。





ですが、
ボクの知人で、今年レーサーを引退した、
元レーシングDr.の野田英樹さん(今は焼肉屋のご主人)。 

彼は、レーサー現役時代から、レーシックをして、ル・マンなどにも出場していました。。。。


…だから、人によるのです。

 

レーシックのリスクって、どうなの!?」 と、知人達から聞かれた時の答え。



ボクが調べた、ボクなりの答えを伝えています。




『リスクは人によって違うし、クリニックによっても違うみたいだよ! でも、やるんならセカンドオピニオンを立てた方が良いと思うよ!』




だって、自分の眼を削ったら、元には戻らないワケだし、

ましてや、良いクリニックかどうか、自分が本当にレーシックをしても大丈夫かどうかなんて、ボクらみたいな、素人には分からないモンねぇ……



ボクの場合、
レーシックと同じ角膜治療である“オサート”をして解ったコトが有ります。

ボクの場合は、網膜の反応が良いそうで、
“夜間グレア”という、暗い場所で、光が二重に見えてしまう症状が出ます。



レーシックをした場合でも、おなじ症状が出るそうです。





ボクの場合は、レーシックをしなくて、良かった…(元に戻せなかったから…)、と言う結果です。

(“オサート”では、レンズ調整により、“夜間グレア”の症状を抑える事も出来ます)

 



オサートって、リスクあるの!?」 の問いには、



『コンタクトだから、リスクは低いんじゃないかな?』

『オレは酷い花粉症だけど、今の所なんともないヨ!』

と、自分の経験を伝えています。





とは言え、オサートが完璧! とも思っていません。


ボクの場合、上記の通り、日によって見え方が違うし、治療費も高い。




日本での日常生活ならともかく、


アウトドア好きのボクの場合、キャンプ場でのキャンプならOK!だけど、

砂漠でのラリーとか、
僻地での連日連夜のキャンプになると、

たぶん、コンタクト治療のオサートは、キツイんじゃないかな…と思ってます。

それでも、度の強いメガネから開放されて、とても良かったと思っています。



オサートを始めて今月で3年。
ボクの場合、今の所、大満足です。

だって、やめたい時に、いつでもやめられるモンね!





“オサート”治療の ボク・スパ太郎の体験記。

オサート”治療の、良い事も悪い事も書いてますので、気になる方は見て下さいネ!


治療開始の2008年1月~2009年6月のまでの体験記はコチラ
http://spataro.cocolog-nifty.com/blog/cat14901084/index.html


'09年6月~近況は、コチラ 
http://ridinghigh.cocolog-nifty.com/blog/cat21356034/index.html 

 

 

« 都内はノンビリ、ブロンプトン! | トップページ | 今朝、ついにバッテリーがあがった… (激安シ-マリンバッテリーの体験結果) »

オサート・オルソケラトロジー(角膜矯正療法)_」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
いつもブログ拝見させていただいてます。

友人の友人の方のレーシック失敗というのは、原因はわかりますか?
あとオサートをしていて夜行バスや機中泊などを経験されたことありますか?
夜行バスや機内では座席が斜めの状態で睡眠を取らなければならないので、
オサートでの型付けがうまくいかないのではないかと心配で躊躇してしまいます。


みさとさん。

友人の友人の"レーシック失敗"は、友人からのまた聞きなので、原因は良くわかりません。
でも視力を失った…という事ですから、怖いですよね。

ちなみに施術をしたのは、都内の有名クリニックです。
評判もかなり良いクリニックで、ボクも「もしもレーシックをするなら、このクリニックかなぁ~」と思っていたので、なお更怖いです。

ですが、その友人も、他の知人も、ここで施術を行って成功しています。


オサートの"深夜バス"、"機中泊"ですが、
経験、有りません。。。 
 

そっかー。
確かに!
座席が斜めの状態で睡眠を取らなければならないですモンねぇ。


以前、海外からの帰りに、"機中泊"があったのですが、その時はレンズを持って搭乗したものの、レンズは装用しませんでした。

帰国途中には、長時間のトランジットが有ったのと、着けたり外したりで万一無くしたら大変…という気持ちの方が強かった記憶が有ります。


人にもよると思いますが、
ボクの場合、一晩程度であれば、装用しなくても大丈夫です。


翌日のメガネはマストですが、翌日の晩にちゃんと装用すれば、次の日はちゃんと見えていますヨ!

みさとさんは、オサートをされている方でしたっけ?


三井先生にも、相談してみると良いかも知れませんねhappy01paper


電話でも、対応してくれると思いますヨ!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530688/50246308

この記事へのトラックバック一覧です: 「レーシックの、リスクって高いの?」  オレ、スパ太郎が調べた結果は…:

« 都内はノンビリ、ブロンプトン! | トップページ | 今朝、ついにバッテリーがあがった… (激安シ-マリンバッテリーの体験結果) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30