フォト

twitter

【新連載】 BBBコラム『実録・近藤スパ太郎の盗難バイク奪還記!!』

[寝てる間に視力UP!]スパ太郎の“オサート”体験記 

無料ブログはココログ

スパ太郎ナレーション DVD「レプタイル」

« FZ8と、スーパーテネレ/XT1200Zに乗ったヨ! | トップページ | トライアルは、メチャクチャ楽しいヨ! »

2010年6月18日 (金)

“オランダ大使館”潜入で見た、本当のオランダ事情!

さっ! いよいよ明日対戦するオランダ。

TVでも、「対戦相手のオランダってどんな国?」なんて、色々やってますが、

実はボク、今年の春に、オランダ大使館に潜入して来たのです。 

 

…というコトで、明日の日本代表の勝利を願いつつ、
スパ太郎が見た、対戦国オランダとは?」を、ちょっと。

 

 

そもそも、ボクがオランダを訪れたのは、21歳の時に遡る。

正にこーんな時代に、オランダ代表の選手達は育ったのです。


モーリス・ベジャール振り付けのバレエ、「ザ・カブキ」(東京バレエ団公演)に出演していたボクは、5カ国9都市、ヨーロッパ公演の最後の地が、オランダ・アムステルダムだったのです。

 

今のオランダはね。 
政府の改革(ワークシェアリングや、社会保障の充実)によって、とても良い経済状況となりましたが、当事は、とっても不況な時代。  

特にアムステルダムは、国際的な港町で色々な国籍の人がいる街。

 

とても治安が悪く、「ドラックが蔓延しない為に、ライトドラックであるマリファナは解禁されているんだよ! でもダンサーなら勧められてもダメだよ!」 と現地のダンサーから説明を受け、ビックリ!

 

カフェに入れば、マリファナのメニューが普通に出てくるし、街でも、怖そうな売人からマリファナを勧められたオレ。

『アイム ノー スモーキング!』と、断ると、

「アーユー、スポーツマン?」

『Yes.Yes。I'm スポーツマン!』

「Oh~! Sportsman! Yes.Yes。。。」と、どこかへ行ってしまった。 

 

そっか。解禁されてるとは言え、スポーツマンはやっぱりマリファナはやらないんだナ! 

と、妙に納得。

 

そんな一角に、アンネ・フランクが身を潜めた家があったりもする。

 

宿泊したホテルニューオータニの日本人スタッフからもね、
「特にこの辺りは、NYよりも治安が悪いですから、絶対に行かないで下さい!」と、地図に赤丸をつけられたエリアが有った程。

(当事はNY郊外も治安が悪かった…) 

 

実際にボクは、
特に危険エリアではナイ、観光地としても有名な“ダム広場”付近で、スリにあい、犯人達8人程と、大乱闘になったのです。。。

遠巻きに見ている人は沢山いるのに、誰も助けてくれない。 それどころか、ボクの財布から落ちた小銭に、皆が群がっている。

(殺されなくて良かった…)  

 

フランス、イタリア、東ドイツ、西ドイツと、ヨーロッパ5カ国公演「最後の国」でありながら、今までとは全く違う様子に、カルチャーショックの連続でした。 

 

正にこんな時代に、オランダ代表の選手達は育ったのです。。。。 

  

 

そして、あれから、≒20年。

Rimg20316 

先日発売になった「トコトン楽しむスポーツ自転車の本」の取材の為、
ボクは、自転車大国のオランダ大使館へ潜入取材を行ったのです。

(あれ? amazonへのアフェリエイトって、どうやってやるんだ???) 

 

Rimg18785_2
おぉ! 懐かしい、オランダのマーク。 

自転車大国、オランダの自転車については、
Rimg20317
同じく、自転車発祥の地ともされる、ドイツの事情と共に寄稿しています。

へぇ~。
日本の自転車インフラも、こうなるベキだよなぁ~と、とっても参考になるコトばかり。

本、見てね!
特に国交省、警察庁の方には見て欲しい…
(だから、amazonのアフェリエイトがわからない…)

 

で、大使館潜入で観たモノ。
Rimg18786
オランダの代名詞、チューリップと、、、

Rimg18798
電気自動車、アイミーブのオランダ大使館仕様!

おぉ~!!
オランダは、環境先進国でもあるもんネ! 

 

オランダ大使館、広報担当のBさん(オランダ人)と、本題のオランダの自転車事情について、インタビュー。

『まず、オランダはどんな国ですか?』と聞くと、、、

「オランダ、サッカー強いですね。今年のワールドカップ、優勝はオランダですよ!」 

 

へっ!? 自転車の取材なのに、何でサッカーの話し?

「オランダ人は、とにかくサッカーが大好き!」(あと、ビールも好き!)の様だ!

 

いや、サッカーのみならず、国民総じてスポーツをするコトが大好きみたい。

 

オランダ人の子供が“絶対!”に習う、3つのコトがあるそうな。

  1. 水泳
  2. アイススケート
  3. 自転車 

↑コレみんな、スポーツじゃん。
しかもみんな全身運動だったり、有酸素運動だったり、だよね。 

 

つまり、子供の頃から基礎体力が養われているってワケ。

 

特に自転車。

自転車はね、4歳頃に親からプレゼントされ、交通ルールやマナー、乗り方等を、徹底的に教わるらしい。

学校の授業でも「自転車の乗り方」やライセンス等が有ったり、おじいちゃん、おばあちゃんになっても、一生乗り続けるのだそうな。

 

と言うのも、人口密度が世界第2位の、オランダにとって、自転車は一番効率的な移動手段。

公共交通機関にも自転車は持ち込めるし、自転車所有率は、一人 1.1台と、世界NO,1。

 

Rimg18796  

コレや、コレ

Rimg18805
(コレは、ジャイアント・オランダ仕様)  

 

こういうのが、オランダの一般的な自転車。

“ママチャリ”ならず、おばあちゃんも乗るので、“ババチャリ”と呼ばれているらしい。

  

しかも26インチや27インチではなく、28インチが殆ど。
(オランダ人は、国民平均身長190センチ以上と、コレも世界一)

 

で、 注目は、ココ↓
Rimg18806
ドラムブレーキで、、、

Rimg18808
スプロケ(ギア)が、メチャクチャ小さい ってコト。 

(日本のスポーツ車よりも小さいかも?) 

 

ドラムブレーキなのは、
距離を沢山乗るので、消耗部品のブレーキはコストパフォーマンスの良さから。
(どんだけ乗るの?)

 

スプロケが小さいってコトは、、、
スピードを出して乗っている = 漕ぐのが重い = みんな脚力がある 

ってコト。 

 

日本人の様に、サドル低めセッティングではなく、全身の力が効率良く駆動力になる、高めのセッティング。 
(脚を伸ばした時に、膝が軽く曲がる程度の高さ)
 

“ババチャリ”は、日本の“ママチャリ”の様な、ゆる~い乗り物ではなく、スポーツも兼ねた乗り物。

子供から、おばあちゃんまでもが、このスピードが出るセッティングだからね。

全ての国民の移動手段が、基礎体力や脚力UPに繋がっているってワケだ・・・!

 

ちなみに、インタビューをしたBさんも、日本にいたってモチロン、通勤も都内移動も全て自転車。

オランダでは国会に通う大臣も女王陛下もみーんな自転車で移動するそうな。

※王室が自転車で移動する姿は、コレに載ってるよ!
Rimg20316_2

(だから、アフェリエイトがわからない…)

 

子供の頃から、水泳、スケート、自転車で全身を鍛えられ、
特にサッカーは大衆スポーツの人気NO,1 だと言うオランダ。

(オランダのサッカー連盟KNVBは、会員100万人を抱える国内最大のスポーツ組織です) 

 

ですから、ワールドカップ優勝は、オランダですよ!」 と、自転車インタビューは締めくくられました。 

 

ちなみに、在日オランダ大使館HPにも、

「サッカー、サイクリング、スケート」
が、国民のスポーツとして大々的に紹介されています。

http://japan.nlambassade.org/

日本語ページで、
【オランダという国】→【スポーツ】をクリック
  

  

そんな明日のオランダ戦。

ガンバレ! ニッポン!!

 

« FZ8と、スーパーテネレ/XT1200Zに乗ったヨ! | トップページ | トライアルは、メチャクチャ楽しいヨ! »

スパ日記」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

人は故郷を離れて尊し。

そうね。
5カ国9都市の海外公演(約3ヶ月だったかな?)は、
ボクにとって、“初海外”。

いきなりのヨーロッパの地で、日本って国を、外から見るコトが出来ました。

特に色々とあったアムステルダムは、ボクにとって思い出深い“地”なのは確かです。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “オランダ大使館”潜入で見た、本当のオランダ事情!:

« FZ8と、スーパーテネレ/XT1200Zに乗ったヨ! | トップページ | トライアルは、メチャクチャ楽しいヨ! »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31