フォト

twitter

【新連載】 BBBコラム『実録・近藤スパ太郎の盗難バイク奪還記!!』

[寝てる間に視力UP!]スパ太郎の“オサート”体験記 

無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の15件の記事

2010年6月30日 (水)

北海道のラリーに出場する 菅原義正さんの“セロー”を拝見!

Rimg20533  

この方、何度もこのブログに登場している菅原義正さん。

それもそのハズ。
オフロード大好きなボクにとって、大大大大師匠だから。

Photo

なんたって、パリダカ連続出場最多記録(27回)を持つ、現在69歳の現役ラリースト
最近は、ご子息の照仁さんとダカールラリー(パリダカ)に出場!

 

 

7月の「北海道4Days」(HOKKAIDO 4DAYS)に出場する…と言う、菅原さんのヤマハ・セロー/250ccのバイクを、見に行って来ました!

ガレージに行ったら、気になる2台(セローと、XR-230)が置いてあり、2台とも興味深々。



ちなみに、コチラ。
XR-230
Rimg20540_2
先日のゴールデンウイークに開催された、四国のラリー“ツールドブルーアイランド”(TBI)に出場した時のマシン。


Rimg20538
↑ななな、何だ? 
この立て位置のデュアルヘドライトには、ド肝を抜かれた!

 

ちなみにハンドル周り。

Rimg20539
マップホルダーの上に、ICO(ラリーコンピューター)が、2個装備されている。
本来、スピードメーターがあるハズの場所には(ハンドルの向こう)、メーターが無く、配線が沢山。

「このXRは、ラリーに出る為の競技用マシンにしたんだよ」 
と、菅原さん。

   

Rimg20522

「コッチのセローはね、本当はツーリングマシンだったんだけど、また改造しちゃう悪い癖が出ちゃってねぇ…」 

うわっ! このセローも、
パリダカのノウハウが沢山ですね!!

と、ボクはウハウハheart04   

ヤマハ・セロー250cc。 
Rimg20523

Rimg20517

あれっ???

セローって、マフラー2本も無いしょ!?
マフラーは右の1本だけだよ!!

 

ハイハイ!
興味津々の改造が、沢山されていますよ!!

・・・と、やっぱりウハウハheart04 

 

あっ、ちなみにね。

ノーマルの車両って、メーカーが研究に研究を重ね、色んな方が、色んな乗り方をしても壊れにくく作ってあるワケだから、

ラリーの場合、壊れにくいノーマルが基本。

 

レギュレーション等で必要とされる、多少の改造はしても、多く改造すれば、ソレはリスクにも繋がる。。。 

 

でも菅原さんは違う。

なんたって、世界一過酷な“パリダカ”を、世界で一番経験している人だから、技術や工夫の引き出しが、全然違う。。。

万一のトラブルにも対応できる…ってワケ

 

まず、フロント周り。
Rimg20526
HIDのサブランプが2灯。

「夜は明るい方が走りやすいからね!」と菅原さん。

セローのライトは、決して暗くは無いんだけど、真っ暗闇を走るのに、HIDは心強いよね。しかも、走りによって、ライトの角度調整が簡単に出来る様になっている。 

 

Rimg20528
マップホルダーやICOを設置するライトの上周り。

このセローは、ツーリング用だし(あくまでも菅原さん談)、ノーマルのデジタルメーターが使いやすいので、ICOは1個で、併用との事。 

Rimg20527
ツーリングでは使わない、マップホルダー、ICO一式は、シルバーのバーに固定して有り、アッセンブリごと外せる。

ライト下のバー(ハンドルスタンディング)に、ネジ止め出来る様に加工してある。
ちなみにネジは、“チタン”を使用。

 

で、疑惑の“左マフラー”(?)は、、、

Rimg20516  
工具入れ? 

Rimg20515
タイヤレバーとか、長モノ系を入れるんだね。たぶん。。。 

「最近ね、背負ってたBAGとか、休憩した時に忘れて来ちゃうんだよね。 だから荷物は持たない。全部バイクに付けちゃうの!」

 

ちなみに、こんなトコロにも収納が・・・
Rimg20520
パリダカマシンでは、ココの位置に、レギュレーションで必要な“水”を入れるタンクを作る人も多いよね!  

 

このセローには、
Rimg20521
捏ねると、鉄やプラスチック樹脂になる(エキシポって言うのかな?)、マシンにダメージがあった場合の応急道具などが入ってました。。。 

「スパ太郎ちゃんも、こういうの持ってないと、ダメよ!」

はぁ、知らなかったです・・・ 

 

Rimg20535  
ガソリンタンクには、数字データが・・・

タンク容量と、時速40k/h~60km/hで走った時の燃費。

「上手く走ると、もっと距離が伸びると思うけどね!」

走り方によって、燃費計算をしながら、給油のタイミングを計るのだ! 

たとえば、
SS(競技区間)前に、給油してしまうと重くなってしまう。
(速度も下がるし、ハードなコースでは、軽い方が扱い易い)

SSの距離と、前後の給油ポイント、残りのガソリン量を考えて、いつのタイミングで給油をするか・・・・ ってな感じ。

タンクの前には、配線が1本引っ張って有り、
Rimg20529
予備電源を取れるようにしてある。


HID、マップホルダーのライトなどの配線は、
Rimg20530
バイク用のキルスイッチで電源のオンオフが出来る。

「市販のスイッチよりも、バイク用のが良いよね!」

バイク用なら、防水・防振対策がしてあるからだそうな。


(ほー。 ナルホド・・・・)

 

Rimg20541  
ステップは、疲れにくいワイドステップ。

「疲れ方が、全然違うよね!」 

 

『菅原さん、セローはツーリング用と言っておきながら、XRよりも改造部分多くないですか!?』

「ん~。そう?」 

↑やっぱり、改造病の菅原さんご自身は、気が付いていない様だ・・・

 

XR-230が隣にあったので、前から気になっていた、ステップの高さを比べてみました。

Rimg20555
XR-230 
地面からのステップ位置 ≒23cm

Rimg20557  
セロー
地面からのステップ位置 ≒26cm~27cm

※菅原さんのバイクは改造されていますので、ノーマル車両のデータでは有りません。 

コレはね、ステップ位置が高いと悪路での走破性は良いよね。

でも、、、
シートとの位置関係もあるけど、
ステップ位置が低い方が、ラリーの様なロングライドでは、膝の曲がりが少なくて済むので、ポジションが楽チン。 

ん~。

3センチ~4センチの差か・・・
オレがラリーで乗る場合、どっちが良いのかな?

菅原さん、XRは“野口シート”を使用していますが、
セローは、ノーマルシートで出場するそうです。。。

Rimg20536

今度の北海道。 タイヤは、あえてノーマルタイヤで出場。

実はTBIでもノーマルタイヤで出場し、タイムは縮むし、タイヤの持ちが良く、舗装路でのグリップも良く、良いことずくめだったとか・・・。 

「やっぱりノーマルってのは、色々考えられてるよね!」 

 

ナルホド。

とっても勉強になりました!

菅原さん、ありがとうございました! 

 

いや~、長年培ってきた経験の結集バイクだねぇ。

 

ちょっとマニアックな内容で、失礼致しました。。。。 

 

 

岡田ジャパン ありがとう。

 

ん~。
惜しかったなぁ~。

いったい何人の日本人が「ハァ~」と、声が出てしまったんだろうね…。

オレも同じ。

放心状態。 

魂が抜ける…って、こんな状態なのかな? と、後で思った。。。

 

行けるかな? って思っただけにね。

 

泣いている選手達をみても、感情が追いつかない。

ただ呆然と、画面をみているだけ・・・ 

  

でもね、

顔を上げる事が出来ず、涙も止まらない、駒野選手を励ますチームメイトを見ていたら、オレも泣けてきた!

 

FIFAと書かれた、オレンジのベストを着たままの、稲本選手。

駒野選手を抱きかかえ、励ましていた。

 

一度も出場するコトが出来なかった、ベストを着たままの、川口選手と楢崎選手が、

川島選手と、ガッチリ抱き合う姿に、泣けてきた。 

 

日本代表・岡田ジャパン。

ワクワク、ドキドキを、ありがとう! 

 

・・・と、言いたい。

 

2010年6月29日 (火)

えっ? サッカー観ないの???

さぁ! 

ベスト8に向けた決戦が、いよいよ12時間後に・・・

23時キックオフだし、高視聴率となるでしょうねぇ!

 

TV局の方や、制作会社の方、作家さん達などで集まる“飲み会”があるのですが、

「今夜、渋谷で飲みませんか?」のメールが回って来たのです。 

 

えっ? 今夜???

 

しかもスポーツバーとかじゃなく、焼き鳥やで???
(あの店には、TVが無いでしょ???) 

 

『今夜は大事なパラグアイ戦の日だよ!』と、
当然のコトながら、飲み会日程の変更要請をするボクのメール投稿に対して、、、

 

「ちょうど渋谷で終わるので参加します!」
「OK! です」
「合流できます!」
「オモシロネタ、持って行きま~す!」

 

と、みんなオレの意見を無視するメールが。。。。 

しかも参加者が多い雰囲気。。。。。

 

オイオイ。 
みんな観ないの?

 

オレだって、サッカー大ファンってワケじゃないけど、

ワールドカップは、“サムライブルー” …っぽい色のシャツを着て、応援してるよ!!



だって、日本国民が、こんなに1つになる事って、WBCか、ワールドカップぐらいでしょ?

国vs国との戦いジャン!

メンバーの中には、情報番組のスタッフもいるってのに、日本中が注目する戦いを応援しなくてもいいの!?

 

「じゃ今夜、楽しみです~!」

…って、何だよ!  

なんだか、オレが付き合い悪いみたいジャン!! 

 

何が何でも、オレは今夜。

サッカーは生放送で観て、応援するゾ!!!


ね! 皆さん、そうだよね? 

ガンバレ、ニッポン!!shineshineshine 

 

2010年6月25日 (金)

スーパーテネレ/XT1200Z 試乗インプレッション

先週6月16日に開催された「2010ヤマハ一気乗り試乗会」。

90台ものヤマハのバイクが集まる中、、、、
Rimg20311_2

ボクが一番楽しかったバイクがコレ!

Rimg20301
Super Ténéré
スーパーテネレ/XT1200Z


2010年の欧州モデルとして、東京モーターサイクルショーでも注目を集めていたバイクですが、

跨ってみると、、、 

Rimg20287_2

『えっ? コレ1200ccですよね?』 
と、スタッフに再確認してしまう程、意外とコンパクトに感じる。
(ショートホイールベースと、マスの集中化を図った結果の様です)

シート高も調整出来て、身長173cm。更に短足ぎみ(?)なオレでも全然安心な高さ。
(↑コレが低い状態だったのか、高い状態だったのかは不明です)

 

今までの“テネレ”といえば、'80~'90年代にパリダカを制した、オフロードバイクのイメージが高い。
でもコレは、オンロードバイク。

でも跨ると、ロードバイクとは思えない、冒険の匂いが……

Rimg20284
へっへっへぇ~~~。
んじゃ、行って来まーす!!

 

マスコミの注目の的でもある“スーパーテネレ”の、1媒体の持ち時間は15分。
この間に、試乗も撮影も行わなければならない。

1周≒5Kmの、伊豆のサイクルスポーツセンター・ロードコース。

上手く走れば(ガンガンに走れば?)、3周は出来るハズ……。

Rimg20291  

いや、スゴイスゴイ!
面白い!!

 

ファーストインプレッション!

・ものスゴイ加速感!
・軽量コンパクトなのに、1200ccのパワーだからか?
・1200ccとは思えない程、振動が少なく静か。
(コレは270度クランク 並列2気筒エンジンのせい?)


流して走っても楽しいし、ガンガン攻めても楽しい!

Rimg20288
この背の高く遠くまで見通せるライディングポジションと、
フロントスクリーンの向こうから流れてくる景色は、爽快そのもの。

このままパリダカに行ってしまう様な爽快気分!
(ちがう、ちがう! 昔の“テネレ”スプリットを継承した、オンロードバイクです)

 

登り下りもあって、狭い場所では≒8mのワインディングコースだってのに、
気がつけば、140km/hを超えてしまっている…。 

『ヤバイ! ヤバイ! 怒られる…!』と減速。。。
(※コースでの走りは、モニターで監視されているのです 

 

でもね。
前後のサスは良いし、ブレーキ時のバランスも良いので、こんなヘタッピなオレでも全然怖くない!

ってか、まだまだ行ける! って感じ。

 

このバイク、Moto GPマシン開発からフィードバックした技術も搭載!
トラクションコントロール機能を織り込んだYCC-T(ヤマハ電子制御スロットル)で、吸入空気量を制御するスロットルバルブが作動。
(モチロン、F.I[インジェクション]です)


走行シーンや好みにあわせて、2段階の走行モード[YAMAHA D-MODE]機能と、OFF機能があるのですが、開発の方が「スパちゃんなら」とコッチの方が良いよ! とスポーツモードをセッティング。

この2つのモードは、スロットルを全閉する事で、走りながらでも切り替えるコトが出来るのですが、このコースでは、スロットルを開けると直ぐに反応する[スポーツモード]の方が、ボクの好みみたい?

二人乗りツーリングだったら、もう一方のモードかな?

 

そう。走行中に気になるコトが1つ。

Rimg20290

急激なシフトダウンをすると、ブレーキペダルが“クイクイっ!”と上下に動くのです。

ガンガンに走っている時の突然の出来事に、ビックリ!!


コレは後で、開発の方に聞いたら、リニア制御のABSと、Unified Brake System(前後連動ブレーキシステム)が始動しているかららしい。。。

Unified Brake Systemとは、
前輪ブレーキレバーの操作により、コレに追従して後輪ブレーキの効きが生まれる機構。

車速や積載状況に応じて、後輪ブレーキの効力が電子制御でコントロールされる。

またこのUnified Brake Systemは、
たとえば、オフロード等で後輪ブレーキを積極的に使いたい場合など、
前輪ブレーキよりも先に後輪ブレーキが操作された場合には、Unified Brake System制御は解除となるらしい。


『へぇ~。スゴイね! 試してみたいね!』

と思ったものの、試乗中はなんせ“爽快感”が先に立ち、すっかり忘れてしまい、試せませんでした。。。。
(スミマセン…sweat01

とっても面白いし、楽しいバイクなので、3周では物足りず、YAMAHAの担当者に懇願してもう15分。 
3周する枠をコッソリ取って頂いちゃいました。。。

 

それにしても、、、、
この前、日本でも初表になった、ドゥカティの“ムルティストラーダ1200”。
コレ↓
002mts1200abs_3

といい、
トライアンフで言えば、1050ccのタイガー といい、
BMWでいえば、GSシリーズ。 

そしてヤマハの、スーパーテレネ。

 

この辺りの、ビック・デュアルパーパスモデルというか、オフっぽいオンモデルが、最近熱いよね? と思ったオレ。

 

で、開発の方に聞いてみました。

解説頂くコト、40分…。
『ふむ、ふむ!』
(ヤバイ。他のバイクの試乗時間が無くなるぅぅ~~~)

簡単に言うと、こんな感じです。

今までヨーロッパ諸国で大人気だった、スーパースポーツバイク(以下SS)から乗り換えるライダーが増えた。


その大きな理由はコレ
①年齢が上がって、SSはポジションがキツくなった
(バイク購入の平均年齢は44歳)

②スピード規制が厳しくなった

 

特に②の理由が多いらしい。

特にフランス人は、リュック・ベッソンの映画『TAXi』を見てもわかる通り、スピード違反のレベルが普通じゃ無いらしい。
(「出るだけ出す」って気質らしいヨ!)

 

そこでフランスでは、100PS規制がしかれたり、スピード違反を厳しく取り締まる様になったそうで、

約40km/hオーバーの違反をすると、「免許・バイクを没収されてしまう」事もあるらしいのです。

※そこまでじゃないにしろ、ヨーロッパ全体でのスピードに関する規制は厳しくなりつつあるとか…

こーんな最近の事情から、SSバイクを降りてしまう人は多いらしい。

 

で、次に買うバイク。
ネイキッド、ネイキッドも人気のバイクだ。。。

でも、、、
・荷物も沢山詰めるし、通勤にも使って疲れない。
・週末には、奥さんとのタンデムも楽チン。
・国境を越えて、アドベンチャーツーリングへ・・・

そんな理由から、“ビック・オンオフマシン”が人気になってきているのだそうだ。

事実、この「スーパー テネレ」も、
タフな国境を越えを難なくこなすベストツーリングマシン
セカンダリーバイクNo,1
(セカンダリー = 国道とか農道っていう感じ??)

が企画コンセプト。

ナルホドねぇ~。
とっても勉強になりましたデス!
(さっ、試乗に行かないと…) 



ちなみに、、、
『コレでモンゴルとかのラリーには行けますかね!?』の問いには、
「いいねぇ。正にピッタリだよ! でもかなり改造しないとならないから、大変だと思うよ!」

ジャンプテストはしているものの、「スーパー テネレ」自体はロードバイク。

更に軽量化した方が良いし、タイヤサイズも変更しなくてはならない。せっかくのABSだって解除した方が良い。

『でもソレはヤマハの開発者ならではの感覚じゃない?』

ボクの場合は、別に1位2位を争うワケじゃないからね! タイヤとホイールを履き替えて行ける気がするんだなぁ~~~。
(ダメかな?)

 

とりわけノーマルのままでは、「道を選ばない、万能ツーリングマシン」と捕らえた方が、良い様ではありますね!

 

 

いや~。
合計で30分。
トータルで約30kmの距離を試乗させて頂き、大満足なオレ。

いやいや。
本当は全然満足じゃない!

だってクローズドで、グルグル回ってるんじゃ物足りないヨ!

もっとガンガン乗れるコトロ。
(北海道とか? 出来たらヨーロッパの道とか?)

で乗りたいモン!

 

今度はプチ試乗ではなく、ヘヴィな試乗インプレを書きたい気持ちで一杯です。。。。


■Super Ténéré
(スーパーテネレ/XT1200Z)
[
2010年欧州モデル緒元]

水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ 
270度クランク 並列2気筒
総排気量:1,199cm3


最高出力:80.9kw(110PS)/7,250r/min

最大トルク:114.1N・m(11.6kgf・m)/ 6,000r/min

燃料タンク容量:23ℓ
全長:2,250mm
全幅:980mm
全高:1,410mm
車両重量:261kg
シート高:Low845mm/High870mm

タイヤサイズ(前/後)
110/80R19M/C 59V / 150/70R17M/C 69V

----------------------------------------

※@nifty バイクライフ
[YouTube バイクライフチャンネル]で、
試乗会の動画がご覧頂けます!

http://www.youtube.com/user/niftybikelife 

 

2010年6月24日 (木)

69歳の超人。 現役パリダカレーサー 菅原義正さん

Photo

この方、菅原義正さん。

現在69歳にて、世界一過酷なラリー「パリダカ」に、

ダカールラリー世界最多連続出場27回
ダカールラリー世界最多連続完走20回」の大記録を持つ

※(走行距離は1大会で約1万キロ。今はダカールラリーと呼ぶ) 

 
日本製のHINOのトラックに、コイノボリを着けて出場している…と言えば、NEWSなどで見たコトがある人も多いと思うんだけど・・・?Photo_3   

人は菅原さんを「ラリー界の重鎮」、「先生」と呼ぶが、

ボクは『日本一速い、“長距離トラック”の運転手』と呼び、いつも周りから「コラコラsign01 impact」と怒られている。。。

(スミマセン!sweat01) 
(菅原さんは、笑ってくれてますけどネcoldsweats01)

ボクんちの親と同世代なんだけど、オヤジ! って感じじゃなく、兄貴! って感じの菅原さん。
 

ダカールラリーにはもう何年も、トラック(カミオン)で挑戦し続けている菅原さんだけど、パリダカに一番最初に挑んだのは、オートバイ(41歳の時)。

69歳の今でも、オートバイ、クルマ、バギー等で、年間幾つものラリーに出場している。

 

ボクが出場したオートバイのラリーでも、菅原さんとは、何度も一緒に走っている! 
(というか、走らせて頂いています…) 

 

菅原さんの走り方。
走り出したら1日中、休まない。

ラリーには「SS」(競技区間)と、「リエゾン」(移動区間)があり、菅原さん、「SS」は特別に速いワケではない。

でも、休まないで走るから、1日中走ってゴールする時には1着か2着でゴールする。 

 

バイクのラリーなのに、ヘルメットはオープンフェイス。 コレは走りながらパンを食べる為。 

「僕にとっては、リエゾンこそがパリダカの練習だからね! 休んだら練習にならないよ!」と、菅原さんはビバーク地でニッコリしながら、美味しそうにビールbeerを飲む!good

全てが、「パリダカの為!」なのだ…。

 

菅原さん、この前の「トライアルごっこ」では、チームリーダーを勤めていました。

写真にも、ホラ!

Rimg20331
 

拡大してみると・・・・
Rimg20331_1

ネ! って、よくわからないか・・・

『菅原さん、ヘルメットが工事の人みたいですよ!』

と言ったら、、、

「コレはれっきとした、スクーター用のヘルメットだよ!」

とニッコリ!
 

菅原さんの時代は、トラアルマシンが無くって、みんなで作りながら走っていたのだとか。

当時仲間の名前をお聞きすると、皆さん、大御所の方達ばかり。 

 

そんな菅原さん。
TBIで走ってきた、ホンダXR-230のラリー仕様と、
(TBI=GWに開催される四国を走るラリー)

今度の7月に開催される「北海道4DAY'S」(北海道を走るラリー)出場用の、ヤマハ・セローのラリー仕様の2台が

「今なら、ガレージにあるよ!」
…と言うので、行って来ました!
 
  

ひゃぁ~、スゴイ!
Rimg20544

何だ? 手前のXR230は・・・

真ん中のセロー250も、かなりラリー仕様になっている・・・。


特にボクは、7/4に、セロー25周年の大イベント“SEROW Natural Holiday”にも行くので、 

Rimg20522_2
このセロー改には、興味深々。

Rimg20516 
Rimg20520
Rimg20531

至るトコロに、パリダカの“技”と“知恵”が入っている。

 

ラリー用に改造した“ポイント”については、
かなりマニアックな話しになってしまうので、「バイク乗り用の別の記事」として、UPしてご説明致しますね。

 

そう。でもコレはココでも伝えたい。。。
Rimg20528

ラリーはこう言う“コマ地図”と呼ばれる、距離と目印が書かれた地図だけで、ゴールを目指すのです。

コレが、オリエンテーリングみたいで、ドコを走るのか、ミステリアスでオモシロイ!

そんなに難しくないラリーも沢山あるので、
皆さんも是非、一度は参加してみては!?

 

ボクがセローやXRの写真を撮っている間に、ボクのバイクを見た菅原さん。

「スパ太郎ちゃん、このタイヤで走ってたらダメだよ!」

と、気になっていたトコロをブスリhairsalon shocksign03

 

そうなんです。
タイヤ交換しなきゃなぁ~。
一人で交換するの、大変だなぁ~。
なんて、ずーっと思っているウチに、タイヤ交換サインまで、スリ消えちゃった状態だったのです。

 

「交換のタイヤ、ウチにあるから、今交換してあげるよ!」と菅原さん。

『えっ? ホントですか?』 って言いながら、引き続きセローやXRの写真を撮っているウチに、

あっ!という間にタイヤが外されてしまった。。。
Rimg20548

汗だくになりながらも、菅原さん。

タイヤ交換の講義をしながら、前後2本のタイヤを交換して下さいました。。。

(タ、タ、タ、タイヘン申し訳ございません。。。)

実はボクのこのバイク。
今までは街乗り一辺倒で、オフは走ったコトが無い“街乗り用BAJA”だったのですが、、、、

お陰様で、
こーんなだったタイヤは
Rimg20551


Rimg20550
フロントは ミシュランのT63。
リヤは、ピレリのラリークロス となりました。

 

コレはモッタイナイから、これからはオフにも走りに行かないと…!

菅原さん、本当にありがとうございました!

ハイ!m(_ _)m


菅原さんの会社
“JRM”(日本レーシングマネージメント)のHP
 

http://www.j-r-m.co.jp/
ラリーを始め、オフロード情報が沢山載ってるヨ!

 

※追記!
2001年パリ〜ダカールラリー
菅原義正さん率いる「TEAM SUGAWARA」のレース・オンボード映像がご覧頂けます!

あっ!とおどろく放送局
TEAM SUGAWARA パリ~ダカ道
http://www.odoroku.tv/car_bike/paridaka/index.html  

 

※ガレージでの撮影は、
24mm広角レンズ搭載の“GX100”で撮影です
 

 

2010年6月23日 (水)

トライアルは、メチャクチャ楽しいヨ!

Photo
スパ、キ~ック!

JMM(ジャーナリスト・モーターサイクル・ミーティング)の、トライアルごっこに参加しました!

 

トライアルはね、スピードを競うんじゃなくて、コーステープ内を足を着かずに、セクションをクリアする…っていう競技。 

  • 1回足を着いたら、1ポイント
  • 2回なら、2ポイント
  • 3回以上着いたら、3ポイント
  • エンストやコースアウトは、5ポイント

(ホントの競技なら失格! ってコトもあるよ)
ってな感じで、減点数が加算されて行くのです。 

 

セクション毎に減点をスコアカードに書いて回るので、感覚的にはゴルフに似てるかも?

 

時速は10キロ程度。
通るラインをよーく考えながら下見して、トライ!

Rimg20336  
あぁ~あぁ~。
足着いちゃうは、コースから出ちゃうは。。。

コレがまた、思うように走れない。
意外に難しいから面白い!
だから毎年参加しちゃうんだよね!

 

 

JMMには、二輪業界では超・有名なジャーナリストや、メーカーの枠を超えた二輪業界の関係者らが中心メンバー! 

 

この方、主催者の一人、ジョッパさん。
Rimg20436
ロシアンラリーのスタッフでも有り、ボクは3年連続、ロシアでお世話になりました。。。

レースカメラマンとしても、かなりの重鎮なお方。

若いカメラマンが先にベストポジションで陣取っているでしょ!
後から来たジョッパさんが、「オイ! 邪魔だからどけ!」って退かしちゃうウワサもあるくらい。

本当はとっても優しい方だし、このウワサがホントかどうかは知らないけど、「ジョッパさんの勢いじゃ、あり得るかも?」 って思えちゃう程、パワフル。 

ボクも毎年、「オイ! スパ太郎!」と、優しく?面倒頂いております。。。

ハイ!sweat01  

 

Rimg20323_2  
↑準備運動を仕切るこの方も、YAMAHAの開発の方。

NEW VMAXなども手掛けている方です。
(NEW VMAXを作ろう! と言った言いだしっぺの方)

2009年3月11日 (水)のブログ記事「新型VMAX 記者発表会へ行ってきた!」では、スーツで記者会見に臨んでいました。

ご参照:コチラ

↑ね! 

Rimg20326  
子供スクールも有るし、家族や友達も参加して、雰囲気は和気あいあい。

Rimg20369
んじゃ、行ってきまーす!
 

 
そうそう。
時速は10キロぐらいだけど、転ぶ可能性なので、格好はちゃんとしないとネ。

Nofear_3
↑コレ。この日の為に新調した“No Fear”SPECTRUMのジャージとパンツ。それにグローブ!
 
転んだら間違いなく強打してしまう膝や肘は、パンツやジャージの下に、ハードプロテクターを装用。 
 
コレで安心して遊べるってワケ。 


あっ、オフロードブーツも必需品ね。
ちなみに今まで使用していたイタリアブランドのを履いて、バックルを留めたら、、、、

バコッ!っと、プラスチックのパーツごと、取れてしまった。。。。。

Rimg20510  

ありゃ。。。
このブーツ高かったのに、ダメだなぁ。
最近このメーカーのブーツ、「プラスチックが劣化しちゃうんだよね!」なんて話しを良く聞くんだけど、まさかこんな大事な時に壊れてしまうなんて…
 
急遽、物置の奥から出した15年ぐらい前の“ONEAL”のモトクロスブーツを使用。 なんかペラッペラなブーツで疲れました。。。
(当時¥1万-くらいで買ったけど、劣化はしてないねぇ…)

 

 

参加者が100名を超える中、今回のチームはこんなメンバー。
Photo_2
Hondaのクリさんと、映画・ドラマの制作スタッフ、コミさん以外は、「はじめまして!」の方達。 

 

Photo_3
チームリーダーで、Honda/HMJのクリさんは、流石の走り!
初心者向けのオフロードイベントを仕掛けている方でも有ります。

 

「バイクに乗るのは年1回、JMMのイベントだけ!」って言う、TOYOTAのコジさん。
いや、なかなかの走りだよ!
Rimg20408  

みんなが見てない時に、コケかかっていましたが…
Rimg20409  
ボクはシッカリ、カメラで追いかけてましたヨ!scissors
この日のカメラは、リコーの防水・防塵カメラ、G600です

 

普段はR1(スーパーツポーツバイク)に乗っていて、トライアル初体験。カメラマンのハセさん。 
Rimg20348
この後・・・・ 

崖(?)から落ちてしまいました・・・
Rimg20347  
なんで???

※プロテクターしてるから大丈夫! 

 

『林道ツーリング行こうよ!』と数年前から言ってはいるものの、ななかな一緒に行けない、CB1300と、ディグリー(250ccのオフロードバイク)に乗ってる、コミさん。
Photo_7
Rimg20377
ヘタレなセクションと、

Rimg20406_2
決めてくれるセクションと、両極端!

Rimg20389  
「えっ!? ソコで転ぶの???」 って、ココでもみんな大爆笑! 

 

 

Rimg20385

普段はセロー(225ccのオフロードバイク)に乗っている小柄なmakiちゃんと、関西ではスーパースポーツバイクに乗ってブイブイ言わせていた“うえむん”。

特に女性陣2名は、トライアルは初めての様で、下見にも余念が無い!

 

『ホラ。もっとコッチに優しいラインがあるよ!』と教えるものの、

「いやいや。 せっかくだからチャレンジしたいナ!」
「女は度胸だもんネ!」と、

Rimg20351

Rimg20381_1  

Rimg20383

2人とも、どのセクションでも果敢にチャレンジ!!


良いね、良いね! 
チャレンジャーで…happy01good 

 

でも“うえむん”。
Rimg20398
↑この後、このまま大ジャンプしてしまい、正面の木に大激突!!

バイクは木に引っかかって、直立!
“うえむん”は、大転倒!!

はぁ~sweat01
みんなビックリ! だったけど、大事に至らなくてよかった…sweat01 

※衝撃映像を、コダックのヨッシーが、自社の新製品、“Play Sport”で撮っていたので、何処かでお披露目出来るかも?
 

Rimg20366
最初はちょっと“ヘッピリ”だった“うえむん”も、

衝撃シーン後にもメゲずに沢山乗って、楽しそうに乗りこなしてました。。。
Photo_4

 

いや~、楽しい!
オフロードにハマっちゃいます!heart04
 と、“うえむん”。

そうでしょ! そうでしょ!?

 

で、ボクの走りはどうだったかと言うと…

Rimg20393
こーんな風に、足を着いてしまうシーンは度々あれど、 

Rimg20391
Rimg20392
Rimg20375  

果敢にチャレンジするものの、転倒は無く、、、、

Photo_5
Rimg20374
Photo_6  

笑いに貢献できるシーンが有りませんでした。。。

(↑って、なんで笑いに持って行くのかがヘンでしょ!) 

コレもJMMに参加する事、10余年のお陰様でござます。。。

  

最後に、
トライアル国際A級スーパークラスライダー、全日本トライアル選手権チャンピオン。

世界にも通じる、小川友幸選手の、神業をご覧下さい!
2
5
4
6 
7
8  

1   

パチパチ!shine と大歓声と大拍手!shine

スゴイ!!shineshineshine

 

3
ホンダのライダー、小川友幸選手が走り、 

普段はライバルメーカーである、
ヤマハの木村治男さんが解説をする…ってのも、JMMならではです。

  

みんなバイク好き!ってコトだよね。 

 

※カメラは、雨でも泥んこでもヘッチャラ
ヘヴィデューティなカメラ、G600を使用sign03

 

2010年6月18日 (金)

“オランダ大使館”潜入で見た、本当のオランダ事情!

さっ! いよいよ明日対戦するオランダ。

TVでも、「対戦相手のオランダってどんな国?」なんて、色々やってますが、

実はボク、今年の春に、オランダ大使館に潜入して来たのです。 

 

…というコトで、明日の日本代表の勝利を願いつつ、
スパ太郎が見た、対戦国オランダとは?」を、ちょっと。

 

 

そもそも、ボクがオランダを訪れたのは、21歳の時に遡る。

正にこーんな時代に、オランダ代表の選手達は育ったのです。


モーリス・ベジャール振り付けのバレエ、「ザ・カブキ」(東京バレエ団公演)に出演していたボクは、5カ国9都市、ヨーロッパ公演の最後の地が、オランダ・アムステルダムだったのです。

 

今のオランダはね。 
政府の改革(ワークシェアリングや、社会保障の充実)によって、とても良い経済状況となりましたが、当事は、とっても不況な時代。  

特にアムステルダムは、国際的な港町で色々な国籍の人がいる街。

 

とても治安が悪く、「ドラックが蔓延しない為に、ライトドラックであるマリファナは解禁されているんだよ! でもダンサーなら勧められてもダメだよ!」 と現地のダンサーから説明を受け、ビックリ!

 

カフェに入れば、マリファナのメニューが普通に出てくるし、街でも、怖そうな売人からマリファナを勧められたオレ。

『アイム ノー スモーキング!』と、断ると、

「アーユー、スポーツマン?」

『Yes.Yes。I'm スポーツマン!』

「Oh~! Sportsman! Yes.Yes。。。」と、どこかへ行ってしまった。 

 

そっか。解禁されてるとは言え、スポーツマンはやっぱりマリファナはやらないんだナ! 

と、妙に納得。

 

そんな一角に、アンネ・フランクが身を潜めた家があったりもする。

 

宿泊したホテルニューオータニの日本人スタッフからもね、
「特にこの辺りは、NYよりも治安が悪いですから、絶対に行かないで下さい!」と、地図に赤丸をつけられたエリアが有った程。

(当事はNY郊外も治安が悪かった…) 

 

実際にボクは、
特に危険エリアではナイ、観光地としても有名な“ダム広場”付近で、スリにあい、犯人達8人程と、大乱闘になったのです。。。

遠巻きに見ている人は沢山いるのに、誰も助けてくれない。 それどころか、ボクの財布から落ちた小銭に、皆が群がっている。

(殺されなくて良かった…)  

 

フランス、イタリア、東ドイツ、西ドイツと、ヨーロッパ5カ国公演「最後の国」でありながら、今までとは全く違う様子に、カルチャーショックの連続でした。 

 

正にこんな時代に、オランダ代表の選手達は育ったのです。。。。 

  

 

そして、あれから、≒20年。

Rimg20316 

先日発売になった「トコトン楽しむスポーツ自転車の本」の取材の為、
ボクは、自転車大国のオランダ大使館へ潜入取材を行ったのです。

(あれ? amazonへのアフェリエイトって、どうやってやるんだ???) 

 

Rimg18785_2
おぉ! 懐かしい、オランダのマーク。 

自転車大国、オランダの自転車については、
Rimg20317
同じく、自転車発祥の地ともされる、ドイツの事情と共に寄稿しています。

へぇ~。
日本の自転車インフラも、こうなるベキだよなぁ~と、とっても参考になるコトばかり。

本、見てね!
特に国交省、警察庁の方には見て欲しい…
(だから、amazonのアフェリエイトがわからない…)

 

で、大使館潜入で観たモノ。
Rimg18786
オランダの代名詞、チューリップと、、、

Rimg18798
電気自動車、アイミーブのオランダ大使館仕様!

おぉ~!!
オランダは、環境先進国でもあるもんネ! 

 

オランダ大使館、広報担当のBさん(オランダ人)と、本題のオランダの自転車事情について、インタビュー。

『まず、オランダはどんな国ですか?』と聞くと、、、

「オランダ、サッカー強いですね。今年のワールドカップ、優勝はオランダですよ!」 

 

へっ!? 自転車の取材なのに、何でサッカーの話し?

「オランダ人は、とにかくサッカーが大好き!」(あと、ビールbeerも好き!)の様だ!

 

いや、サッカーのみならず、国民総じてスポーツをするコトが大好きみたい。

 

オランダ人の子供が“絶対!”に習う、3つのコトがあるそうな。

  1. 水泳
  2. アイススケート
  3. 自転車 

↑コレみんな、スポーツじゃん。
しかもみんな全身運動だったり、有酸素運動だったり、だよね。 

 

つまり、子供の頃から基礎体力が養われているってワケ。

 

特に自転車。

自転車はね、4歳頃に親からプレゼントされ、交通ルールやマナー、乗り方等を、徹底的に教わるらしい。

学校の授業でも「自転車の乗り方」やライセンス等が有ったり、おじいちゃん、おばあちゃんになっても、一生乗り続けるのだそうな。

 

と言うのも、人口密度が世界第2位の、オランダにとって、自転車は一番効率的な移動手段。

公共交通機関にも自転車は持ち込めるし、自転車所有率は、一人 1.1台と、世界NO,1。

 

Rimg18796  

コレや、コレ

Rimg18805
(コレは、ジャイアント・オランダ仕様)  

 

こういうのが、オランダの一般的な自転車。

“ママチャリ”ならず、おばあちゃんも乗るので、“ババチャリ”と呼ばれているらしい。

  

しかも26インチや27インチではなく、28インチが殆ど。
(オランダ人は、国民平均身長190センチ以上と、コレも世界一)

 

で、 注目は、ココ↓
Rimg18806
ドラムブレーキで、、、

Rimg18808
スプロケ(ギア)が、メチャクチャ小さい ってコト。 

(日本のスポーツ車よりも小さいかも?) 

 

ドラムブレーキなのは、
距離を沢山乗るので、消耗部品のブレーキはコストパフォーマンスの良さから。
(どんだけ乗るの?)

 

スプロケが小さいってコトは、、、
スピードを出して乗っている = 漕ぐのが重い = みんな脚力がある 

ってコト。 

 

日本人の様に、サドル低めセッティングではなく、全身の力が効率良く駆動力になる、高めのセッティング。 
(脚を伸ばした時に、膝が軽く曲がる程度の高さ)
 

“ババチャリ”は、日本の“ママチャリ”の様な、ゆる~い乗り物ではなく、スポーツも兼ねた乗り物。

子供から、おばあちゃんまでもが、このスピードが出るセッティングだからね。

全ての国民の移動手段が、基礎体力や脚力UPに繋がっているってワケだ・・・!

 

ちなみに、インタビューをしたBさんも、日本にいたってモチロン、通勤も都内移動も全て自転車。

オランダでは国会に通う大臣も女王陛下もみーんな自転車で移動するそうな。

※王室が自転車で移動する姿は、コレに載ってるよ!
Rimg20316_2

(だから、アフェリエイトがわからない…)

 

子供の頃から、水泳、スケート、自転車で全身を鍛えられ、
特にサッカーは大衆スポーツの人気NO,1 だと言うオランダ。

(オランダのサッカー連盟KNVBは、会員100万人を抱える国内最大のスポーツ組織です) 

 

ですから、ワールドカップ優勝は、オランダですよ!」 と、自転車インタビューは締めくくられました。 

 

ちなみに、在日オランダ大使館HPにも、

「サッカー、サイクリング、スケート」
が、国民のスポーツとして大々的に紹介されています。

http://japan.nlambassade.org/

日本語ページで、
【オランダという国】→【スポーツ】をクリック
  

  

そんな明日のオランダ戦。

ガンバレ! ニッポン!!

 

2010年6月17日 (木)

FZ8と、スーパーテネレ/XT1200Zに乗ったヨ!

はーい!
行って来ましたヨ! 

伊豆のサイクルスポーツセンターで開催された、「YAMAHAの一気乗り!」イベント。
(プレス向けのイベントです)

 

心配していた天気は、東京を出る時は豪雨だったものの、着いたら晴れ!

やっぱりオレは、晴れ男? と自画自賛。
(出演するイベントは、sunることが多いのです。ホントですhappy01)

 

会場には、ヤマハのバイクや自転車が100台以上もズラリ!
Rimg20311  

電動アシスト自転車のPASが10台。 バイクは90台以上あったかな?

 

2日間で、60媒体以上が集まったそうな。 

 

そんな中に、ボクも混ぜて貰いました・・・。 

 

※えーと。
ココで、お詫びです。



超・有名メディア ズラリリスト 写真

ここに、[超・有名メディア、ズラリ・リスト]の中に、ボクだけ「近藤スパ太郎」と個人名が書かれた写真を掲載したのですが、実はこの中に“秘密情報”が入っていたコトが判明!

ボクの判断で削除させて頂きました。
申し訳ございません。

[超・有名メディア、ズラリ・リスト 写真]の替わりに、、、

[超・有名メディア、後頭部 写真]と差し替えさせて頂きます。

Rimg20240

最初の写真を見れた方は、ラッキーと言うコトで…
6/18以降に見た方は、ご想像でお楽しみ下さい。

コピペした方は、情報漏らさないで下さいネ!

削除と訂正:6/18 (記:スパ太郎)

↓ここから、本文です  

 

ねっ! ボクだけ個人名で、恐縮です…coldsweats01sweat01 

でも、コレのお陰で、「スパ太郎って、君?」とか、「おぅ! スパちゃん来てたの!?」と、沢山お声掛け頂きました。 

(ヤマハの担当者に感謝sign01)
 

  

メディアの方の中にはね、ホラ。 このブログをサポート頂いている【@nifty バイクライフ】の方も・・・。 

『ボク、ブログに載せるんで、写真撮れたら撮って下さいよネ!』とお願いしたトコロ、

「いや、僕も今日は乗るのがメインで来てるんで…」と、とっても迷惑そうでした。

(ナニィ!?  オレのブログ、盛り上げてくんないの!?) 

 

やはり「取材メイン」ではなく、「自分の楽しみ」で来たな!?

ちなみに、ドコの取材にも「バイクの自走」で行く、メチャクチャ バイク好きな担当者なのです・・・

  

  

メディアの注目は、なんと言っても日本での試乗が“初”となった、

Rimg20258
「FZ8」779ccと、、、、

 

Rimg20284
「スーパーテネレ/XT1200Z」 

 

欧州・濠州市場向けに発売になったばかりの、超レアマシンに、ボクも乗っちゃいましたhappy01good  

 

しかもの写真は、マシンを開発した方直々に撮って貰っちゃいましたsmile
(niftyの担当者は、案の定バイクに乗りっぱなしで殆ど見かけず…weep)

 

 

走り出すと、、、

いや~、スゴイ! スゴイ!

面白い!!

 

こんなに乗りやすいバイク?

ヘッポコなオレでも、コレならガンガン乗れちゃうヨ!!!

 

特にオフロードバイクが大好きなボクは、スーパーテネレの試乗枠だけでは足りず、懇願して沢山乗らせて頂いちゃいました。。。

  

マシン開発をした、商品企画担当、ボディ設計担当、エンジン設計担当の方々にも、色々とお話しを伺うコトが出来ました。

モチロン、「FZ8」と、「スーパーテネレ」だけじゃなく、他の車両にも沢山乗りましたヨ! 

プチ・インプレについては、一気には書けないので、申し訳有りませんが、追ってUPしますネ!

バイク好きな方は、お楽しみにネ! 

  

あっ、開発の方の印象的な言葉。

「ライダーの笑顔が、我々の目標なんです!」

「そうそう、ヘルメットの中がね、笑顔じゃないと!」

そんなYAMAHAの開発の方って、みーんな笑顔で、仕事がとっても楽しそうです! 

  

じゃ、追って。。。

2010年6月15日 (火)

コラコラ! ボトルKeepで遊ぶんじゃナイ!

 

家族でよく行く、近所の庶民的な焼肉屋。

 

新顔のバイト君かな? が、オーダーを取りに… 

「お飲み物は、何になさいますか?」 

『えーと、焼酎のボトルが入っていたハズなんだけど。。。 えーと、名前は、、、オレの名前で書いたっけ?』

と、妻の顔を見るボク。

 

すかさずバイト君が
「あっ、近藤様ですよね? ボトル入ってます! わかりますから大丈夫です!」

 

スゴイなぁ。 教育が行き届いているなぁ……。 

  

で、出てきたボトルがコレ。

Rimg19821

そういう事か。

 

でも、いつの間に?

 

でも、なかなか特徴を掴んでて上手いな!

と、妻が描いたイラストに脱帽。

 

ちなみに、娘も描いたと言う、自画像

Photo  

・・・この“首”はなに!? 

 

 

2010年6月14日 (月)

家庭菜園。味は最高!

Rimg20234  

昨日は、梅雨入り前ギリギリだったけど、畑作業をしといて良かった。。。

 

現在、畑の殆どを占拠するジャガイモがね。

まだ葉が青々していて、収穫には早い様なんだけど、土(うね)から出てきちゃってるんだよね。

だから昨日は、ジャガイモに土をかぶせてあげました。

 

写真のジャガイモは、作業中に“コロン!” と取れてしまったモノ。

男爵と、きたあかりの2種。 

ロメインレタス、オニオン、レッドオニオン(それぞれ1個づつ)は、同じ農園の方からの差し入れ。 

 

帰りに、近所に出来たベーグル専門店で、ブランチ用のパンを買い込み、取れてたての野菜は、妻がサラダにしてくれました。

 

収穫して直ぐ野菜。
なんてこんなに甘いの? 

特にロメインレタスが、やわらかくて甘い。

素材の味だけで、パクパク。 

「ロメインレタスだから、チーズが合うんじゃない?」と、妻がKiriのチーズを持ってきた。 

うん、やっぱりチーズとの相性バッチリ!

取れたてなら、美味しいシーザードレッシングなんて、いらないネ!

 

このベーグルも美味ヨ!

アメリカの小麦を使った“NYベーグル”は、小麦の香りが濃い!

日本の小麦を使った“和ベーグル”は、表はサクッ!と、中はモッチリとした食感!   

 

そして、ウチのジャガイモも、かなりいい出来具合。 

と、全部が全部、旨いgood

 

男爵の方は、ちょっとまだ若い味だけど、“きたあかり”はモチモチした上に、味も濃くってホント美味い!

本格的な収穫は、2週間~1ヶ月ぐらい後かな?

 

あっ、ラベンダーも沢山摘ん来て、寝室で良い香りを放っています。

ラベンダーって、花よりも茎の部分の方が香りが強いんだね!

はじめて知ったヨ… 

梅雨入りで、早々の悩み事

今日から関東地方も梅雨入りだってsign02 

梅雨入りだってのに、今週は“2つ”のバイクイベントに参加予定です。

 

1つは週末のトライアルイベント。

もう1つは、明後日の「ヤマハ・一気乗り」イベント。
コッチは完全に、「雨」だねぇ。。。

(ヤマハのバイク全部を一気に乗る、マスコミ向けのイベントです)
(ボクは明後日に行く予定。 マスコミ各社の皆様、宜しくです☆)

 

ん~。 クルマで行くか、バイクで行くか。

悩むトコロだ・・・

 

夕方6時には一度帰宅したいので、時間が読める…って意味じゃバイク。 

 

でも一番の問題は、今、完全防水のブーツが無いってコト。
(有るんだけど、HRC(Honda)ブランド。YAMAHAのイベントに行くのにコレじゃぁねぇ。。。)

とは言っても、今手元にあるバイクは、HondaのXR-BAJAしか無いワケだけど・・・
(でもコレは、会場端っこの離れたパーキングに止めちゃうから、許してネcoldsweats01sweat01

 

朝から12時間も、ブーツん中がグチョグチョっての、嫌だよなぁ…… 

朝から12時間も、カッパ着てんのも、嫌だし……
(しかも室内での説明会も有り、濡れたカッパを脱いだり着たりも大変gawk)

と、梅雨入り早々、弱腰なオレ。

 

雨の日でも、ちゃんと装備して走り出しちゃえば、なんてこたぁナイんだけどさ、ヤッパリ晴れの日と比べちゃうと、気持ちはブルーmistだよね。

 

まぁそうは言っても、カッパ、レインブーツカバー、レイングローブの準備はしとかないとネhappy01good 

晴れろ~、晴れろ~、晴れろ~
晴れろ~、晴れろ~、晴れろ~

 

2010年6月12日 (土)

“コストコ”の証明写真にビックリ!

コストコの店員って、外国人も多いよね!

日本人店員でも、名札には「MISA」とか「YUKIE」とか「SATOSHI」とか、苗字ではなくて、ファーストネーム(名)で書かれている。

 

店員同士、ファーストネームで呼び合っているせいもあるのかな?

日本にいながら、アメリカンな感じ。 

Rimg20217  

この前、更新となったコストコのメンバーズカード。 

 

コストコのメンバーズカードの裏には、その場で撮影した“証明写真”が載るんだよね!

“証明写真”ったて、受付のPCのWebカメラで撮影するからザラザラの顔写真。 

 

最初は、『えっ??? コレで良いの?』と、ビックリしたなぁ~。

 

そして、今回の更新でも

「ハイ。コチラ新しいカードになります!」と渡されて、やっぱり証明写真にビックリ!  

『えっ!? こんな写真で平気なんですか!?』

Rimg20219  

「ただ今、店舗のカメラが調子悪いんです。 でも皆さん、細面(ほそおもて)になった! って喜ばれてますよ!」と、ニコニコ陽気な店員さん。 

 

そう来たか…

イヤ、オレが言ってるのは、
『証明写真なのに、後ろに知らない人が写ってて良いのか?』ってコト。 

 

誰だよ! オレの後ろにいるの・・・ 

 

「もう、印刷しちゃったんで平気ですよ!」と、全然気にしてない店員さん。 

 

 

で、

全体的には、こーんな裏側になりました!

Rimg20218  

 

誰だよ! オレの後ろにいるの・・・ 

 

店員さんは気にならなくても、オレ的には、とっても嫌な感じです・・・ 

 

でも、

この外国的なアバウトな感じ。

 

基本、好きです♪ 

 

 

2010年6月 9日 (水)

オレん家は、発芽ラッシュ!

ウチのベランダは発芽ラッシュ!

まず、娘の教材の付録の“ひまわり”。

Rimg20178

種を撒いて、5日目。 
芽が出た! 

 

Rimg20179

翌日の6日目は、葉が開いて他にも芽が出た! 

 

Rimg20189

そして8日目。
 

 

Rimg20193

10日目の今日。

 

「パパ! 勝手に写真撮らないで! って何度も言ってるでしょ!」と娘。 

 

植物の成長の早さに、すっかり毎朝が楽しみなオレ!

 

 

そして本日は、、、
Rimg20211_1

娘のもう一つの教材、オジギソウの芽も出た!
(種まきから4日目) 

 

「パパぁ! だから写真撮らないでって言ってるでしょ!angry angry angry

『いいジャン、ケチ!!』

 

おぉ! ホラ、見てご覧! こっちのは沢山“芽”が出てるよ! ホラ!

「うわぁ~。ホントだ!!! スゴイね、パパ~sign03

 

6歳なんて、単純、単純。 

もう怒ってないhappy01 good

  

そう。
苗にして畑に植える用のも、本日突然の大量発芽bud! 

Rimg20205   

小松菜、サラダ菜。
コレはなんだろう・・・?

 

 

でも、一番楽しみで、大事なのはコレ!

Rimg20204

えだ豆~sign03 beer beer beer 

  

『ホラ。見てご覧。 もう豆になってるヨ!』 

 

あれ? いない。。。

ご飯たべてる・・・ 

でも“えだ豆”(大豆)って、発芽状態でも“”なんだねぇ~。

この土の下、根っこの部分も“豆”から芽が出てるんでしょ? 

不思議だtyphoon 

 

「写真なんか撮ってないで、早く朝食食べて頂戴!angry」 

と、妻のおかんむりの声! 

  

発芽ラッシュに、我が家で一番興奮しているのは、ボクの様です。 

  

もっとも子供の頃に、こーんな風に植物の成長に興味があって、観察力があれば、理科の成績も、もっと良かったと思うんだけどなぁ~~~ happy01

 

2010年6月 3日 (木)

娘の宿題をみて、行く末が心配なパパ…

ゴールデンウイークが明けてから、毎日宿題を持ち帰る小1の娘。   

表面は学校でやり、裏面が宿題。

Rimg20172  

”  だったら、、、

最初の2行は、表面でやった“やを正しく書く練習。

  

後半2行は、「“や”の付く言葉」を自分で考えて書く。

“やぎ”、“やさい”、“やかん”、“たいやき”。 

 

“しりとり”の様なこの作業。
1年生にとっては、コレが結構な時間が掛かる。。。 

 

毎日2枚~3枚の宿題は、結構大変な様だ! 

 

だけど、、、

”の付く言葉は、結構早く出来た!

“めだか”

“まめ”

“かもめ”

“つばめ”  、、、

 

ん!? なんだ??

Rimg20176

“めんま” ??? 

『どこから“めんま”なんて発想が…?』 

 

 

ちなみに“”のつく言葉では、、、

Rimg20175_2

3月にちゃんと教えたのに、

まだ半濁音の“◎”が直ってませんでした・・・

先生も、まだ習っていない文字は、訂正しないみたいです。。。 

(“◎”になっちゃったのには、娘なりによーく考えた理由が有りました。3月10日の記事) 

 

未だ、娘の行く末が心配なパパです……

   

2010年6月 2日 (水)

セロー25周年“SEROW Natural Holiday”来てネ!

 

ボクにとっては、とっても感激的なイベントオファーを頂きました。

Rimg20165  

 

発売から25周年を迎える、ヤマハのバイク・セロー。 

Photo_2
(250ccのオフロードバイクです) 

 

25周年を記念して開催される、セローミーティング“SEROW Natural Holiday”の司会にご指名頂きました・・・。

(7/4(日)ですよ(^^)/ ) 

おぉぉぉ! YAMAHAの歴史あるバイクの、なんと光栄なオファー。

 

でもどうしてオレが?
オフロードが大好きだから?

  

それとも以前雑誌で、、、

Rimg20170  

セローに跨り、“華麗なライテク”(?)を披露したコトがあったから?

Rimg20169  

 

※別冊Lightning Vol.42 ヘビーデューティ・ライフより

Item24461p1
まだ購入できます 

 

 

いやいや。

ボクのライディングが“華麗”なのは、 

完成度が非常に高く、軽くてとっても扱い易いセローだから、ボクでもこーんなライディングが出来ちゃうのです。 

(ホントです!) 

 

セローといえば、

先日のモーターサイクルショーでも、25周年の限定モデルが発表されたばかりでしょ?

Rimg19270  

Rimg19274
受注期間限定モデル

ヤマハらしく、自然に優しいイメージのカラー。
7月下旬頃から、街中で見かけるコトが出来そうです。

 

 

とにかく、楽しいバイクイベントは、ボクにとっては、とっても嬉しいお仕事。 

とってもテンション高い状態です☆

楽しいイベントになる様、頑張らせて頂きます。 

ハイ!

  

 

早速ヤマハへ打ち合わせに伺うと・・・

「来年も開催出来るかどうかは、スパちゃんに掛かっているんだから頼むよ!」と、担当者の談。

『えっ? ボクですか??』 

いつもながら、担当者からの軽いジャブ的なプレッシャーの洗礼。 

 

それにしても、25周年の今年のみならず、来年以降の開催も眼中にあるとは… 

「まっ、今年が成功すればだけどね!」 

 

そっかぁー。
益々頑張っちゃうゾ!!

何を持ってして“成功”なのか…。 

 

やっぱ、参加者の声でしょ!!! 

 

セローのオーナーの皆さん。
是非とも、お友達お誘い併せの上、ご参加下さいね。

 

ちなみに、とっても心の広いイベントで、
セローじゃなくても、セローが気になる方なら誰でも参加OK!

親子バイクスクールも有るので、ご家族でクルマでの参加もOK!

 

と、早くも参加募集までしちゃってるオレ!

(頑張ります! ) 

 

7月4日(日)開催
SEROW Natural Holiday”イベント情報!

■場所:御殿場馬頭塚 特設会場
(東名御殿場ICから、15分ぐらい?)


開催時間:9:00~

入場無料
入退場自由

※親子で楽しめるイベントです
※セローでなくても楽しめますが、セローで来れば、もっと楽しいです 

 

全体的には、
とってもゆる~いイベントですので、お気軽に来て下さいね。

情報はヤマハのHPでもご覧頂けます
SEROW25th記念サイト

http://www.yamaha-motor.jp/mc/serow25th/

 

 

このブログでも追って、
イベント情報をお知らせしますネ♪ 

 

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31