フォト

twitter

【新連載】 BBBコラム『実録・近藤スパ太郎の盗難バイク奪還記!!』

[寝てる間に視力UP!]スパ太郎の“オサート”体験記 

無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の8件の記事

2010年4月28日 (水)

“オサート”と“クロスリンキング”の可能性

まだ医学会でも発表されていないそうで、このブログがいち早くの“チラ報告”の情報になるのかも知れません。。。

プチ・リーク”って言うの? こういうの。
(うそうそ)

 

さてと。

先日の診察でね。
三井メディカルクリニックの三井院長が、ボクにチラリと語っていたのが、
『“オサート”治療の先にある“クロスリンキング”の可能性』です。

 

「クロスリンキング」とは、角膜の強度を高める(固める)コトで、円錐角膜などの進行を防ぐ治療。

具体的には「ビタミンB2の投与」と「紫外線(UVA)の照射」で固めるのだそうだ。

「クロスリンキング」は日本ではまだあまり聞きなれない治療だけど、欧米では既に円錐角膜の治療の一つとして確立されている療法らしい。

(アメリカではFDAも認めているって言ってたかな?)

 

実はここ1年半ぐらいかな? 

三井先生は、ヨーロッパやアメリカの学会に頻繁に出席していたので、ボクもなーんとなくは、先生との雑談で、クロスリンキングの可能性について聞いていました。

 
それがいよいよ、三井メディカルクリニックでも本格始動したのです。

「円錐角膜」ってのは、、、

文字通り、角膜が前方に、円錐状に突起してしまう疾患。

角膜の形状が変わるわけだから、ピントが合わず、視力は低下。

進行と共にメガネやソフトコンタクトレンズなど、通常の方法では視力矯正が不可能となってしまい、特殊なハードレンズを使用するか、

あるいは最終的には亡くなった方からの「角膜移植」を選択するしかない、治療に難渋する病気なのだそうだ。

 

そう。この角膜移植の話し。

バイクのツーリングでスリランカに行った時に、スリランカから日本に、角膜が送られているコトを知りました。

戦後のサンフランシスコ講和条約会議で、敵国だった日本に対して「憎しみは憎しみによって止まず。愛によってのみ止む!」と、仏教用語を引用し、分断されようとしていた日本を救った事でも知られる、スリランカの故・ジャワルダルナ大統領も、

「私が亡くなったら、片目の角膜はスリランカ人に、もう一方の目の角膜は、日本人に移植する様に!」と遺言を残し、遺言通り日本人に移植されたそうです。。。。
(日本人のおばあちゃん2名に移植され「孫の顔を見た!」 という感動秘話を、後で聞きました) 


故・ジャワルダルナ大統領を考えながら走った

『近藤スパ太郎が行く! スリランカツーリングの旅』

http://www.odoroku.tv/vod/000000089/index.html

↑あっ!とおどろく放送局でオンデマンド放送中!

 

話しは戻って、、、

実は三井メディカルクリニックにはね、ボクの様な“通常の視力矯正”ではなく、
レーシック治療で失敗してしまった方や、レーシック治療後に“再近視化”してしまった方、 
そして円錐角膜の治療の為に“オサート”を行っている人も沢山いるのだそうだ。

(レーシックのアフター治療がメチャクチャ多いのは知ってたけど、円錐角膜も、オサートで矯正出来るんだ…)
 

でも、円錐角膜は進行性の疾患。 
 
そこで、クロスリンキングの技術を応用して、「オサート/オルソ-K」で形付けされた角膜を固めてしまう治療を、三井メディカルクリニックで行い、成功! 

(↑世界初! まだ未発表!)
 
 

角膜が良い形で固められるコトで、円錐角膜の進行もストップ(若しくは遅くなる?)。
 
今までの様に、オサートレンズを毎晩装用する必要が無くなるのだそうだ。 

 
 

…って事はだよ!

『先生。 ボクみたいに視力を出す為に“オサート”を行っている人でも、“クロスリンキング”で良い視力を固められちゃうって事ですか?』

「まだ近視治療の方には行っていないのいで「絶対に出来る!」と断言は出来ませんけど、円錐角膜では成功している訳ですから、理論的にはそうです。 大いに期待できる治療だと思います!」

しかも円錐角膜の治療例では、一度固めても、やり直しが出来るのだそうだ!!

『うぉ! スゴイ!!』

「そうなんです。これはかなりスゴイ事なんですよ!」
  

だよね?
レーシック(オサートと同じ角膜療法)は、一発で視力が回復出来る可能性があるけど、リスクを伴う。 
 
けど、オサートはあくまでも特殊レンズによる形付けだから、毎晩装用する事が面倒。  

オレみたいに、せっかくのレンズを割ってしまう可能性も・・・・・ 

 

でも“オサート”が“クロスリンキング”と連動して行えるなら、角膜を削ってしまうリスクが無く、矯正した視力を、Keep出来るって訳ジャン!!
 
 

『先生。今の一連の話って、世界初の成功例ですよね?』
 
「そうなんです!」(ニコニコ)

『本当なら、ネイチャー誌とか、サイエンス誌に論文発表出来る画期的な事じゃないですか!?  ボクのブログに先に書いちゃって良いんですか?』

「ホント、そのくらい画期的な事ですヨ。 でもスパ太郎さんのブログなら、良いですよ!」
 
 
おぉ!!

このブログ!
ネイチャー誌に勝ったぞ!! 


 

「是非スパ太郎さんにも、この“クロスリンキング”の体験第一人者になって貰える様に、もっと良い視力が出るようにオサート治療して行きましょう~!」

『ハイ!』 

 

おぉ!
これが先生の言う『最後のミッション』か……。

 
 
ん?

体験の第一人者……って事は、、、、
言葉を変えれば、実験台じゃないのか???

前例が無いワケだし…… 

 

まっ、欧米での症例は沢山あるワケだし、
リスクは低そうだし、
可能性は高いワケだし。。。。

なんたって、スゴイ事だし。。。。

このミッション、乗った!!! 

 

 

三井メディカルクリニック より
オサート & クロスリンキング情報
 

■5/27(木)発売
マガジンハウス「Tarzan」

視力回復治療「オサート/オルソ-K」
最新治療「クロスリンキング」

■5/2(日)21:00~22:00放送
フジテレビ「エチカの鏡」

視力に関する特集の中で視力回復治療として
「オサート/オルソ-K」が紹介されるそうです 

 

オサートレンズ割っちゃたけど、次のミッションへ…

Photo
実は約1ヶ月チョイ前のコト。

大事なオサート治療の“リメイク5thレンズ”(No,19・22)、No,19の方を割っちゃいました…

 

外したレンズを洗っている時に、
たまたま洗面台に置いてあった洗濯洗剤のボトルに手を引っ掛けてしまい、バーン!!
 
 
床に飛び落ちたレンズは、割れていました。。。
(あちゃ~~~)

一度割れちゃうとこのレンズ、パリパリと、ドンドン割れてしまうんだねぇ。。。

(酸素透過性がメチャクチャ高いので、かなり繊細なレンズなのです) 

 

この5thレンズ、ミクロン単位で微調整を重ねていたので、大失態think

割れた後は、それまで調子の良かった4thレンズ(No,11・12)に戻しています。

 

実は年末から3月上旬まで、ちょっと見えにくかった、この5thレンズだったのですが、意外にね。  

4thレンズに戻してからは、そこそこ調子良いのです。

このレンズ(No,11・12)では、1.00見えた時もあったからね。

※オサートは、ボクの様にその日のレンズの入り方で、日々の見え方が異なる人もいるし、毎日安定した視力をKeepしている人もいる様です。
個人差が大きいみたいですね。

 

リメイクの5thレンズを作成しに行った約1ヶ月前の視力。
[(No,11・12)での視力]

3月16日
Rimg19010

  • 右 0.5(屈折率-2.75D) 
  • 左 0.8(屈折率-3.25D)
  • 両眼0.7
  •  

    一昨日 4月26日
    Rimg19819

  • 右 0.6(屈折率-2.25D) 
  • 左 0.7(屈折率-2.75D)
  • 両眼0.9
  • ね。 このレンズ(No,11・12)、この1ヶ月間、まぁ安定していて、まずまずの視力です。 

    『この(No,11・12)で、1.00が見えた時はいつだったかなぁ~』と、過去ブログの“スパブログ”を見返すと・・・ 『このレンズ、2008年の9月から使用してるんだ…』

     

    (4rhレンズ開始約2週間後)
    2008年10月3日
  • 右 0.5(屈折率-3.00D) 
  • 左 0.5(屈折率-2.50D)
  • 両眼0.8
  •  

    (4rhレンズ開始約1ヶ月後)
    2008年10月23日
  • 右 0.5(屈折率-2.50D) 
  • 左 0.5(屈折率-2.50D)
  • 両眼0.8
  •  

    (4rhレンズ開始約2ヶ月後)
    2008年11月28日
     

  • 右 0.4(屈折率-2.75D) 
  • 左 1.0(屈折率-2.25D)
  • 両眼0.8 
  • このレンズ。装用開始早々から、そこそこ見えていたみたい・・・

    ちなみに、その前の3rdレンズを見返すと…

     

    2008年9月18日
    (3rdレンズ最終検査)

  • 右 0.4(屈折率-2.00D) 
  • 左 1.0(屈折率-2.25D)
  • 両眼1.0
  • ↑スゴイ。

    3rdレンズでも1.0まで見えている時があっいたんだ…

    (ブログ書いといて良かったナ…good

    この日のブログを見ると、『今日の視力は、いつもにも増して絶好調』って書いてある。。。 

     

    そんなコトもあったなぁ~。 

    そう考えると、“最終”と思われる5thレンズは、なかなか合わず苦戦してるよなぁ~。 

     

    レンズの型が、角膜に付くのがミクロン単位なワケだし、  

    元々ボクの裸眼視力は、0.04の強強度の近視だし、

    ボクの眼の場合では、そろそろ“角膜矯正治療”(←レーシックもコレ)の限界なのなかなぁ~~~。 

      

    眼の検査の後、診察室に入って三井先生に新レンズ(No,24・25)の装用状態を見て貰うと、、、

    「うん! 良いですねぇ。今度の(No,24・25)はかなり期待が持てそうです」と、ニコニコ。
     
     

    さすが、元・NASAの職員。
    いつでも前向き! (見習わねば…)  

     

    「さぁ、スパ太郎さんにも、いよいよ“最後のミッション”を体験して貰えるかも知れません!」

    と、とてもニコニコ。 

    『え!? 最後のミッションですか?』 

    この“ミッション”って言い方も、NASAっぽいよねhappy01good
     

    「実はウチのクリニックで、世界最先端の施術が、世界で始めて成功したんですよ!」とニコニコの先生。 

     

    話を聞くと、、、、ふむふむ。。。

     

    『ほーー! ソレはスゴイですね! そんな事が出来ちゃうんですか?』

    『それが出来るのは、三井メディカルクリニックだけって事ですよね?』
    「そうなんです」
    『それじゃぁ、世界最先端の技術は、今現在は、三井先生が持ってるって事ですよね?』
    「ですから今回成功した技術を応用すれば、ちょっとすごい事になるかも知れません…」

     

    実は終始ニコニコの理由は、コレにあった様だ。 
     

     

    「ですから、もっと視力が上がったタイミングで、是非スパ太郎さんにも体験して貰いたいですね…」
     

     
    ↑この具体的な会話は、ちょっと追ってUPします。。。。

    ゴメンね。もったいぶらせちゃって。
     
     
    なんたって、まだ学会にも発表されていない旬なコトだし、
    医学の専門用語が多いので、ちょっと整理して、このスパ太郎ブログで、ドコよりも早く、“チラ報告”しますネ!
     
     

     

    今朝は5thレンズ(No,24・25)装用2日目。

    ウン。

    今はまだ2重感が強いけど、4thレンズよりも、今までの5thレンズよりも、ちょっと見えてるゾ!!

     

    モチロン、先生の言っている“技術の応用”ってのは、理論上出来るけど、まだ治療の症例が無い話し。

     

    それでも、“最終ミッション”とやらに、希望を持てちゃうよナ!!

     

    (近日のUPをお待ちください…) 

     

    ※記事途中から、フォントの自動調整が、利かなくなっちゃいました。。。

    読みにくくて、失礼confident 

     

    2010年4月22日 (木)

    福山雅治氏も信頼するバイク屋で、新米ライダーを洗脳…

     

    なんたって、オフロードバイクは楽しいよね! 

    コレは体験したコトがある人にしか分からないから、まだオフ体験したコトが無い方は、是非体験してみて!

    (レンタルで楽しめる、オフロードごっこやスクールもあるヨ!) 

      

    先日、コヤマドライビングスクールで普通2輪教習をストレートで終えた、安井君。 

    「府中の運転免許試験場で筆記の最終試験をする!」 とのコト。

    『府中と言えば、ストラーダの近くジャン!』 

     

    しかも、乗りたいバイクが良くわからない…とのコト。 

    ファーストバイクは、その後のバイクライフを左右させるからね。 

     

    よーし! 

    『どうせなら、オフローダーとして洗脳させよう~!』と、

    オフロードバイクで試験場まで迎えに行き、オフローダーが集まる、モトョップ・ストラーダへ直行!
    (ホンダの店なので、XR-BAJAに乗っけて…)、

     

    今までにもちょっと紹介しましたが、実はこの店、あの福山雅治氏も信頼を寄せる、住宅街の小さなバイク屋。

    ホンダの古いCB400など、複数のホンダのバイクも所有していている彼は、この「モトョップ・ストラーダ」をファンの会員誌でも紹介したコトがあるくらいのバイク好きの様だ。

    (ストラーダはオフ系が強いんだけど、福山君はまだオフローダーじゃ無いのかな?) 

     

    元々、編集者やジャーナリストなど、二輪業界の関係者も多く立ち寄る店でも有りますgood  

       

    店に着いて、10分前に交付されたばかりのホヤホヤの安井君の免許証をみせて貰う。

    Photo

    おう! おめでとう~shinewineshine 

    (おっ! ラルdogもカメラ目線?)

     

    安井君的には、ネイキッドに憧れている様なのです。

    『うん。ネイキッド、カッコいいよねぇ~』 

     
    でも1台目のバイクは、軽いバイクが扱いやすいヨ!

     

    しかも、「乗りたいバイクが良くわからない…」ので有れば、、、

    たとえばオレ的には、車検も無く、取り扱いやすい、250ccクラスの単気筒のバイクがお勧め。

     

    「バイクなんてのは、物足りないくらいが丁度いいんだ!」 

    とは、ロシアンラリーでもお世話になった、RSタイチの社長・吉村太一さんの言葉。 

    ↑みんな大きいバイクに憧れて乗りたがるけど、自分の手足のように自由に使えるくらいが、一番楽しいバイク! ってコトらしい。 

    吉村さん、モトクロスのレーサーだっただけに、周りの新人にはオフロードバイクを薦めているそうだよ。
    やっぱり、ですよね?

     

    「スパ太郎もオフ車を薦めてるのか? お前は正しいゾ!」 

    業界のドンの一人、太一さんから、お褒めを頂き嬉しい感じ。。。。

    軽いオフ車は取り回しも楽チン。道を選ばないから、ドコでも走れる優れモノバイク。 しかもオフを走るんなら、プロテクターはフル装備で乗るワケし、もしも転んだって土の上だからネ。 

    10キロとかの低速でだって、マシンをコントロールするドキドキ感が味わえるのが、オフ車の魅力でもあるヨ! 

    初心者ライダーには、絶対にお勧め!

     

    ストラーダは、ロードやスクーターも扱ってますが、オフロードバイク誌にも頻繁に登場する店だから、この日も

    「オフロード誌で見た!」と、掲載誌持参で、初来店した方がいました。
    (↑彼は“XR230モタード”の新車を、早速注文してました!)
    ※ただ今“XR230”は、ストラーダでキャンペーン価格中! 

     

    後々にオフロードタイヤを装着して、オフロードを走るんだって!  

    おぉ、いいねぇ。 

    さっきの人が注文した『XR230はコレだよ!』と、店内のバイクを見せても、安井君にはピン!とは来なかったみたい。

    (早くも洗脳失敗か!?)

    まっ、外観は好みがあるからね。 むしろタンク周りのシェラウドの無い“SL230”の方が好みみたい。 

     

    「コレ、なんですか?」と安井君が指差したのは、
    チェッカーとユニオンジャックのスペシャルペイントがされたバイク。

    「コレもホンダですか?」
    『いやいや、コレはトライアンフのボンネビル。イギリスのバイクだよ!』 

    「カッコいいですね、コレ!happy01
    『うん。ボンネビルはとっても良いバイクだけど、まだ安井君には、直ぐには乗りこなせないかもよ?』
    (それに、大型2輪免許が無いと乗れないし…)
    (それにコレは、預かり物で売り物じゃないそうだし…) 

     

    ちなみにボクも、クラシカルな雰囲気の“ボンネビル”は大好きhappy01paper  
    実はコレでオフを走った事があり、フラットダートはかなり楽しいのデスよ。 

    ご参考記事:ボンネビルでオフロード 
    ※同じタイプのエンジンを積んでUPマフラーの、モダンクラッシックな雰囲気のトライアンフ・スクランブラーも良いよ! 

      

     

    ホンダのバイクでは、“FTR”が気になる様子の安井君。 

    ボクは安井君を店に残し、先に失礼してしまいましたが、その後も店のお客さんからもオフロードの魅力を洗脳させられたみたいです。 
    (ご協力ありがとうgood) 

     

    早く乗りたいバイクが見つかると良いね。

    “オフの洗脳”は失敗ぎみだけど、、、自分が乗りたいバイク が一番だよsign03 

     

    ねっ、ライダーの皆さんgood

      

    府中の 小さな バイク屋
    モトショップ・ストラーダ 

     

    ※追記
    (「文章がヘンだよ!」とご指摘を頂き、『確かに…』と思い、表現の訂正と変更させて頂きました。 失礼しましたconfident
    4/30 ☆スパ太郎

    2010年4月19日 (月)

    とってもアバウトな、元モデルのカオルさん♪

     

    “カオルさん”と、久しぶりの再会!

    Photo

    最近はバイクに乗る機会が減っちゃったみたいだけど、カオルさんは、ボクの勧めでライダーになった一人。
     

    アバウトさが憎めない、とっても面白い友人。

     

    カオルさんはね。
    元々はモデルをやってたんだけど、バイリンガルならではの英語力を生かして、番組のパーソナリティやら、来日アーティストの通訳やら。。。

    現在は、InterFMや、スカパーの音楽番組、他にも番組のプロデュースも行っていて、かなりアクティブ。 

     

    ボクとはね、「あっ!とおどろく放送局」って言うインターネット放送局で、パーソナリティを長年一緒にやった仲。 

    台本の無い7時間の生放送を、毎週やりました……。 
     

     

    元モデルだけにルックスは良いカオルさんだけど、ロッカーの中は、妖怪が住んでいそうな大変な状態。。。

    局内でカオルさんが通過した跡は、カオルさんのモノが点々と置いてあって、何処にいるかだいたい分かるのです。

    『カオルさん、廊下の窓に財布が置いてあったヨ!』

    なんてのは、毎度のコト。

      

    山の中でバイクに乗る「トライアルごっこ」の大会に誘った時の出来事。

    「スパさーん、川で子供達が遊んでるよ! 気持ち良さそう~!」と、ヘルメットとジーンズのまま川へザバーン!! 

     

    閉会式の時に、1人あっちこっち歩き回るカオルさん。

    『どうしたの?』
    「着替えた後に、濡れたパンツをどっかに置いたんだけど、ドコやったかな?」

    えっ?? パンツが無くなったの???
      
    『袋か何かに入れて?』
    「そのままですよ!」

    「まっ、いいか!」
    『ちゃんと捜しなヨ!』

     
    パンツ拾った人は、ビックリしちゃうよネ?

     

     

    でもね。
    カオルさんは、Webを紹介するTV番組のMCもしていたので、Web系に強いのです。 

    ボクのこのブログ(近藤スパ太郎の『Riding High ~♪』)はね、
    今は“niftyの有名人ブログ・ココセレブ”ってのに登録されているけど、 

    元々はね、カオルさんが、
    「ココログは使いやすいよ!」と、
     

    スパ太郎・ブログの前世である、“「スパ・ブログ」”を、ココログフリー(無料のココログ)で、勝手に立ち上げてくれたのです。 

     

    その後、更にパワーUPしたのが、この“近藤スパ太郎の『Riding High ~♪』”ってワケ。

     

    今、こうしてブログを続けているのも、
    「スパさんは、絶対にブログをやった方が良いよ!」という、カオルさんの強引なバックアップのお陰なのです。。。 

    (カオルさんに感謝!!think)

     

     

    久しぶりの再会で、待ち合わせのレストランに現れたカオルさんは、
    iphone片手に、ユーストリームの生放送をしながら登場!

    「スパさん! 今、生放送してるから、なんかしゃべって!」
    『なになに? 生放送中???』

    (自分で放送出来ちゃうんだから、スゴイ時代になったよね!) 

     

    ユーストリームは視聴者からツイッター経由で生放送にコメントを頂け、正にカオルさんとやっていたインターネットの番組、「生でいきましょう~!」(生いき!)の様な感じでした。  

     

    久しぶりの会話は、
    「ホント、スパさん。私の番組には来てくれないよね!」って、お叱りの話から、
    一緒に何か仕掛けよう~! って話だったり、
    お互いの近況報告(カオルさんの恋話も含む)だったりで、4時間半。

    なんたって“7時間の生放送”をしていた仲だから、4時間半はあっ!という間の時間だよね。。。 

     

    「近々、ウチの家族と食事に行こう~!」って約束をして、
    別れ際のパーキングで、またまたカオルさんに驚愕!!gawk gawk gawksign03 

    『カオルさんのセリカ、ボッコボコに凹んでるジャン!』

    (このセリカは、ボクが紹介した店で購入したモノです)

      

    前も後ろも、左右も、何処もかしこもボコボコ。 

    凹んだ所が錆びて、塗装がボロッ!と剥がれている箇所も。。。 

    『直さないの?』

    「直しませんよ。だって私、このクルマ1台目ですヨ!」 

    (↑って、意味がよく分からない…) 

    しかもシルバーなのに、まったくの光沢が無い、不思議なボディー。 

    『洗車してるの?』

    「買ったときに2回ぐらいしましたよ!」  

    『それって、いったい何年前の話だヨ!』

    「この“マッドな感じ”が良いんですよ!」

    (↑汚いのと、マッドは違うでしょ…) 

     

     
    しかもフロントライトから、黒いコードの様なモノがべローンと、30センチ程出ているじゃないか!

    『なんだろう?』とよく見てみると、
    ライトとボディの間を埋めている、ゴムのパッキン?

    「来月車検なんだよね~」と、カオルさん。 
    『このままじゃ、車検無理じゃない?』
    「走行には問題無いから、大丈夫だよ!」 

    (↑ココは、アメリカじゃないんだから…) 

     

    相変わらず、根本的にアバウトなカオルさん。 

     

    「じゃあね!」 と去って行ったセリカは、

    黒いゴムのパッキンをベロベロしなから走って行きました。。。。

     

     

    ホント。アバウトというか・・・・ 

    よく言えば、“おおらか”と言うか・・・。

     

    カオルさんに会うと、「オレも、もっと大雑把に生きよう~!」なんて、なんだか色々なコトが出来そうな気がして来ます。 

    久しぶりに、“カオル・パワー”を貰いましたhappy01good

    面白いでしょ? カオルさんってgood

     

    金澤カオルさん の ココログ

     

    2010年4月14日 (水)

    合格、おめでとう(^^)/

    ただ今、我が家は大規模な模様替え計画中! 

    この際“モノ”を思いっきり処分しよう~! と決意しているのですが、
     

    元々整理ベタなオレは、思いきりが悪い様で、なかなか進行せず。。。。 

     

    以前、バリ島在住のSAEさんに言われた言葉。

    「近藤君は荷物が多いねぇ。 ゾウとかキリンは、アフリカを旅するのになーんにも荷物なんか持ってないんだよ~~」 

     

    「海外に引っ越すのに、コレは必要なモノ?」って感覚に、考え方を変えてみるか!

    スパスパ処分してしまおう~!!

     

    先日の、東京モーターサイクルショーの報告をはじめ、ブログにUPしたい事が満載なのですが、荷物の処分が終るまで、なんだか落ち着かない感じです…sad 

     

    そんな中、昨日は嬉しい連絡が有りました。

    卒検、合格しました!!」 

    そう。バイク免許取得の為、コヤマドライビングスクールに通う美容師の、安井君。 

     

    おう! 良かった、良かった!! 
    オーバー無しのストレート合格じゃん!! 

    後は試験場での、学科試験だね!

    『自信の程は?』と聞くと、「たぶん大丈夫です!」

     

    おう! 素晴らしい!

     

    安井君、買うバイクを迷っている様で、FTRにはとっも興味があるみたい。。。

    楽しいよね。バイク選び!

    一緒にコヤマドライビングスクールに通っている、スーパースポーツバイクに乗りたい女性美容師さんは、
    学科の効果測定に何度か引っかかってしまい、次回が卒検らしい。。。 

    がんばれ~shinedash 

    ライダーが増えるのは、なんだか嬉しいネェ! 

     

    2010年4月 7日 (水)

    オートバイによる、まちおこし事業。小鹿野町!

    Rimg19716  

    「もうやめちゃったんでしょ? バイクのまちおこしは…」
    「もうやめたって、雑誌に書いてあったヨ!」

    ↑なんて間違った情報を
    ここ1週間で立て続けに耳にしたので、このブログで正しい情報をお伝えさせて頂きますネ! 
     

     

    埼玉県秩父の小鹿野町。
    “オートバイによる、まちおこし事業”は、今もやってますヨ!

     

    この4月からは、今までの行政主導から、商工会の主導へと代わりました。

    モチロン行政としてもウエルカムライダーズ事業は引き続きバックアップしています。

     

    いったい、ドコのマスコミだよ。
    間違った情報を書いてるのは?angrypunch
     

     

    ボクは先日の東京モーターサイクルショーでね、 

    商工会の事務局長や、ウエルカムライダーズ実行委員会の委員、小鹿野町役場の担当者と話して来たばかりなんですから。

     

     

    でも確かにね。
    ウエルカムライダーズ事業で恩恵を受ける人もいるけど、そうじゃない人も。。。 

    バイクの騒音や、自分達の生活道で危ない思いをする方もいるそうなのです。

    少し前から、一部の住民の方から“反対”の声も出ているって事も聞いていました。
     

     

    ボクは少し前まで、地元のTV局「テレビ埼玉」で「秩父リゾート情報」番組の“旅リポーター”をやってました。

    だから、“オートバイでまちおこし”を始めるかなり前から、小鹿野町には度々訪れています。

    小鹿野町は、長閑でとっても良い場所です。

     

    でもね。
    正直なトコロ、番組で取材するには直ぐにネタが尽きてしまう。

    美味しいお店や、観光スポットの数が、多いワケじゃないのです。

     

    それにね。
    小鹿野町や、旧・両神村地区(今は小鹿野町)は、道がとっても狭いのなんの。 

    群馬県境へと続くR299には、
    おじいちゃん、おばあちゃんが農作業道具を担いで歩いているし、
    小学生だって歩いている。
     
    地元の人達は、国道だってなんだって、平気でのんびりと横断している…。 

     

    そんな“日本の田舎!”と出会えるのが、小鹿野の良いトコロでもあるのです! 

     

    特に美味しい店なんかはね、見通しが悪くって、クルマ1台がギリギリ通れるような、入り組んだ細~い道や住宅街にあったりする。

    細~い道を、クルマが来たって何だって、おばあちゃん達は座れるバギーを押しながら、ゆっくりゆっくり歩いている。

     

    だからロケのドライバーさんは、短気じゃない方を起用。
    大変ですよ。 ホント狭いから。。。

     
     
     
    国道も、街中も、農道も、ぜーんぶ長閑な風景。
    地元の方の生活道。 

    だから小鹿野には、「また行きたいなぁ~」と思う景色や地元の味、ゆっくりとした時間が待っているのです。 

     

     

    ボクはモーターサイクルショーの小鹿野町ブースで貰ったステッカーに、わざわざ「安全運転」って書いてあるのを見て、

    『えっ?安全運転ですか?』と、聞き返してしまいました。

    「そう、これからはコレを売りにしたいんです!」 

    …そうなんだ。  

    (↑わかるよね?) 

    帰宅して小鹿野町のHPを見ると【小鹿野町へお越しのライダーの皆様へ(お願い)】をクリック。

    更に、…そうなんだ。 と思いました。

    ※ただ今、小鹿野町では“小鹿野町ライダーマップ”を出して、市街地での指定道路意外は走らない様に注意を促しています。

     

     

    なんか、ちょっとガッカリしたな。

    せっかく「ライダー歓迎」をしてくれているのに、一部の地元からはそう思われてるのか…。
    なんてのが、感じ取れた。

      

    我々ライダーは、この事業を応援しないとさ、ダメでしょ! 

    ウエルカムライダーズ実行委員会のメンバーが、地元の方達から非難される様な事があってはダメなのです!  

     

    ボクは我々ライダーを歓迎してくれる、小鹿野町の方々と「ウエルカムライダーズ事業」に敬意を払い、 

    他の町でも小鹿野を手本に、こんな事業を行ってくれるといいなぁ~

    と願うばかりです。

     

    小鹿野は良いよ!happy01good 

     

    小鹿野町HP
    “オートバイによる、まちおこし”のページ

    http://www.town.ogano.lg.jp/kakuka/matidukuri/bike/biketop1.html

     

    ウエルカムライダーズ実行委員会HP
    http://www.bike-ogano.jp/


     

    ピカピカの新1年生たち

    Photo  

    昨日は入学式。 
    初めて会う近所の新一年生達と初登校!  

    ピカピカの大きなランドセルの子供達が目立つのか、見知らぬご近所の方達からも「ご入学おめでとうございます!」ってニコニコの笑顔と声を掛けられたりして、

    こんな都会にも、下町情緒があるんだなぁ~と、ちょっぴり嬉しい感じ。 

     

    「にじ色のランドセルが欲しい!」と言っていた娘ですが、

    『ん~、にじ色のランドセルは無いと思うよ!』

    「じゃぁ、白いランドセルを買って、絵の具でにじ色に塗る!」

    『ん~。白いランドセルも見た事がないなぁ~』 

     

    散々ランドセルを見に行った結果、 
    ブリティシュグリーンの、濃いみどり色のランドセルになりました。

    そもそも、皆が持っていなそうなオシャレな色が良い! と考えていたのだそうです。 

     

    前にも書いたけど、百貨店に行けば、7万台もするランドセルが売っていたりして、いったい日本人のランドセル文化って何だろう?(個人的には、いらないだろう~!?) って思っちゃうネ。

    もっと軽くて(←子供に負担にならない)、数万円もしない(←親の負担にならない)、丈夫で使い勝手の良い“デイパック”が世の中沢山あるのにねぇ。 

     

    (ランドセル情報をお寄せ下さった皆さん。とても参考になりましたsign01 ありがとうございましたhappy01paper) 

     

    友達と一緒に歩くと楽しくて、急に走り出したり、車道に飛び出したりしてしまう…。

    『ホラ! クルマが来るヨ!』
    『ホラ! 自転車が来たヨ!』

    『今度はトラックが来たヨ!』
    なんて、何度もヒヤヒヤしながら小学校に着くと、 

    「入学式」と看板の出された正門前には、記念写真を取る為の長蛇の列が…。 

     

    スゴイね。

    ピカピカのランドセルも、黒赤の他に、紺、ピンク、みず色、茶色、オレンジ、などがあって、とってもカラフル。 

     

    名札を胸につけてもらったり、手をつないで教室に連れていって貰ったり、歌や楽器演奏など、上級生のお兄さんお姉さん達に優しくエスコートされ歓迎され、入学式は無事終りました。 

      

    早く小学校に慣れて欲しいな!
    友達を沢山作って欲しいな! 
     

    親の願いはみんな同じだと思いますが、ガンバレ! 新1年生達!!

     

    2010年4月 2日 (金)

    近所には野生のインコが沢山!

     

    一昨日、無事保育園を卒園した娘ですが、翌日からは学童通い。 

    学童も保育園の直ぐ近くなので、あまり変わらないのですが、一人で行き帰りが出来るまで送り迎えをしています。  

     

    道中の朝は、何て名前かは良くわからないけど、鳥がいっぱい。

    春になって花も沢山咲き出して、東京に住みながら、自然や季節を感じながら歩いています。 

     

    名前が分かる鳥は、スズメ、ハト、カラス。

    (鳥知識の乏しいオレです。。。) 

     

    ハトは多いね。この時期、寒いとじーっと、公園の遊具の上に止まっています。 
    Rimg18958

      

    暫らく歩くと、「パパ~、あのミドリ色の鳥キレイだよ! 何て鳥?」と指を指す娘。 

    ドコドコ?

    と、指す方を見ると、、、 

    『うわっ!』と、30センチは有りそうな、大きなミドリ色の鳥にビックリ!! 

    しかも5羽もいる!! 

    『あれは、巨大なインコだよ!』

    「ふぅ~ん」

    この日はカメラを持っていなかったものの、翌日カメラを持って出かけると、いたいた。同じ場所に!!
    Photo

    いや、ホントにデカイよ。
    やっぱり、インコでしょ!? コレ。 

     

    「今日もいたね!」 と娘は大喜び。

    “ラッキー鳥”と名づけました。 

     

    ココ最近、毎日の様にラッキー鳥がいるので、あまりラッキーでも無い気も・・・?
    (今まで気がつかなかったダケの様な気も…)

       

    でも何でこんなトコロに???

    飼ってたのが逃げて野生化したのしか考えられないけど、いやいやその数の多いコト。 

     

    写真は3羽だけど、この日は全部で7羽いました。

     

    いったい何羽いるのヨ!
    インコって、集団で暮らすのかな?

      

    急にインコの生態系が気になったオレは、カメラが手放せないヨ。。。。 

     

    ※撮影カメラは、
    リコー の防水・防塵、耐ショック性の カメラ"G600"
    28mm~140mmまでカバーする、優れモノです♪

    « 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

    2017年4月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30