フォト

twitter

【新連載】 BBBコラム『実録・近藤スパ太郎の盗難バイク奪還記!!』

[寝てる間に視力UP!]スパ太郎の“オサート”体験記 

無料ブログはココログ

« 病院でビックリ! 2連発 | トップページ | 娘の希望のランドセル »

2009年12月16日 (水)

打倒NASAの “ソーラーバイク” に乗った!!

 

先週、浜松に行ったにはこの方。「バイクな人」に会う為。

Photo

この方、打倒NASAを掲げ(?)宇宙ベンチャーを営む山脇一さん(57歳)。

 

仕事でご一緒したカメラマンの関さんがね、

「俺の同級生でさ、ヘンなヤツがいるんだよ~」

と、ロケ中の雑談から会うに至ったのです。。。。

 

関さんによると、山脇さんは、、、

  • 中学の時から自分でバイクを作ってしまう程のメカ好き!
  • 日産自動車の宇宙航空部に在籍していた
  • 宇宙技術を生かして、趣味で“ソーラーバイク”を作っている
  • そのソーラーバイクで日本縦断もした!

との情報。

 

『もしかして、浜松で“ソーラーバイクレース”を仕掛ける方ですか?』
「おぅ、やってるよ! ヘンな事色々とねぇ」 

そんな関さんも、日本縦断プロジェクトには、カメラマンとして同行取材している。 

 

ヘンなヤツ、ヘンなコト、とは言っても、実際にNASAやJAXAとも係わりがある様で、浜松から“打倒NASA”ってのも冗談とは言いがたい。。。

 

そして以前から気になっていた“ソーラーバイクレース”の主催者でも有り、

ウチの父も日産の宇宙開発の仕事に携わっていた事が有るので、興味津々。

「そうだよ! スパちゃんと気が合うかもよ? 会ってみたら!?」 

 

T4

100mも無い上空を、自衛隊の飛行機(たぶんT-4?)が飛び交う、なんとも羨ましい環境の、山脇さんのアトリエ、“HAMA零”にお邪魔すると、、、

 

NASAからの依頼だったかな?
“月面移動用のタイヤ”(針金で出来ている)やら、宇宙開発の物が沢山。 
 
  

色々な資料を見せて貰う中、こーんな雑誌の切抜きが…

Photo_2
(↑スバル360を、ラジコン・カーに改造の記事)

 

やっぱり、ヘンな人みたい・・・ 

 

実物のクルマを、ラジコンにしちゃう発想。スゴイ!!!

一緒にお邪魔したハーレー乗りの放送作家・上原さんと大笑い! 

 

山脇さんは、ソーラーカーレースに車両を作って参加したり、ソーラーボートを作ったりと、その自然エネルギーでの開発の歴史は長い様子。

  

 

色々と話を伺った後、ソーラーバイクに乗せて貰う事に!!

(やった!! 感激!!) 

 
 

アトリエには、3台のソーラーバイクが置いてあり、 

バイクにソーラーパネルをキュキュ! っと取り付けて、、、

Photo_3

 

3台が準備完了! 
Photo_4

 

 

3段変速。

車両によって特徴が違うので、乗り方を簡単にレクチャーして貰い…

Photo_6  

 

GO!!

スゴイよ!


加速がスゴイ!
音が静か!
(モーター音とタイヤノイズのみ)

とにかく速い!

 

今まで知らなかったんだけど、電気(モーター)の場合、引っ張って回転数を上げた走りの方が効率が良いそうで、低い回転数のままだと、モーターが焼けてしまう恐れがあるらしい。。。。

 

1
↑コレは日本縦断をした「はやぶさ号」

重量:36kg

 

 

そして「風神」
Photo_5

 

 

3台目はつい先日完成したばかりの「雷神」
Rimg17935  

 

中日新聞にも取り上げられたばかりで、[小さなコンテナに収納して、持ち運びが可能!] がコンセプト。

Res00477  

 

12インチのタイヤ、ボクが乗ると、こーんなに小さい
Rimg17928

 

重量は≒20kg だから、軽々持ち上がる

Rimg17929_2  

 

 

3台のスペックをザッ!と紹介するとね、

3台とも50ccと同じ、原付バイク登録をされています。

 

モーターはこーんなに小さく 

Rimg17932

この「雷神」でミニ缶コーヒーくらい。 

 

スゴイのは、100%太陽光パネルによる充電で走るコト。
(家庭用100V充電もOK)

フル充電での走行距離は、一番小さな「雷神」で≒60km。日本縦断をした「はやぶさ号」での走行距離は、≒150km。 

最高速も70km/h出る様に設計されている。。。。

※いづれも、実走行値

 

↑コレには驚き!!

だって、日本では唯一電気バイクを出している“YAMAHAのパッソル”でさえ、時速は40~50km/hくらい。 走行距離もボクの体重で15kmは走らなかった…。

※パッソルは現在発売休止中。来年、新しいパッソルが出るよ! ちなみに、旅・ライダーの“藤原かんいち”さんは、YAMAHAのパッソルで世界1周をしました! 故障は1度も無くパンクぐらい。 チェーンも無いし、ガソリンみたいに、臭いの元になるモノが無いから、旅先では寝室に入れて保管。 今も藤原家の居間に置いてあるらしい...。

電動バイクってスゴイね!

 

「大手メーカーになるとね、開発にあたっての色々な制約があるんですよ! ウチは個人だから好き勝手に、色々出来ちゃうワケ!」

 

確かに、、、

ホイール(車輪)はイリジウムで作成。

積み替え可能なバッテリーはフレームの一部として組み込まれ、

軽量化を計る為に、パーツは自転車用のを改造&改良して取り付けてある。
Rimg17951  

ほら、ライトはキャットアイ製。スピードメーターもサイクルコンピューター。

 
 
量販する事が目的で、誰もが安全に乗る事が出来る、大手メーカーのマシン作りと、プライベーターのマシンでは、コンセプトや発想そのものが違う。 
 
  

いや~、スゴイなぁ。

太陽電池パネルで、ここまで出来てしまうとは・・・・

 

「今年のマン島レースで、インドのチームが大パワーの電気バイクを投入して勝利を飾ったけど、それはそれで良いよね! でも僕は少ないエネルギーで、人をどれだけ運べるか…の方が魅力があるんですよ!」と山脇さん。

 

木星の裏側に、小惑星が発見されたでしょ?
その小惑星探査にも、山脇さんが開発した技術が投入されているらしい。

宇宙技術では、いかに少ないエネルギーや負荷で、効率的な事が出来るか…ってのが考え方の基本らしい。

 

『ナルホド。 このバイクには、宇宙開発の技術が沢山生かされているんですね!』

「いや、逆ですよ。 こういう遊びの技術が宇宙開発に生かされてるんですよ!」

 
 

ん…。 天才のいう事は、よくわからん。。

 

まっ、クルマと同じく、バイクだっていづれ“電気”というエネルギーに変わって行くだろけど、その可能性を見たネ!

 
 

ちなみに山脇さんの次の構想の中には、

[雪の中を排気ガスを出さず、クリーンに快適に移動できるソーラーの乗り物]というのがあるそうで、

『ほう。スノーモービルのソーラー版ですかね?』

「スノーモービルは重量200キロとかで重いでしょ! 今までに無い構造で動く乗り物。全く違う発想で考えなきゃダメだよ!」

 

はぁ~。
やっぱりボクにはよくわからん。。。

 

 

そうそう。
“浜松”名物といえば、やっぱり“鰻”。

Rimg17972

ナントお重の中に、鰻が2段になっている、超・贅沢な鰻をご馳走になりました! 

食べても食べてもまだ鰻。

メチャ美味でした。。。。

 

山脇さん、ご馳走さまでしたdelicious 

次は浜松名物の“餃子”もお願いしますネ(^^)/

関さん、チャレンジャーな同級生をご紹介頂き、ありがとうございました!

« 病院でビックリ! 2連発 | トップページ | 娘の希望のランドセル »

Eco Bikers Club」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

山脇さん、ご馳走さまでしたdelicious 

次は浜松名物の“餃子”もお願いしますネ(^^)/

関さん、チャレンジャーな同級生をご紹介頂き、ありがとうございました! http://www.uggs-hot-boots.com/uk-boots-ugg-sale.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530688/47036320

この記事へのトラックバック一覧です: 打倒NASAの “ソーラーバイク” に乗った!!:

« 病院でビックリ! 2連発 | トップページ | 娘の希望のランドセル »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30