フォト

twitter

【新連載】 BBBコラム『実録・近藤スパ太郎の盗難バイク奪還記!!』

[寝てる間に視力UP!]スパ太郎の“オサート”体験記 

無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の18件の記事

2009年10月31日 (土)

映画「E.YAZAWA ROCK」の試写を観た!

Rock_postera5_3  
(C)2009 映画「ROCK」製作委員会

 

別に矢沢永吉のファンじゃなかったし、今まで「成りあがり」を読んだクチでもない。
でもこのドキュメンタリー映画を観て、変わったね!

 

この映画を観た直後にね、
30数年来“矢沢永吉”ファンだ…! って言う、番組の放送作家さんと飲んだんだけど、

自分では気付かないうちに、映画を観た感想をついつい熱く語っちゃったんだろうね。 

「スパちゃんも開眼したか! ようこそ!」だって。

 

ちがうちがう。
ボクは違うから! 

ファンというよりは、人間“矢沢永吉”にハマったの! 

 

 

でもやっぱ凄かったよ!
永ちゃん。

なんつうの?
永ちゃんが発する言葉。
1つ1つが味があって、奥深い。

あんな60歳のオヤジはいない!

あんなエネルギュシュで、熱いオヤジはいない!

 
 

今までボクの中での“矢沢永吉”は、かなり尖んがったイメージが強かったんだけど、スクリーンで観たドキュメンタリーな“矢沢永吉”は違った。

“矢沢永吉”の妥協が無いとか、コダワリだらけとか、ストイックな人生を送ってきたであろう生き様が見える中で、人に対しての心配りや気遣いがメチャクチャある“矢沢永吉”。

 
映画の冒頭はね、海岸を走るエネルギッシュな永ちゃんのシーンがあったりするんだけど、それは個人的にはちょっと引いてしまったね。

ボク的には、本音が見えるドキュメントな“矢沢永吉”を見たい! のであって、そのシーンだけは作られた感があったからかな?
 

  

でもその後、ライヴツアー「REAL」のリハーサルシーンから、ドキュメントとなる。

矢沢語録もバシバシ出てきて、矢沢ワールドに引き込まれてしまう。

 

ボクがスゴイなぁ!と感じたのは、スター“矢沢永吉”でありながら、自分のバンドメンバーやスタッフに対してリスペクトと心遣い。

 

「そう、いまの最高だね!」「良いねソレ!」「じゃ、やってみようか!」と、自らがバンドメンバーを盛り上げ、グイグイと引っ張って行く“矢沢永吉”
 
1 (C)2009 映画「ROCK」製作委員会 
 

リハーサルシーンで見たのは、ちょっと珍しい光景。

リハーサルスタジオってのは、正面の客席側の壁全面が鏡だったりするワケで、たいていのアーティストは、客席である鏡の方に向いてリハを行うもんだ。

 

でも永ちゃんの場合、バンドをバックにして正面の鏡に向かうんじゃなく、客席とは逆に位置するバンドメンバーに向って歌うんだ。

そうするコトで、自分のイメージをバンドメンバーに伝え、曲の途中で止めては、「今の所、もっとババババーン!ってしてくれる!?」と、相手の目を見ながらコミュニケーションを取り、指示を出す“矢沢永吉”。 

 

矢沢永吉の熱い思いが、バシバシ伝わってくる。 

 

 
“矢沢永吉”のステージを支える人達ですからね。それぞれの分野でスペシャリストなワケです。

永ちゃんの結論は出ているんだけど、相手も立てる。
「オレはこうした方が良いと思うんだけど、○○はどう思う?」って。

 
 
スペシャリスト達が迷っている時には
「俺は良いと思うよ。絶対に大丈夫!」とか、
「教えてあげるよ。こうすれば良いよ!」
「心配しなくて大丈夫。オレが最高のモノにしますよ!」と、スパっ!と言い切る。 
 

これがカリスマというモノか…と、人間の大きさが随所で響くように伝わってくる。

 

映画の中で度々ね、永ちゃんがリハーサル等の間に飲んでいる“うす茶色い飲み物”が有るんですよ。

お茶では無い。

ボク的にはこのドリンク、とっても気になりました。

 

そのドリンクとは「大根とレモンの蜂蜜漬」。

舞台の長期公演とかでもね、「大根の水飴漬け」とか、「大根の蜂蜜漬け」の汁を飲む役者の先輩方は多いです。

歌手の方にも、飲んでる人います。

 

コレ等の汁を飲むの、ノドに良いんだとか…。

 

ボクも自分で作って飲んだコトもあるんだけど、正直美味しくない。

永ちゃんの場合は、蜂蜜かぁ。コレにレモンも入ってるんだねぇ。

ナルホド・・・。 

 

でも、ロックンローラーが「大根の蜂蜜漬」を飲んでるだなんて……

 

ボクとしては大ギャップが有りましたが、声をとても大切にしているプロフェッショナルな部分が垣間見えました。
 
  

この映画の監督は、1980年のドキュメンタリー映画『矢沢永吉RUN&RUN』でプロデュースを務めた、増田久雄氏。
30年間“矢沢永吉”を追い続けた未公開映像や、伝説のライヴも登場。

最近の映像としては、2007年の日本武道館100回記念公演、今年の9月に行われた東京ドームでのバースデーライブにも密着。今月16日に完成したばかりだそうな。

若い時の永ちゃんも良いけど、やっぱり今のオヤジな、いぶし銀の永ちゃんの方が好きだね。

 

『俺、絶対に自信があるね。僕のメロディは素晴らしいと信じているね。だって自分の事、自分で信じてなかったら、この商売やってられないでしょ』

 

『ボクはいつも言うんですけど、繰り返すコトの凄さ。マンネリにならない様に足掻きながら、でも繰り返している。その中で闘っているんですよね』

 

『もし、矢沢の良い所が一つあるとしたら、僕はね、すぐ怒る。すぐ頭にくる。これ矢沢のいいトコロ』

 
永ちゃんが発する言葉って、妙に響くよね。

あの声、あのトーン。

スターで有りながら、人間臭いというか。。。 
  

映画の中で、バイクで駆ける“永ちゃん”が出てくるんですが、、、 

 

もしもね。

こんなスゴイ“オヤジ”と一緒に、バイク旅が出来たら、

60年間ストイックに生きてきた人生観とか、
旅の間に喰らうお説教とか、
一言一言に心を動かされる様な、

そんな魅力的なバイク旅が出来るだろうなぁ。

 

場所はロックンロールな国。アメリカ。

アメリカのマザーロード、ルート66を、バイクで何日もかけて走る様な旅。 

 

クルマじゃダメだね。

やっぱりバイク旅。

 

それこそ、矢沢語録の映画になっちゃいそうだよね!

 

“矢沢永吉”を知らなかったボクでも、こーんなに影響された映画でした。

モチロン、DVDも出るでしょうけど、映画館の大きなスクリーンで観た方が、心に響くと思います。

   

 

熱く映画の感想を語るボクに

「そっかそっか。スパちゃんも“永ちゃん”がようやく分かったか…」と、終始ニコニコの放送作家さんでした。

 

映画「E.YAZAWA ROCK」公式HP
http://www.rock-yazawa.com/

11月21日(土)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー 

 

2009年10月30日 (金)

今日は電車移動!

ブログにUPしたいネタが山ほどあるのに、なかなか出来ないでいます。


だって、でパソコンの調子が悪いんだぁぁぁ……!!


で、今日は珍しく、電車移動中。

ケータイからの投稿☆


今日はこれからね、銀座で気になる写真展に寄って、

矢沢永吉さんのドキュメンタリー映画「Rock」のマスコミ試写。

その後に永ちゃんの大ファンでもある放送作家さんと打ち合わせです☆

さっき「うわ−ムチャクチャ行きてえー」って、連絡来ました。

そうなんだよ。永ちゃんファンって回りで多いんだよね。

ボクは現在、メチャクチャ永ちゃんファン…って訳じゃあないんだけど、
映画観たら変わってしまいそうで、今からドキドキ&ワクワク


最近テレビで観る60歳の永ちゃんって、メチャクチャカッコいいなぁ…って。

あんな60歳、いないでシヨ。


あっ、もう銀座だ!

2009年10月28日 (水)

魔女が怖い!

Rimg17193

先日のTDLで、「魔女が怖い!」と終始言っていた娘。

この時期、TDLはハロウィン一色だからね。パレードでもオバケや魔女など、悪役が沢山出てくるのです。

特に夜のパレードは“悪役”が中心で、メチャクチャ怖がっていました。 

 

 

そして先日、TVを観ていた娘が、

「パパ~。この人も魔女の仲間?」

『えっ?』

 

観ると、楽天イーグルスの監督解雇騒動にインタビューを受けていた、監督婦人。

  

『う、うーん。』

躊躇したものの、ボクから出た言葉は

 

『魔女の仲間かな!?』

 

「ふーん。やっぱしね。」

 

 

とっても納得していた娘でした。。。。 

 

 

ちゃんと訂正して説明すべきか、このまま魔女の仲間として通すべきか・・・

 

ん~~~。 

 

2009年10月22日 (木)

どんぐり虫大発生で、我が家は大パニック!!

 

Rimg16932

↑クリックすると拡大します

(拡大するとちょっと気持ち悪いかも? ご注意下さい)

 

 
6歳になった娘と拾いに行った“どんぐり”。

保育園のお散歩で来た事がある! という公園には、大きな“クヌギのどんぐり”が大量に落ちている…。

 

『へぇ。都内で“クヌギ”とは珍しいねぇ。』

 

子供の頃に拾った“クヌギ”よりも、小振りではあるけど、ボクも“クヌギ”の丸いどんぐりは久しぶりに見る。

 

 

『そんなに要らないでしょ!?』

って言ってるのに、ビニール袋に大量に拾う娘。

40~50個くらいは拾ったかな?

 

↑コレが騒動の発端。

持ち帰って、部屋でゴロゴロ転がしたり、個数を数えたり、おままごとに使ったりして、娘は遊んでいました。。。

 

あれから、2~3週間経った朝。

「キャー、大変!!!」

朝から響く妻の悲鳴!!! 

寝室に飛んで来て
「ちょっと!! “どんぐり”が大変なコトになっているヨ!!」と叩き起こされる。

 

ナンダヨ・・・と見に行くと、

『うわぁ!!』と、ボクも目が覚める!!!

 

どんぐりが入っていたケースは、娘が夕べ遊びっぱなしだった様で、その辺りから、うにうにした幼虫が、フローリングのアチコチを歩いている。

 

こんなの初めて見るよ!

どんぐり虫、大量発生!!! 

Rimg16927_2

↑クリックすると拡大します

(拡大すると更に気持ち悪いかも? ご注意下さい)

 

コレがウワサの“どんぐり虫”かぁ?

ラグマットの下、絵本の本棚の下にも沢山!!

噛み付く感じは無いので、手で一匹一匹集めるが、どんだけいるんだよ!!

(拾ってきた40~50個分は、いるワケだよ!) 
 

 

朝の貴重な1時間が、“どんぐり虫退治”の時間となってしまいました。。。。

 

 

所でなんだ? どんぐり虫って… 

調べてみると・・・

「ゾウムシ」の仲間の幼虫だそうな。

“栗”にもたまーに虫が入っているでしょ? あれもやっぱり「ゾウムシ」の仲間。

 

“どんぐり”がまだ青くて小さくやわらかいうちに、ゾウムシの成虫が、頭の先にある口吻(こうふん)で穴をあけ、おしりの産卵管をさしこんで卵を産むそうな。
(1個のどんぐりには、1個の卵が基本)

 

“どんぐり”が成長する前に産むワケだから、“どんぐり”に産んだ穴があるかなんて、拾った時には見えないワケだよね!

 

卵から孵った幼虫は、どんぐりの中身を食べて成長。

秋になって、地面に落ちたどんぐりから出ると、土の中に潜り“さなぎ”になって越冬。

翌年の夏になると、成虫となって地面から出てくる・・・そうな。

 

ちなみにこの幼虫、釣りエサにもなるそうです。

(何を釣る用だろうね?)

 

 

虫が出てこないようにするには、、、

“どんぐり”茹でてしまうのが良いそうです。

それじゃぁ、なんだか美味そうだよね!

 

改めて上の“どんぐりの写真”↑を見ると、

こーんな小さな穴から、随分と大きな“どんぐり虫”が出てくるんだねぇ。

 

 

ひと騒動が、すっかり勉強になりました!!

 

妻はとても“おかんむり”ですが。。。。。

 

2009年10月20日 (火)

PC調子悪い!!

ん〜も〜〜!

PCの調子が悪い!!

動かなくなってしまうぅぅぅ!


特にこのブログ作成画面を開くと、PCが止まってしまうのは何で???


仕方なくケータイからのグチ投稿です(;_;)

2009年10月15日 (木)

ボクも「ラフェスタミッレミリア」のゴールに行ってきた!

 

こーんな記事が昨日のスポーツ新聞に…

Rimg17290 

Rimg17289  
 
あれ? あの後、会見にはマッチさんも合流したんだ!
 
 
…というのも、ボクもゴールの明治神宮には行っていたのです。 
 
 

そう、今年のラフェスタミッレミリアのゴールは、例年の横浜元町ではなく、明治神宮南門。原宿の交差点の門だから、見物の人だかりがスゴイのなんの! 
 
 

ボクが明治神宮に来た目的。

目的① 
明治神宮でゴールってのは、今回が初めて。 どんな雰囲気なのかも含めた取材。

目的②
スタートでは堺さんの期待に答えられなかったので、ボクが撮った写真CDを堺さんに渡す!
 
ご参考:10月13日の記事
http://ridinghigh.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-d131.html
 

マスコミ向けに用意された会見場所付近には、2台だけゴールしたクルマの姿。  

でも堺さんのじゃ無い! 

 

顔見知りのスタッフに
『ゴールしたクルマは、何処に溜まってるんですか?』と聴いてみる。

いや正確に言うと、30分後に南門で始まるゴールセレモニーの為に、明治神宮中程の、この駐車場に続々と集まっているハズなのです。  
 
  

『何処です?』の問いに 

「ココ!」

と答えるスタッフ。 

 
『えっ!? じゃ、到着したクルマは2台だけ!??』

 

会見はとっくに始まってる時間のハズなのに、マスコミの人達はこーんな状態。 

Rimg17166

 
ありゃま! 待機中だ。。。 

  

極秘情報沢山の運営マニュアルを、コッソリ覗いて見ると…

Rimg17133   

やっぱり予定時間通りに、到着してないみたい。。。。 

 
ラフェスタミッレミリアは、公道を移動しながらのラリーですからね。

1日の走行距離も長いし、渋滞に巻き込まれたりと、予定通りに行かない時もあるのです。
(元・オフィシャルスタッフとしての実感!)
 
 
 
 
そうこうしている間に、数台帰ってきたものの、堺さんはまだ…

 

みんなクルマから降りると、

「はぁ~、疲れた!」と伸びをしたり、

「暗くて見えないよねぇ」
と、エントラント同士話している。

Rimg17147  

Rimg17151

 

それでも

『今年はどうでした?』の問いには、

「最高に良かったよ!」と、笑顔満々。 

 

いいなぁ。

参加者じゃないと、疲れの中の充実感って、わかんないよなぁ~~。 

 

みんな、サービスのホットコーヒーを、美味そうに飲んでるよ・・・。 

ゴール時間までの少しの間、楽しそうに話している…

 

 

Rimg17144
そして18:00を過ぎ、1台1台、ゴールへ向う。 

Rimg17158  

Rimg17162

 
 
ん~。 堺さん、来ないなぁ~。

 
ボクはこの後に予定が有り、18:30には遅くても会場を出なくては…

もうそろそろ出ないと… と思ったその時、堺さんのクルマ1952年型のブルーのFIAT 8Vが入ってきた!  
 
コッチに来る…のではなく、スタッフに誘導されるまま、クルマはマスコミの待つ会見場所へ横付け。 
 

途端に報道陣の照明が、暗闇に煌々と灯りました。

  

ダメだこりゃ! 渡すにはまだまだ時間が掛かる! 

もう間に合わない!!

もう行こう! 
 
 
となったのです。
 
 

しばらく振り返りながら会見を見ていたのですが、マッチさんはいなかったなぁ。

その後直ぐに合流したのか・・・・
 
 
 

3日間で約1600キロ(1000マイル=イタリア語でミッレミリア)を走ってきた参加者達は、

Rimg17171

この向こうの赤絨毯で、沢山の観客と祝福の拍手。

生バンド演奏と司会者からのインタビューに迎えられるのです。

みなさん、お疲れ様でした。 
 
 
 
「スパちゃん、本当に疲れたヨ!」と、運営スタッフもグッタリ風。
 
 
ホント、ご苦労様です。 
 
 

いや~。
参加したいなぁ。

スタッフでも、参加者でもどっちでも楽しいよ!

 

モータースポーツ、

コト、ラリー競技は、

クルマでも、バイクでも楽しいよネ!

Rimg17172  

栄光のゴール、おめでとうございます!!

 

コレって、ゲリラ豪雨の上昇気流に吸い上げられてない!?

 

昨夜のゲリラ雷雨。

メチャクチャ凄かったです。 

 

そのゲリラ豪雨を、TDLで体験しました!  

Rimg17284

↑停止したアトラクションから出され、退避する図 

 

ソレはね、こんな状況でした。 

1回待てば直ぐ乗れてしまう、空きぎみのキャッスルカルーセル(TDL版メリーゴーランド)を降りたら、

『あれ? 雨が降ってきたか?』

 

その直後、バーン!バーン!と、TDLの夜空を彩るハロウィンバージョンの花火。

『おっ! ちょうど8:30かぁ!』  

 

イッツ・ア・スモールワールドの裏手で上がりますからね。

正にベストポジションと、ベストタイミング!! 

  

数分間と、とっても短いアトラクションながらも、ハロウィンバージョンのミッキーやネコ(?)のカタチの花火が、直ぐ目の前で打ち上がるんだから、スゴイよね! 

 

そして、花火のフィナーレから2~3秒後。

雨がザーーーッ! と、スゴイ勢いに!  

 

なんてスゴイ、タイミング!!

間一髪! とは正にこの事!! 

 

 

今出たばかりの、キャッスルカルーセルの軒先に飛び込むように退避! 

一斉に駆け込んで来る人で、あっ!という間に埋め尽くされてしまう。 

 

でもソコには列を整える為のチェーンが2ライン。 

 

押されて危ないヨ! 

しかも更に滝の様な雨となってしまい、チェーンを乗り越え、キャッスルカールセルのフェンスギリギリにて雨宿り。 

それでも、叩きつける雨と、吹き付ける風が舞って全身が濡れてしまう! 

  

ドバーン! 

と、直ぐ近くに落ちた雷が鳴り響いて、

 

キャー! という悲鳴も響く! 

   

 

ここにいても濡れるだけ。 何とか良い方法は…?

15mくらい先に、アトラクション入り口の屋根がある場所があるんだけど、、、 

フェンス沿いには人が多くて移動が無理。 

 

そうだ!! 

 

捨てようか迷っていたレジャーシートが役に立った!

見知らぬ家族がチェーンの外側に逃げ込んで来て、子供達はビチョビチョ。『もっとコッチに入りな! このシートの端を持って濡れないようにしな!』 

吹き付ける雨を、ウチの小っちゃなシートで凌ぐ両家の8人。 

  

もう全員がビチョビチョ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↑ここまで、雨が降ってから1~2分の話し。 

 

正に ゲリラ豪雨 & ゲリラ雷雨。

 

キャッスルカルーセルの中に入れてくれさえすれば、軒下にいる全員が濡れずに済むのに…。

係りの人は? と振り返ると、

 

木馬から降りた客達を、全員を外へ出してしまったから、事態は更に大混乱! 

  

出された客達も堪らず、アトラクション入り口の屋根下へ退避。

 

出さずに待機させれば、濡れる人は少ないのにねぇ・・・ 

 

更に巻き込む雨風。 

「ここにいても濡れるだけ!」 と判断し、

ウチの娘と、一緒に雨を凌いでいた家族の子供達3人を抱きかかえて、フェンスの向こうの木馬の方へ移動させる。

そして、ボク等親達もフェンスを乗り越えアトラクションの中へ。 

 

怒られはしなかったけど、係りの人達から出口へ誘導される・・・。 

 

えっ!?

この状況で、やっぱり出されちゃうの?  

濡れるだけジャン! 

 

緊急事態だってのに、なんてマニュアル的。 

  

しかも、、、

「雨の為、お待ち頂いてもアトラクションが再開しない可能性もありますのでご了承下さい!」 のアナウンス。

 

待ってんじゃ無いよ!

雨宿りしてるんだよ!!  と、聴こえて来る声にも、思わず笑っちゃう。 

 

だってねぇ。 この状況じゃぁ、誰もアトラクションを楽しもう! なんて思っちゃいないよ! 

 

しかも目の前のアトラクション、“アリスのティーパーティ”(TDL版・コーヒーカップ)では、皆がティーカップのイスに座ったまま待機してるジャン!

 

マニュアルというよりも…

“係りの人の機転の差”  だった様ですね。。。 

 

 

でもね、あっ!という間に一面が“湖”の様になってしまったTDL。

“鳴門のウズシオ”の様に渦を巻きながら、ゴゴゴゴーとドンドン排水されて行く排水溝が有るんですね。 

普段全く気が付かないけどサ。 

 

DLの凄さを見た気がしました!

 

 

帰宅後、撮影した花火の写真を見たら、ホラ、凄い事を発見!!

Rimg17277_2

↑花火開始直後の20:30撮影

(この時点では、まだ普通) 

 

Rimg17278_2  

↑花火後半の8:03

(少し吸い上げられている感じが…) 

 

 

Rimg17281  

更にその後、 
フィナーレ直前、雨の降る直前。

ね!

 
肉眼では全く気が付かなかったのですが、写真で確認すると、こんな風になってました。。。 
   

 

コレって、ゲリラ雷雨の上昇気流のせいで、打ちあがった花火が、上に吸い上げられてる…だったりしない!?

 

専門家じゃないので、詳しくは分からないけど…  

もしそうだとしたら、貴重な写真じゃない? 

 

いやいや、

カメラが逆さまなんじゃ!?

 

※RICOH Caplio R7にて撮影
立て位置撮影では、シャッターを右下側にして撮影するクセがある様で、他の立て位置写真も、全てこの向きです。だから、この時も無意識にそうだ…と思うんだ。

  

自分でも、まさか・・・、ホントに・・・?

と思って何度も確認したのですが、やっぱりこの方法で撮影している様です。 

 

 

そう。

ちなみにゲリラ雷雨は“マニュアル通り”、だいたい40分で去ってしまいまいました。。。。 

  

2009年10月13日 (火)

ラ フェスタ ミッレミリア2009 に行ってきた!

Rimg17027  

La festa Mille Miglia(ラ フェスタ ミッレミリア)に行ってきた!

…と、言っても
10日(土)の、明治神宮スタートに行って来たのですが・・・
 
(UPが遅くなりました) 

 

 

ちなみに本日、
1000マイル(イタリア語で“Mille Miglia”約1600キロ)走ってきた往年の名車達が、明治神宮でゴールします。
(18:00~19:30頃、明治神宮南門でゴールセレモニー)
 
  

 
さて、スタートの日は、

同じ午前中に別件用事があり、
ミッレミリアの会場にいられるのは、1時間ちょっと。 
 
  

短い滞在時間で、色々な人と再会して、写真を撮って…忙しいゾ! と想いながらの現地入り!

 
 

で、受付で、のっけからお会いしたのがこの方。

Rimg17019

電撃ネットワークの南部虎弾さん。
南部さんとはね、どういうワケか古くから知り合いなのです…

HPもスゴイhttp://www.nambutorata.com/

南部さん、知り合いが出場しているとの事で、去年からスタートには来ているそうな。 
 
 
なんたってこの風貌ですからね。

会場内でも目立つ、目立つ!

Rimg17018

(↑南部さんを捜せ!)

 
 
 

そして、元・オフィシャルでもあったボクは、事務局のスタッフや、参加者の方々とも久しぶりの再会に花が咲く!
 
 
 
 

そう。
写真撮らなきゃ!

参加者の方って、クルマに合わせた服装で参加している方が多く、今年はそんな取材がしたい…! と思っていたのです。 
 
 
 

まず最初の方に話を伺っていると、、、

堺さんがやって来て、

(ボクは、元・堺正章氏の付き人です)

「オイ近藤! このカメラで、グリルとエンブレムの写真を沢山撮ってくれ!」と、ボクにカメラを渡して来たのです。

 

『へ!? ボクだって今日、忙しいのに???』 

インタビュー中でもあったので、堺さんにカメラの使い方や、目的を聞くヒマも無く、何処かへ行ってしまった堺さん・・・。
  
  

やっと探したら、ナントTVの取材中。 

ん~~。 まだまだ時間がかかりそう。。。。
Rimg17033

うぇぇ~、困ったなぁ。
オレだって時間無いのに…。

 
 

でも幸いにもカメラは“リコーのGR”。

ボクも普段からリコーを使っているので(GX100.G600.R7等が愛用機です)、基本操作は大体一緒。

 

でもなんで“グリル”と“エンブレム”の写真?
何かデザインをする参考にでもするのかな?

こーんな感じで、何枚か撮っていると、
Rimg17039

Rimg17038 

Rimg17046

 
『ん? 待てよ! オレだって写真撮りたいんだから、堺さんのじゃなく、オレのカメラで撮って、後でCDに焼いて渡せば良いジャン!!』 
 
 
 
急遽取材テーマ変更!

ファッション・インタビューではなく、堺さんの要望に答えるべく、クルマのグリル周りの撮影開始! 

 

Rimg17055 

Rimg17056  

Rimg17041  

Rimg17072  

Rimg17060  

Rimg17068  

Rimg17050  

 

クラシックカーって、みーんな手作りのせいか、なかなか良い顔している。
かわいい顔、精悍な顔。

何処か人間の心が通っている様な顔……

 

逆に、今のクルマの顔って、ちょっと怒った顔してるよね!?

堺さんの要望が、かえって違う目線から見る事が出来ちゃいました。

 

 

でも、『おう! スパちゃんどうしてるの?』
と話し掛けられるものの、あまり話しが出来ず、“グリル”や“エンブレム”ばかりで、

ボクのタイムリミットが来てしまいました。。。

堺さーん。 カメラを返したいのですが、ドコですかー???

ん~。やっぱり、色々な人と話しがしたかったなぁ。 

 

ちなみに、バイク好きでもある、この顔触れ。 

Rimg17054

東儀秀樹さんは、日本のラフェスタ…でも、本国イタリアのミッレミリアでも、好成績を残している腕前のドライバー。

桐島ローランドさんは、バイクでラリーレイドモンゴルや、パリダカ完走などのラリースト。

この組み合わせって、もしかして優勝候補じゃない???

ん~。
色々と聞きたかったなぁ~~~。

 

2009年10月 9日 (金)

“ホンダCB1300ポリス仕様”を交通安全教室で見た!

Rimg16905  

 

今日の仕事の場所は、杉並区内の中学校。

スタントマンによる交通事故再現、スケアードストレートの交通安全教室の司会です。

 

↑この写真は、“サンキュー事故の場当たりをしている図”。 

 

渋滞して止まっている…という設定のトラックに、

「どうぞ!」と譲られた乗用車が、「サンキュー」と、トラックの前を横切ると、 

バーン!

 

トラックの脇を走ってきた、死角で見えない自転車が(バイクの時もある)、対向乗用車と正面衝突!! 

  

正面衝突の衝撃で、スタントマンが乗用車のボンネットを飛び越え、そのまま道路に叩きつけられます! 

実際の事故では、間違いなく死亡事故になる、キケンな再現! 

 

 

交通事故の怖さを直視して、交通ルールを守る事、事故防止をする大切さを認識させる事。

これが“スケアードストレート”の目的です。 

  

帰りがけ、

学校の駐輪場にとめておいた、自分のバイクを出そうとしていると、スケアードストレートを観たばかりの、PTAの方達から呼び止められました。 

 

「どの事故再現も、本当に怖かったです」

「私達も、とっても勉強になりました」

「クルマの運転や、自転車に乗る時の意識が変わりました!」 

 

 

コレぞスケアードストレートの威力。

効果絶大ですね! 

 

そして、 

「本当にケガは無いんですか?」と、皆さん口を揃えて言う。 

 

そう、いつもながら、カラダを張って交通事故再現をするスタントマンの皆さんには、ホント脱帽です。 

 

司会をしながらも、毎度ヒヤッ!っとするスタントが沢山有ります。

  

そんな中、「僕、今日が2回目なんですよ!」っていう、新顔のスタントマンがいました。 

 

彼は次の3回目のステージで、“トラックの左折に巻き込まれ、トラックの下に挟まってしまう自転車役”を演じるそうで、

本番が終わってから、何度も何度もトラックとの距離感や、トラックのどの場所に挟まれるか…を自主練習していました。 

  

スタントとは言え、再現するのは、全て実際に起きた“死亡事故”の再現。

 

再現であっても、トラックの下に巻き込まれたスタントマンや、自転車を取り出すのは、いつも大変な作業! 

 

失敗すれば大怪我になりますからね。

 

皆さん命がけで、交通事故の怖さを訴えるスケアードストレート。

機会があれば、是非観て下さいネ! 

 

 

さて、今日ボクが気になったモノはコレ。 

Rimg16906  

Rimg16908  

Rimg16910  

 

警視庁では、今年の春から導入された…というHonda CB1300 Super Bold'or(スーパーボルドール)のポリス仕様

2008年型のSuper Bold'orをベースにした白バイの最新モデル。 

(装備に付いては、秘密が沢山あるのでゴメンなさい)

 

『VFR800Pと比べてどうですか?』

「こっちの方が全然乗りやすいね! でもちょっとサスが柔らかくって、スネークすると(白バイの技術向上のトレーニングテク)、マフラー擦っちゃう時があるんだよね。」  

とは、この白バイの持ち主の談。

 

ノーマルと比べて、ポリス仕様は重いオプション装備が沢山あるし、サスセッティングはノーマルとは違うとは思うんだけど、、、 
  

 
ちなみに持ち主の方は、プライベートでもバイク遍歴が沢山あり、“体格の良い方”でも有りました。。。   
 
 
 

「跨っても良いよ!」と言ってくれたのですが、

スケアードストレート終わりで、警察の方が生徒を前に、安全教室の講義中…

皆から見える場所…
 
 
だったので、止めときました!

残念!! 
 
 

是非次回に乗らせてください!! 

 

2009年10月 8日 (木)

台風一過で“ぎんなん”を踏んじまった!

Photo 

まだ朝のうちは雨がスゴかったんだけど、出かけようと思った瞬間、急に晴れ間が出て、、、 

それからは台風一過で、カンカン照り! 

 

 

午後はバイクで、四谷三丁目から外苑東通りを南下。 

 

沢山雨が降った後の空気は、澄んでるね! 

走っていて快適そのもの。

明治記念館のトコロのイチョウ並木からも、この写真の赤羽橋の公園も、“ぎんなん”の香りが・・・ 

 

そっか~、もうそんな季節なんだなぁ~と、風情に浸りながらのライディングでした。 

 

“風情”とは言っても、ブロックタイヤに挟まってしまって、、、 

かなり臭いんだけどね!  

 

2009年10月 7日 (水)

La Festa MilleMigliaからの案内状

Rimg16871  

そうそう。

今度の土曜日10月10日は、クラッシックカーイベントのLa Festa MilleMiglia。

スタートの日。

Res09963  

Res09934  

Res09962  

Res09966

1926年製のBUGATTIから、1967年製のJAGUARまで、往年のスポーツカー、走る芸術品が100台余り大集合します。 

 

今年はね、スタートも13日(火)のゴールも明治神宮になるので、より身近で観られますよ! 

元々、堺さんの関係も有り、La Festa MilleMigliaのオフィシャルメンバーだったボクにとっては、

スタッフの皆さん、参加者の皆さんともお会い出来る楽しみなイベントです☆

去年は、スターリング・モス氏も、奥様と参加。

Res09937

 

  

あっ、ちなみに・・・

去年5歳になったばかりの娘は、

 

この方にナンパされてました。

Res09976  

 

ジローさん。

早すぎますヨ!!angry angry angry 

 

 

La Festa MilleMiglia2009

オフィシャルHP

http://www.lafestamm.com/2009/ 

↑参加車両は写真付きで紹介

通過場所と通過予定時間も有ります 

家や会社の近くを通るかも? 

 

お気に入りのサンダルを紹介

Hd

 
【バカの大足!】と言われ、靴やサンダル選びにはとっても苦労するボクですが、、、
 
 
このサンダル、とってもお気に入りです☆ 
 
 
 
EVAという、バイクウエア内蔵のプロテクターと、同じ素材のサンダル。

EVAったって“エヴァンゲリオン”じゃないヨ! エチレン・ビニル・アセテートの略。  

環境ホルモンを一切含まない無公害素材で、劣化しにくい上に、弾力性や耐久性も高く、とっても軽い。 防音&衝撃吸収素材として、工業用や安全マット、教育用玩具、すのこ、など幅広く使用されているそうだよ! 

最後に焼却処分する時にも、ダイオキシンが発生しないそうだ。
 
 
 
 
このサンダル。通常のこの手のサンダルと何が違うかと言うと、、、 
 
 
かなりハード仕様。 

↑(オレにピッタリ!) 
  

 
つま先もガードされているし、肉厚でクッション性も高い。 

こーんな雨の日は、この手のサンダルって滑りやすかったりするでしょ!? 
 
 
 
でもこのサンダルは、

Rimg15536_2

滑り止めの工夫もなされている・・・ 
 
 
 

つま先がガードされているから、ちょっとした雨ならつま先から濡れるコトは無い。 
 
海岸で歩いたって、砂がつま先から入ってこない。 
 
 
 

 
このサンダルとの出会いは、今年のお盆休み。 
 
 
CAPTAIN STAG”というブランドのある方が、「フォールスター」シリーズのサンダル全色を、贈ってきてくれたのです。 
 
Rimg15534  

『わぉ!』と喜ぶボク。

「こんなに沢山、何処にしまうの!?」 とオカンムリの妻。
  

 

上の段は、通常の「フォールスター サンダル」。

コッチは従来品で、今まで愛用していた物。

HDを一度知ってしまうと、ちょっと“キャシャ”な感じ。

 
でもね、偏平足ぎみなボクの“アシ”にとって、このサンダルの土踏まずのアーチは、とっても気持ち良い刺激!
ビルケンシュトック…とまでは言いませんが、病み付きになっちゃいます。

 

そして写真の下の段3色が、
従来品の弱点を改良した、新作の「フォールスター サンダルHD」。

HD=ハード仕様

 
個人的にとっても残念なのは、このHDにも、土踏まずアーチの刺激があれば、「言う事無し!」なのですが・・・

 
 
 

でもとっても気に入っています。 
 
 
ちなみにボクのサイズは、

「フォールスター サンダル」=41(25cm ~ 27cm)
「フォールスター サンダルHD」=44(28㎝ ~ 29cm)

何で同じメーカーなのに、こんなにもフィットするサイズが違うのか… 
 
ボクの“アシ”がヘンなの?

 
 
Baliへ行く直前、娘のサンダルも、このHDサンダルに買い換えちゃいました。

(子供用は、ピンクとサックスブルー)

だってBaliの道って、その辺にガラスの破片が落ちてたりするから、こんな肉厚なサンダルじゃないと貫通の心配があるワケよ!

 
 
飛行機に乗る時も、このサンダル。
海から上がったままの濡れた足で、コレ履いてバイクにも乗ってました・・・
Rimg15907
 
 

あっ! 日本じゃ「キケン!」と叱られそうな「バイクにサンダル乗車」ですが、Baliじゃ当たり前。

バリニーズ達は、ビーサン乗車ですからねぇ。 
 

今年のBaliは、このHDサンダルのお陰で、スニーカー感覚で乗車出来ました! 
 
 
 
 
ここまでお気に入りのサンダルだったので、

先日のラブジアースの“スパ太郎賞”として、“CAPTAIN STAG”のご担当者にお願いして、プレゼント協賛して頂いたワケなのです。

Rimg16607  

13_2
おっ! 集合写真でも“オレンジ色”の足元が目立つね!
おっ! オレの後方には、当選した子供が、サックスブルーのサンダルを早速履いてくれているじゃないか!

嬉しいねぇ。 
 

 
 
今月はカヌーイベントがあったり、

キャンプやBBQイベントがあったりするので、まだまだ大活躍しそうですネ。

という事で、お気に入り&お薦めサンダル、ご紹介しちゃいました! 

 

 
パール金属 アウトドア事業部
CAPTAIN STAG HP

http://www.captainstag.net/home/ 

↑カヌー用品も出してるんですねぇ~

今まで知らなかった商品も沢山ありました

 
 

2009年10月 6日 (火)

この写真の手、なんだ!?

Photo_2  

 

先日、大勢で葛飾の交通公園に行った時の写メが送られて来た! 

 

ん? 誰の手だ? 

 

考えれば考えるほど、思い出せば思い出す程、疑問が湧いてくる。 

 

 

『Keikoさん、この手おかしくない?』

と、撮影主に電話。  

 

「私の手じゃない?」

『いやいや、Keikoさん両手で撮ってたでしょ! Keikoさんだとしても、大きさが違うでしょ!』 

「じゃ、誰かの子供の手じゃない?」 

 

 

確かに休日の交通公園。

子供は沢山いた。 

 

でもコッチはカメラ目線で撮られてるワケでしょ!? 

子供がカメラの前を通ったら、気が付くハズじゃん!?? 

 

 

じゃぁ、誰の手??? 

 

「ちょっとやだぁぁぁ、ヘンな事言わないでよぉ~~~。」

 

 

その電話では、

赤信号で止まった時に撮影したんだから、青信号の歩道を子供が手を挙げて渡ったんじゃない?

で、一応納めたのですが、 

 

手を挙げてればなお更の事、余計にコッチからだって、見えてたハズなのに・・・ 

 

疑問が残るなぁ~~~。 

  

後で娘に聞いても

「誰もいなかったヨ!」 

『やっぱそうだよね!?』 

 

霊感強いワケじゃないけど、この写真から悪意は感じられないし、、、

 

『きっと 座敷わらし じゃない?』 

『いいコトあるかもよ!?』

『一時期 流行った“神の手”かな?』

 

と、前向きに捉える事にしました。 

 

 

2009年10月 5日 (月)

09.09.20(日)ラブジ牧之原の移動時間

 

いつもね、時々行く…とか、年に数回行く…なんて場所への、

所要時間が忘れちゃうんですよcoldsweats01 

 

メモに書いていても、マメじゃないから、「あれ? あの時のメモは何処かな?」となっていまう。。。 

  

なので、このカテゴリ【走行ルートと時間の備忘録】に記しておきます。

コレならズボラなボクでも、PCさえ立ち上げれば、観れるモンね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

■09.09.20(日)
ラブジ牧之原(シルバーウイーク)

◆車両:スパ太郎のスパシオ

◆往路
4:20自宅発
4:30東名東京IC in
6:30牧之原SA着 (仮眠1時間)
8:05相良牧之原IC out
8:30地頭方海浜公園 着

TOTAL:≒4時間(内休憩1H)
実走:約3時間

道路状況
※静岡IC付近、5キロ渋滞
※相良牧之原ICにて バス炎上渋滞

※速度はスパシオの快適域Keep

 
◆復路
17:50なぶら市場発
18:15相良牧之原IC in
22:25東名東京IC out
23:05自宅 

TOTAL:≒5時間15分 (内休憩≒30Min)
実走:約4時間45分

道路状況
※静岡IC付近、渋滞
※大井松田~海老名 渋滞≒25キロ 通過2時間の表示
17:50頃3台の衝突事故の処理中→レッカー移動

大井松田~海老名までの渋滞≒25キロ 実際の通過時間≒2時間30分

以降、海老名~横浜間も渋滞  

※大井松田~横浜は動かず最悪な状態

特記:復路は大井松田から下道の方が早かったかも???

次回同様の事故渋滞は、迷わず下道へ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

オリンピックよりも、東京でのF1招致を願う!

東京オリンピック招致、残念でしたね。 

15歳の体操少女のスピーチも素晴らしかったし、総理も、都知事も、選手達もプレゼンは良かったので、これは若しかしたら…?

と、夜中の中継、観入っちゃいました。 

 

でも、、、

やっぱり、事前の盛り上がりには欠けたよね。

東京タワーで、あんなイベントが開催されていたのだって、当日の夜になって知ったし・・・。 

 

個人的には、コレを気に、2020年を皆で目指す…っても有りだと思います。

 

それより、昨日のF1。 

トヨタの悲願、1位…にはなりませんでしたが、ヤルノ・トゥルーリがピットに入って、コースへ出た時。 

「やった!」と叫んじゃいました。 

 

チームワーク。 スゴイね! 

F1って、エンターテイメント性の高いモータースポーツだよね。 

 

チームとしての駆け引きが見えて、とてもオモシロイ! 

 

日本じゃ深夜放送が多いけど、「ドイツじゃゴールデンで放送してるから、お婆ちゃんだって、ポイントランキング知ってるよ!」って、ドイツ在住の友人が言ってた! 

 

日本もモータースポーツが、こうなって欲しいよね。

 

 

 

確か、、、

石原さんが、都知事に就任したかなり前の話し。 

お台場で、F1をやる!  首都高でF1をやる!  なんてウワサが有りました。 

 

都民として、モータースポーツ好きとしては、オリンピックも良いですが、『東京でF1招致』の方が、俄然盛り上がっちゃうのですが…。 

 

皆さんはどう?

 

2009年10月 2日 (金)

娘も応援? 東京オリンピック招致!

 

いよいよ今夜未明ですね。

決定されるの・・・ 

 

今夜中継をするTVも有りますね!  

ペレやコマネチが出てくるなんて、スゴイなぁ。  

 

それに比べて都民は・・・

確かに・・・

盛り上がってはいません。 

 

果たして「TOKYO!」 となるのでしょうか? 

 

 

バリでの出来事なのですが、

スーツケースを開けたら、中から【東京オリンピック招致】の“うちわ”が出てきたのです!

 

「うちわ? 誰が入れたの!?」 

 

以前、何かのイベントで貰った“うちわ”なのですが、

どーも娘のお気に入りの様で、娘がコッソリ、スーツケースに忍ばせた様です。 

 

 

バリ島の東北方面、長閑なビーチ前に連泊してた時の事。

 

庭から見える海だったり、

Rimg16226  

 

 

Rimg16229  

 

Rimg16222

  

こーんなバリっぽいモノを撮影していたら・・・ 

横にいた娘がハッ!と気付いた様に

「パパ~。写真撮りたいからカメラかして~」 

と、部屋の中へ・・・。 

 

 

部屋でいったい、何撮ったんだろう?

と、後でカメラを確認した所、、、、  

 

 

なんだこりゃ???

Rimg16100_2  

Rimg16102  

Rimg16101  

 

しかも、引いて撮ったり、UPで撮ったり、、、

 

部屋からはこーんな景色が見えるのに・・・

Rimg16331

 

娘にとっては、バリの景色よりも、“うちわ”いや、東京オリンピックの方が大事だった様です。

 

 

ちなみに、この“オリンピック招致マーク”。

YAMAHAのオートバイをデザインする

GKデザイン”という会社の作品です。 

 

 

GKの作品は、Baliに勝ちましたね! 

  

ここまで来たら、都民としても招致が決まる事を願っちゃいます!! 

 

2009年10月 1日 (木)

京都の手作り「おとうふのたれ」

 

この前知ってから、ハマってしまった、駒沢にある、産地直送販売&レストランの「Lonowa」駒沢

Photo_3

この前書いたブログ記事
http://ridinghigh.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/lonowa-cb2e.html

 

この方、店の“長屋さん”。

Photo_4

長屋さんの、「僕今、この豆腐と、タレにハマっちゃってるんですよ!」の一言で、ボクもついつい買っちゃいました! 

 

Photo_5

この時、ボクが気になったのは、豆腐の方。

 

長野県 若松屋 国産契約栽培大豆使用」の札と、

ラベルに書かれた、「製法特許ミネラル」の文字。 

 

なんだかコダワリが詰まっていそうで、しかも¥300-?

安くない?

しかも、本日残り1コ!?

   

 

この時、長屋さんお薦めのタレには、こんな札があったものの、

Photo_6

正直あまり興味なく、おつきあいで、買い物カゴに入れた程度だったのです。。。。

 

美味しい豆腐にね、醤油やら、ポン酢やらをかけてしまうと、豆腐本来の味が“台無し”になっちゃうんだよね。 

豆腐は繊細な食べ物。

ここ最近、豆腐には何もかけない。

かけても、お気に入りの“塩”を、パラパラっとする程度のボクなのです。

 

 

で、その晩の食卓に並びました!
 
Photo_7  
 
「お豆腐が美味しい!!」とパクパク食べていたのは、6歳の娘。

取り分けた豆腐を、娘がおかわりするのは、珍しい事。

   

ん~! この豆腐。

…申し訳ないのですが、

やっぱり何もかけない、“このまま”の方が旨いヨ!
 
 
 

“大豆の味”もしっかりとするし、ほのかな甘みもある奥深い味。 なんて言っても、風味が、バツグンに良いのです。

せっかくの豆腐に、タレをかけてしまうのは、もったいない。

 

 

そう思っていたら妻が、

豆腐全体に“とうふのたれ”をジャーー。

「あぁ、あぁ! 何でかけちゃうの!?」

ボクは少々オカンムリ!

 

でも妻は気にせずパクリ!
「あっ! コレは物凄く美味しいヨ!」と絶賛!

「どれ!?」

と試食してみると、、、 

 

・・・ん。確かに!!

いわゆる“ダシ醤油”なのですが、豆腐の風味を損なわずに、更に美味しくしてくれますね、コレ。

 

いったい何が入ってるんだ?

と、原材料名をみてみると・・・

本醸造醤油をベースに、砂糖、かつお節、こんぶ、椎茸と、やっぱりいわゆる“ダシ醤油”。
 
 
でもきっとこの配合バランスが、京都的な手作りなんだろうね。 
 
 

よく「アミノ酸成分が美味しくさせる」っていうでしょ。
ソレかな? 

 

 
 
以来、他の豆腐を買って来ても、この「おとうふのたれ」が、更に美味しくしてくれています。

 

長屋さん、お薦めありがとう!

 

今じゃボクが、回りに薦めちゃってますヨ・・・(happy01

 

あっ、lonowaに行く方!

夜は営業してませんので、ご注意を!

APRIL-NOVEMBER 10:00~19:00

DECEMBER-MARCH 10:00~18:00  

CLOSED  1/1,2,3  & 12/31

TEL:03-6411-6786  

      

 

『Lonowa 駒沢』HP
http://www.lonowa.com/ 

 

地球愛護活動「ラブ・ジ・アース ミーティング」in牧之原市に行って来た!

 
 
Rimg16664
ラブ・ジ・アースの報告を楽しみにしていた皆様。

大変長らくお待たせ致しました。
 
 
ようやくUPさせて頂きます。
(遅くなってしまいゴメンなさい) 

13

参加者800人。

9月20日(日)にね。

ライダーによる地球愛護活動「ラブ・ジ・アース ミーティング」が、静岡県牧之原市、地頭方海浜公園で開催されました。

(去年に引き続き、同じ場所での海岸清掃活動です)

 
 
 
今回のラブジも、直前まで台風や雨が心配されていましたが、

ラブジのパワーってのは、やっぱスゴイね! 
  

 
快晴! 
ジリジリと痛いくらいの日照り。 

 
 

ボクは娘を連れての参加だった為、クルマで参加(スパ太郎のスパシオ)! 
 
 
シルバーウイークの渋滞を避ける為に、4:30に自宅を出た! ってのに、既に所々で渋滞! 
 
しかも、出口の相良牧之原ICは、バス炎上で渋滞。

 

それでも何とか、途中で仮眠をしながらも、8:30には会場入り出来ました。。。 
 
 

 
ボクにとって、今回のラブジはね「再会&出会い」のラブジになりました!

 
 

先ず、会場に着いてスタッフ達と久しぶりの再会!

で、言われたのが、
「あれ? スパちゃん痩せた!?」 
  

いやいや、スタッフだけじゃナイよ!
 
 

「スーパーカブで国道10万キロの旅」の途中の“藤原かんいち”さんも、久しぶりの再会! 
 
佐藤信哉さんも一年ぶり?

そんな2人からも「スパ太郎、痩せた?」とのお声掛け! 
 
 

他にも多くの、参加者のリピーターの皆さんとも再会!

しかも会う方会う方から、

「スパさん、痩せましたね!」と。 
 

 

嬉しいネ! 
 
実はボク、密かにダイエット中なのです。 
 
 
 
 
いや、 

密かに…っていうのは、ちょっと事情があって、

ホントはね、プロアスリートも通う、“ウイダートレーニングラボ”ご指導の元、そのダイエット法をブログに書く予定だったのですが、

始めて早々に、例のバリ島へ渡航。 

滞在中に、暴飲暴食の連続で、スタート前より体重が増えてしまい、ダイエットを始めている報告がしにくい状況だったのです。

 
 
ラブジのこの日は、帰国から丁度20日目。 
 
まだちょっと、食べ過ぎの余韻が……

 
 
 

恐らくですね・・・・

皆さんが「痩せた?」と錯覚したのは、日焼けをしたせいでは??? 
 
 
 
 

でもね。
ダイエット中のライダーの方、他にも いました! 
 
 
Rimg16605

この方、5月の柏崎のラブジアースで、豪華賞品、皮のジャケットと革のベストが当たったのですが、サイズに大問題が… 
 
  

「9月のラブジまでにダイエットして、ジャケットを着て来て下さいね!」と、ボクがステージ上から来場の皆さんに拍手を求め、満場一致で、ダイエットを義務付けてしまったのです。 
 
 
 
 
スゴイ! スゴイ!

ちょっとキツそうだけど、ベスト着れてる!!! 
 

Rimg16603

 
 

で、ジャケットは?

ん~~~。
 
 
ファスナーが締まらないですね。 
 
Rimg16604  

でも、もう少しで締まりますよ! 
 
 
 
いやいや。
4ヶ月間、努力されましたね。 
 
 
素晴らしいです☆

 

 
来年の春の“ラブジ”に向けて、更にお互いにガンバりましょうね! 
 
 
 

 
他にもね、前回の柏崎で

「ボクね、もう直ぐ3歳になるんだ…」と語りながら、スパ太郎持参のマイトングで、ゲジゲジをいぢめていた男の子。
Photo

(↑ 5月の、ラブジ・柏崎の図) 

 

その隼人君にも再会!

Rimg16657
おぅ!

覚えててくれて、ありがとう!!happy01good

 

隼人君、この4ヶ月で少し顔つきが変わって来たネ!

ご両親には、諏訪のおみやげも頂き、ありがとうございますm(_ _)m

 

 

他にもね、
沢山のリピーターの方や、他のイベントでもお会いした方達から、お声掛け頂きました。 
 

(お名前覚えてなかった方、ゴメンなさい)

 

でもこういうの、物凄く嬉しいです☆

みなさん、ありがとうございます。

 
是非また、お気軽に声掛けて下さいネ♪ 
 
 

 

一人でも多くの人に、地球に良いコトを広めよう~と、 

ボクも今回、友人を誘いました!

 
 
 

その一人。
ロシアンラリーで知り合った、女性オフローダー。 

子連れでの参加! 
Rimg16635
(左はウチの娘です)
 
 
 
小柄なのに、なかなかファイターで、海外のレースやイベントにも参加する程の腕前。  

 
右の息子君は、まだ1歳。 

 

下の子の面倒をみたくてしかたない、ウチの娘の遊び相手に丁度良く、ボクとしても、とっても助かりました。

 

でも息子君、 

バイクはママを通して身近なモノのハズなのに、バイクの音がちょっと怖いみたい。。。
(ありゃま!)
 

 
ゲストライダーの“黒山健一選手”のトライアルデモの時には、音にビックリして、逃げまくってました。

Rimg16678
Rimg16681  

 

↑見よ!

コレが、トライアルの神技! 
大盛り上がりでした 
 

 

会場には出店ブースも沢山あってね、

写真を撮ったブースをちょっとだけ紹介しますネ!

 

まず、、、、
来年のゴールデンウイークに、世界各国から女性ライダー大集合のイベント、
2010 WIMA インターナショナルラリー日本大会(通称:WIMA日本ラリー)が開催されるのですが、

そのイベント案内のブース

Rimg16686   

↑WIMA日本ラリー実行委員長の太田さん

 

 

その横にあったブースが、
お腹がグーと鳴る、地元静岡の富士宮焼きそば。

でもボクが気になったのは、焼きそばじゃなくて、コレ。

Rimg16687
ス、ス、ス、スゴイ!!
 
でも、ダイエット中なので、止めときました。。。
 
 

 
 
ラブジは“地球愛護活動”のイベント。 
 

エコなブースもありました。

Rimg16700

NPOすけがう会の、“すずなり工房”。

Rimg16701

この“万能タオル”は、新幹線のグリーン車で使用される、おしぼり。 

通常は使い捨てなのですが、丈夫な不織布を使い、製造メーカーの知人から「もったいないし、何か再利用出来ないかね?」と提案されたのが、考案するきっかけだとか。 
 

すずなり工房で、洗濯をし、キレイにしてからこの様にティシュの様に取り出せる工夫をしての商品化。 
 
価格は¥200-だったかな?
¥300-だったかな?

(スミマセン、忘れちゃいました) 
 

安価で、分厚い不織布だから、ちょっとした掃除にも使えるし、バイクのメンテにも良いんじゃない?

 
障害者の雇用にも、環境にも貢献した商品だそうです。。。
 
  

 

そして、去年ボクが衝撃を受けたNGOのブース。

Rimg16697  

 

カメハメハ王国。

そう、ここの海岸は、ウミガメの産卵地。 
 
この海岸で生まれた“赤ちゃんカメ”(赤ウミガメ)は、遠くメキシコのバヤ半島まで1年以上かけて泳いで行き、
 

20数年経って産卵期になると、また1年以上かけて、自分が生まれた日本の海岸に戻って来るのだそうです。

 

トコロが、20年経って戻ってきた日本の海岸は、生まれた当時と様子が違う。

 

海岸の浸食。テトラポット。海岸の漂着ゴミ。 沖には定置網や往来する多くの船などなど。。。 
 

中にはゴミとエサを間違えて食べてしまい、死んでしまうカメもいるのだとか…

Rimg16688

Rimg16694

↑カメのお腹から出てきたゴミです

 

カメハメハ王国の皆さんが、ウミガメの産卵や孵化を観察&見守っているのです。
  

 

しかもカメハメハ王国のHPを見ると、イベント当日の20日の日にも、赤ちゃんカメが、孵化して海に潜って行った…みたいなんだよね! 

 

なんだよぉ~。

近くにいたんだから、見たかったなぁ~~。

(メチャクチャ後悔です☆)

カメハメハ王国HP

http://www2.wbs.ne.jp/~kamechan/index3.html

 

 

今年も娘は

「海がキレイになれば、カメも喜ぶよね!?」と、海岸清掃をハリキってました。。。
 

  

で、肝心の海岸清掃活動!

Photo_2
↑ゲストによる記念ショット

 
 

トコロが、当日通過した台風が、波でゴミを海中に持って行ってしまった様で、海岸にゴミがあまりナイのです・・・
  

 

海岸…というよりも、むしろこっちの草むらの方に、ゴミが打ち上げられてました。

Rimg16644

いつもは波が無い海岸なのに、しかもテトラの間を縫って、こんな場所まで波があったとは、、、

 

台風の波って、やっぱスゴイんだね! 

 

Rimg16633
「ママ~、ゴミが無いよ~」と、コチラのママも、砂の中から無理矢理ゴミを引っ張り出す!

 
 

 

あれ?

砂浜に人だかりが…
Rimg16636

ナニナニ? 何掘ってんの?? 

 

Rimg16637

なんだ? なんだ?
何か出てきた!!!

 

 

こんなビニールが埋まってました
Rimg16639

こんなのが、砂に埋まっちゃうんだねぇ。 

 

 

そして、終了の11時になったので、ボクも終了。 

Rimg16645_1_2  

なんとかき集めました! 

 

今回はゴミが少ない…とは言っても、みんなで集めたゴミの山
Rimg16649_1
Rimg16651_1  

会場の数箇所に集められたゴミの回収量は、、、

 

ナント、3.3t!

内訳は、、、

  • 可燃ごみ3020kg
  • ビン200kg
  • 缶80kg

(ビンと缶はリサイクルされます)

※袋に入れていない粗大ゴミ系は計量できないため、回収量は不明

 

 

無い! とは言っても、あるんだねぇ。 

集まるもんだねぇ。

みんなでやると! 

 

台風がサラって行かなければ、もっとゴミがあったんだろうね。

 

(直ぐ近くの海岸では、10年ぐらい前、ゴミが多くてサーフィンが出来ない状態になったそうです。 今は地元サーファーや地元の方達がビーチクリーンを繰り返し、だいぶキレイな海岸に戻って来たそうですヨ)

 

こう言う地元の方の話しを聞くと、やっぱり、こういう活動は良いんだねぇ。

と思えるよね! 
 
 

 

さぁ、ステージイベントの第2部では、ボクもトークショーやジャンケン大会に参加!

Rimg16599

 
 

 

スパ太郎賞には、

キャプテンスタッグ(パール金属)の、アウトドアサンダル『フォールスターサンダルHD』をプレゼント!
Rimg15540

 
実はコレ、この夏のボクの大ヒット品です。

 

バイクウエアに内蔵されているプロテクターと同じEVAという素材なんですが、この手のサンダルって、意外と底が薄かったり、作りがキャシャだったり。それに、濡れた場所では滑りやすい。 

 

でもコレ、今までの弱点を改良した、とにかくHD(ハード)仕様。 
 

 
Rimg15536
とにかく分厚く、クッション性が高く、

滑り止めの工夫がなされている 

 

Rimg15537
つま先部もハード仕様で、砂浜でも砂が入り難い構造

 

ハード仕様が気に入って、娘のも購入し、親子でBaliでもメインで履いていました!

(現地のバイクにも、コレで乗ってました。 地元の人みたいに、ビーサンより断然安全)

使用のインプレは、また後日するとして……

 

 

ボクの超・お気に入り商品である、『フォールスターサンダルHD』のメーカー、パール金属に連絡して、このイベントの為のプレゼントとして、子供から大人までの全サイズ・20足分を、ご提供頂いたのです。

バール金属のアウトドア事業部、『キャプテンスタッグ』様。
本当にありがとうございます。
 
 
 
そして、当選した皆さん、おめでとうございます。

 
 

 

更に嬉しかったのはね、最後にゲスト達で行われたサイン会!

Rimg16611_1

Rimg16607
当ったサンダルに、サインを貰ってる方もいました!! 

ボクはサインの順番が最後だったので、子供用じゃぁ、もう書く場所が無いヨ! 

 
ボクのリコメンド、皆さん喜んで頂けた様で、ボクも嬉しいです。 
 

  

イベント解散後は、御前崎のマリンパークへ。
Rimg16717

この公園も、キモチいいんだ。 

 

隣接のなぶら市場で、しらすのソフトクリームを食べて帰路へ着きました。
Rimg16720

このアイス、ホントに“しらす”が入っていて、ちょっとしょっぱく、ちょっとジャリジャリした食感!

ホント、“シラス”が入っているのが確認できて、味も食感もシラス!

クセになる味です☆

 
 
 

 

最後に、、、

今回のラブジでは、他にも沢山の出会いが、カメラに収まっています。
Rimg16618

↑牧之原名産の“お茶”のブースを出していた方達 

  

せっかくなので、ゲストの裏側写真も紹介しちゃいますね!

Rimg16631
Rimg16629

旅の途中。

スーパーカブで国道制覇10万キロ中!の藤原かんいちさん。 

カブにテントも積んで荷物満載。  

バイクナビを付けた上に、パニアケースの中には走りながらPCやケータイ、カメラなどの電子機器が充電できる装備になってました! 

 
 
 
そして、、、 
Rimg16669
プロのストリートライダー、佐藤信哉さん。
ラブジの実行委員でもあり、司会担当です。

信哉さんの言葉って、身に響くんだよねぇ。
とっても熱いエネルギーと、暖かい心の持ち主で、ボクはもう、10年以上お世話になっています。

去年、水晶の取れるとっておきの場所を、こっそり教えてくれました!
こう見えて、水晶パワーを信じているみたいですよ!

 

佐藤信哉公式HPの「読み物ページ」、お薦めです☆

 

 

Rimg16601
同じくラブジの実行委員でもあり、司会担当の、チームTRICK☆STARを率いる鶴田竜二さん。
Rimg16613
今年の鈴鹿8耐では、プライベート参戦ながら、見事2位表彰台を獲得! ワークスではなくても、プライベーターでもヤレるっていう可能性と、プライベーターならではのレースの魅力を語って下さいました。

 

 

Rimg16617
鈴鹿8耐では、01年と03年に優勝経験もある鎌田学さん。 

今年からはレースの一線を退き、スクールやイベント、番組等で、バイクの普及活動に力を注いでいます。

Rimg16614
ステージ裏では、かんいちさんと、鎌田さん、2人で盛り上がってました。。。

いったい何の話、してんの? 

もしかしたら、この2人の関係は?

なんて、見てはイケナイ現場を見てしまったのかも???

2人の熱いトークに、ボクは割って入る事が出来ませんでした… 

 

 

 

…という事で、ホラね!

今回のラブジアース、人との再会や、出会いが多かったのでした。
 

ホント、バイクって、人との出会いを生むよねぇ~。
 

 

 

<ラブ・ジ・アース ミーティング13th 事務局より報告書>
////////////////////////////////////////////
●開催日:2009年9月20日(日)

●会場:静岡県牧之原市  地頭方海浜公園

●天気:晴れ

●来場者数:約800名

●後援:牧之原市・環境省

●ゴミ回収量:3.3t 
※袋に入っていた可燃ごみ3020kg、ビン200kg、缶80kgの総量

※ビンと缶はリサイクルされます
※袋に入れていない粗大ゴミ系は計量できないため不明。上記の回収量に含まれず

●WWFへの寄付:\240,322-
チャリティオークション全額、出展者の売上の10%、KIDS似顔絵コーナー全額、募金箱の合計

●ブース出展協力:ホンダ/ヤマハ/スズキ/WIMA/カメハメハ王国/クシタニ/グリーンパーティ/すずなり工房/全国二輪車用品連合会/WWF JAPAN/トリック・スター/牧之原市/牧之原観光協会/松本エンジニアリング/YMFSヤマハ発動機スポーツ振興財団/ワイズギア

●ステージイベントゲスト(敬称略・順不同)
平田優(ひらた ゆう)
増田一将(ますだ かずまさ)
黒山健一(くろやま けんいち)
青木宣篤(あおき のぶあつ)
鎌田学(かまだ まなぶ)

三井忍(みつい しのぶ)
近藤スパ太郎(タレント)
藤原かんいち(旅ライダー)

つやまあきひこ(漫画家)

西原茂樹 牧之原市長

●実行委員 (ライダー)
佐藤信哉(さとう しんや)
鶴田竜二(つるた りゅうじ)

●特別協賛
ホンダ/ヤマハ/スズキ

●プレゼント・チャリティ協賛
ホンダ/ヤマハ/スズキ/アクティブ/イエローコーン/エアフィッシュ/クシタニ/デルタエンタープライズ/動研/東単/トリック・スター/ナップス/バギー/パール金属/ハロルズギア/ヒョウドウプロダクツ/ピレリジャパン/マックスフリッツ ガレージ沼津/松本エンジニアリング/ラフアンドロードスポーツ

●協賛雑誌
アウトライダー/アンダー400/オートバイ/カスタムピープル/ガルル/カワサキバイクマガジン/スクーターファン/タンデムスタイル/バイカーズステーション/BikeJIN/バイクブロス/バックオフ/ビッグマシン/別冊モーターサイクリスト/ミスターバイク/モーターサイクリスト/モトチャンプ/ヤングマシン/レディスバイク/ロードライダー

●協力
YSPメンバーズクラブ/モビリティランド/NMCA日本二輪車協会/全国二輪車用品連合会/全国オートバイ協同組合連合会/Like a wind

●特別協力
Revolla(レボラ)

////////////////////////////////////////////
以上

 

 

ちょっと地球に優しい活動「ラブジアース」

次回は皆さんも、参加してみては?

 

 

ラブジアースオフィシャルHP
http://www.lovetheearth.jp/ 

 

 

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31