フォト

twitter

【新連載】 BBBコラム『実録・近藤スパ太郎の盗難バイク奪還記!!』

[寝てる間に視力UP!]スパ太郎の“オサート”体験記 

無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の26件の記事

2009年6月29日 (月)

ヘンな“占い師”の“カミちゃん”

 

糖尿病で入院した、悪友で“占い師”の“カミちゃん”のお見舞いへ。。。 

 

特に“カミちゃん”の“姓名判断”と、“方位学占い”はピカイチ。 

メチャクチャ当る!

ホントスゴイ!!

 

なんたって“姓名判断”に関しては、ナンパから入っているから、そこら辺の先生よりも、占った数が半端じゃない! 

数万人みた(?)、自らの統計学も入っている! 

画数だって、全部頭の中に入っている程。 

「だってナンパでいちいち画数を調べてたら、逃げられちゃうでしょ!」とは、“カミちゃん”の弁。 

 

名前からね「うわっ! この人、みんなに隠してるけど、本当は女装癖があるヨ」って、友人の上司の霹靂をピタリと当てたり、「うわっ! この人ヘンタイだよ!」と、ドチラかと言うと下ネタ系が得意。 

 

バイトで始めたキャッチセールスでは、得意の“姓名判断”を利用して、NO1の売り上げを獲得したコトも…。 

 

一方で、著名人の名前も“カミちゃん”が名付けていたりする方もいたりするから、そのギャップがスゴイ。。。

 

 

“方位学占い”でもね、

「近ちゃん。今月は○○の方角に行っちゃダメだよ!」
(“カミちゃん”とボクは、方位学では同じ運勢) 

と、自分で言っておきながら、自分がその方角に行って、交通事故(オカマを掘られた)に遭ってしまう、“カミちゃん”。 

  

そんな“カミちゃん”は、ココ数年で急に激太り。 

『お見舞いの差し入れは何が良い?』 って聞いたら、「水をお願いします」とのコト。 

 

人的に糖尿病にしたマウスを使った動物実験では、バナジウムに食塩を混ぜて飲ませたところ血糖値が下がったという例があるそうで、バナジウム水のペットボトルをケースで持参。  

  

同行した5歳の娘が

「誰のお参り行くの?」 「何でお水持っていくの?」と聞いて来たので、ボクもついつい、ワルノリ。 

 

『死んじゃいそうな人が、「ぉ、ぉ、ぉ、お水を下さ~い!」って言ってる映画、観た事があるでしょ! だからだよ!』 

 

不思議そうな娘。 

「パパのお友達、太りすぎで死んじゃうの?」 と車中でずーっと質問してました。。。
 

面会するなり、死にそうな人をマジマジ。 

とっても小声で「パパ、元気そうだよ!」とニッコリ。 

 

脅かしてゴメンネ。 でも太りすぎは色んな病気になるんだから。。。 

  

“カミちゃん”は現在、インスリン注射をする一歩手前だそうで、食事や運動療法を行っているそうな。 

 

自宅から徒歩4分の病院に入院した“カミちゃん”に、

『あれ? ウサギ飼ってなかったっけ? エサはどうしてんの?』と聞くと、 

 

毎日エサをあげに、自宅に戻っているのだとか・・・。

 

運動療法では、病院の屋上が狭いので、街中を散歩しているとか・・・、 

 

他にも、病院の風呂は汚い感じがするから、自宅に戻って入浴しているとか、、、、

 

いったい何の為に入院しているのか、サッパリ不明。 

 

 

オマケに娘を見て

「そういえば近ちゃんね、この前座敷わらしみたんだよ!」 

 

オイオイ、ウチの娘を見て、座敷わらしを思い出すなよ! (確かに似てるけど…) 

  

座敷わらし見たら出世するんじゃないの!?』

「いや、それが座敷わらし見たら即入院ってなったんだよ!」 

 

座敷わらしが“カミちゃん” に、太りすぎの警告を発していたんじゃないのか!?  

 

 

いいなぁ。座敷わらし。オレも見たい!!

 

 

ちなみに、この写真をみて、

「うわぁ~、オレってこんなに太ってんのかぁ」と、愕然としていた“カミちゃん”でした。。。 

Rimg14339  

 

ガンバレ! “カミちゃん”。

 

退院したら、ホルモンに行こうゼ! 

Photo  

↑美味しいヨ♪  smile 

  

『Mt.Fuji Music Festival』の、お得チケット

 

7月25日(土)&26日(日)に、山中湖で開催される『Mt.Fuji Music Festival』。

(先日書いた関連記事はコチラ) 

バイクの“駐輪場が優遇”される特典付きチケットを販売する“KUSHITANI”から 

「ポスター貼り出しましたヨ!」 ってメール頂きました。

Dsc03067_r 

(↑“KUSHITANI”世田谷店さん撮影)  

 

そう、この前店に行った時には、ポスターが無かったんだよね。 

 

ガラスのポスターを拡大すると、こーんな感じ。。。

Mt 

ん~。コレでも見えないか…

じゃぁ、コレを観てね! 

『Mt.Fuji Music Festival』オフィシャルサイト
http://mt.fujimusicfes.com/  

 

チケットは、全国24店舗ある“KUSHITANI PRO SHOP”で販売されているそうです。  

当日も会場内に“KUSHITANI”ブースが出るそうで、『何やるんですか?』って聞いたら、「お楽しみに!」とのコト。 

 

なんたって場所は、富士山が良く見える山中湖。 

“KUSHITANI”のロゴも富士山!

Rimg14344_2

こんなご時世に、バイク用品メーカーが音楽イベントに協賛しているってコト自体が、ボク的には感激です! 

 

“KUSHITANI” 素晴らしい!

 

周辺にはツーリングスポットも沢山あるし、会場の山中湖交流プラザ 「きらら」、キモチ良さそうですヨ♪ 

  

 

“KUSHITANI”の『Mt.Fuji Music Festival』サイト
http://www.kushitani.co.jp/news/fuji.html 

 

東京の温泉は、黒い湯!

 

「おおっ! 温泉spa?」

Rimg14333 

通りがけに見つけた天然温泉spa。 

特に「源泉掛け流し」という看板に引かれ、急遽立ち寄っちゃいました。。。 

 

場所は“多摩”なのですが、 

この辺りには、“小野小町”の病も完治させたと言われる、伝説の名湧出があるのだそうですヨ。。。 

 

へぇ~。 

  

東京の温泉はね、“黒湯”って呼ばれる黒い(濃い茶褐色)の温泉が多いよね。 

 

たとえば、、、

有名なコトロで言えば、麻布十番温泉。 

ボクがよく行くトコロで言えば、二子玉川の“瀬田温泉”に、高井戸の“美しの湯”。 

 

肌が“つるつる”になるんだよね。 “黒湯”は。  

 

ここの「いこいの湯」も、「ナトリウム-塩化物強塩温泉」の“黒湯”でした。 

  

この、東京の温泉が黒い理由はね、 

「太古の植物や海草が変化した物質(泥炭)や、海底の泥、火山灰などが地下水に溶け出したため・・・と、言われているですヨ。」って、前に温泉の取材で聞いた事がある。

 

 

最初にこの“黒湯”に入ったのは、今はすっかりオシャレな街に変わってしまった、白金にあった銭湯。 

 

おっ! お湯が真っ黒だ!!  

しかも、銭湯で温泉なの? って、ビックリしたヨ! 

  

 

同じ黒湯でも、“瀬田温泉”や“美しの湯”は、お湯がヌメッとしていて、カラダにまとわり付く感じがするんだけど、ソレに比べると、ここの“いこいの湯”は、ちょっとサラっ!としているかな? 

 

ちなみに、“瀬田温泉”や“美しの湯”は、ちょっとしょっぱい味なのですが、しょっぱさは有りませんでしたね。。。 

  

同じ黒湯、同じ「ナトリウム-塩化物強塩温泉」って成分でも、ちょっと違うみたい・・・ 

東京って、温泉が意外に沢山あるんだよねぇ~~~。

 

皆さん、知ってました!?? 

 

2009年6月27日 (土)

伝説の「Mt. FUJI JAZZ FESTIVAL」が復活!?

Mt

山中湖湖畔で開催されていた、伝説のJAZZフェス「Mt. FUJI JAZZ FESTIVAL」が、『Mt.Fuji Music Festival』と、装いも新たに復活するそうです。 

…と言っても、JAZZには詳しくないボクです。。。
 
 
堺さんの付き人をしていた頃の影響から、“ビックバンド”や“スタンダードジャズ”、“サッチモ”のCDならちょっとは持っているのですが、、、、
(サッチモのディズニー曲のカバーと、クリスマスソング集は最高ですヨ!) 

あっ、それから堺さんが渡辺貞夫さんと親交があるので、渡辺さんの音楽も聴いた事が有ります。。。
  

ブルーノートにも、ちょっとだけ、、、、 

そう、堺さんのバックバンドをされていたメンバーの一人、サックスプレイヤーの木村さんが、色々なバンドマンを集めてビックバンドを結成。(東京ギルドオーケストラってバンド名だったかな?) 

とにかく皆なスゴ腕の職人プレイヤー達で結成され、このライヴには良く呼んでいただきました。  

このメンバーにね、東京スカパラダイスオーケストラの方もいたので、スカパラのライヴにもちょっとだけ。。。。 
  
  

ボクのJAZZ知識なんて、そんなモンです。。。。 
 
 
  

なので、ニューヨークのJAZZシーンを中心に活躍中のトップミュージシャン総勢30名余りが山中湖に駆けつける『Mt.Fuji Music Festival』!!

 

と聞いても、正直ピンと来ないのですが、
 
 

でも、、、  

澄み渡った富士山麓で…
山中湖湖畔の芝生で……
富士山を見ながら…… 
最高のJAZZを聴く…… 
 
なんて贅沢なんだ…  ってコトだけは分かります。 
 
 
 
特に今回の会場となる、“山中湖交流プラザ「きらら」”は、自然環境と音楽がマッチする、メチャクチャ良い会場って、以前から聞いてましたらからね! 
 
 
  
 
そしたらね、バイク用品の“KUSHITANI”が、この『Mt.Fuji Music Festival』の協賛に入っているジャン!! 

しかも“KUSHITANI”で購入する特別チケットには、バイクの無料駐車券が付いているそうな。。。
 

  
コレは、バイクで来い! っていうイベントじゃないか!? 
 

 
早速 近所の“KUSHITANI”へ行ってみると・・・ 

Photo

(KUSHITANI世田谷店) 

 

 

おっ、あったあった!!

Rimg14028  

ホントだ!! 

しかもこのチケットなら、会場に一番近い場所に止められるらしいのです。
 
  

まだドチラの日に行くか決めてないので、購入には至りませんでしたが、

7月25日(土)と、26日(日)では、

ボクの様な入門者には、どちらの日程のアーティストが良いか、調べてみたいと思います。。。。
 

 

“KUSHITANI”のサイト
http://www.kushitani.co.jp/news/fuji.html

 
『Mt.Fuji Music Festival』オフィシャルサイト
http://mt.fujimusicfes.com/ 

 

 

2009年6月26日 (金)

Love Cub 50プロジェクト展へ…

Rimg14152_1

新聞配達や郵便局、蕎麦屋やラーメン屋の出前のバイク等、働くバイクの代名詞Honda“スーパーカブ”。
 
 
 

いや、でもね。
この“スーパーカブ”をキャンバスにして、自分仕様のデザインにしたらカッコイイんじゃないか…? って、数年前から考えてました。 
 
事実、デザイナーでペインターの“Next One 山本”氏にも相談していたし…。 
 
  

トコロが今日から、著名人やカブに纏わる方、約60名による、思い思いにカスタムペイントされた“スーパーカブ”展が、六本木ヒルズで始まりました。 
 
その名も『Love Cub 50プロジェクト展』。

 

『あれ? 何でオレにはお声が掛からないの???』

 
 
昨日はその内覧会が有り、『何でオレにお声が掛からないのか?』『何で60名の中に入らなかったのか?』 と、主催者への取材をする事に・・・
 
 
 

 

会場へ行くと、早速催しモノが始まった・・・。 

登場したのは、今回スーパーカブをデザインした方々。 

Rimg14092_1

 

16名とスゴイ数。。。 

  

本来なら、オレもアソコに登場したのに…

と、ほんのキモチだけ登場!

Rimg14090  

 

 

一人一人が挨拶する中で、、、

Rimg14101  

 

ナント言っても感動したのは、ウルトラマンがいたコト。 

Rimg14099_1

シュワッチ! 

 

 

登場順を敬称略で、ダダダッーとご紹介すると、、、

芋洗坂係長、ウルトラマン、神取忍、土屋圭市、SHEILA、平山あや、辰巳琢郎、デーモン小暮閣下、西川貴教、山口良一、パパイヤ鈴木、モンキッキー、坂本ちゃん、仲宗根幸子(ネイリスト)、中村伊知哉教授、湯浅卓弁護士。 

 

そんなゲストの方がデザインしたスーパーカブ。 

女性陣のカブから紹介しちゃいますネ。 

  

Rimg14121_1  

そうそう、こーんなバイク。

こんなバイクなら、カブでもカワイイでしょ! 

平山あやちゃん、素晴らしい!! 

平山あや×クリエイターの廣岡秀司さんのコラボ作品でした。。。 

 

 

そして、、、 

Rimg14180_1  

スヌーピー大好き!というSHEILAさん。

自身がプロデュースしているブランド、“SNOOPY Star★d'or”をイメージし、シートと同じピンクでのイラスト。 

コレも個性的でいいねぇ。 原宿とかに合いそうな感じ? 

 

 

コチラは、ネイリストの仲宗根幸子さんのカブ。

Rimg14196  

エアブラシで日本の四季を、このカブ1台に表現したそうです。

ちなみに、ネイルアートでもエアブラシを使うんだそうですヨ。。。  
 

 

そしてご本人の希望で、女性部門でのご紹介。

Rimg14172

コレは、坂本ちゃんのカブでした。 

コンセプトは「小さい子供たちに喜んで貰えるカブ」だそうです。 坂本ちゃん、このバイクを作ったら、免許が欲しくなったそうです。。。   

そうそう、早く免許取ってネ!  

  

 

そして男性陣のバイクは、、、

Rimg14146_1_2  

いや、デーモン小暮閣下は、男性部門の紹介で良いのだろうか…? 

 

紀元前98038年11月10日に生まれたと言う閣下は、こんな隠れた裏側にも、日本の美を投入!

Rimg14149  

繊細なデザインと細かな仕上げは、漆塗りみたいですね。

ちなみに閣下が首に下げていたのは、“相撲の軍配”のペンダントヘッドでした。 

かなり和モノがお好き! と見えました。 

 

 

そしてコチラも和テイストを取り入れた、カブ。

Rimg14140_1

辰巳琢郎さんは、番組のロケで訪ねた新潟の燕市で、金属をピカピカに仕上げる職人さんと出合ったそうな。その日本の匠の美をカブに投入。 辰巳さん自らが、磨き屋に発注したそうです。

この写真じゃ分かりにくいですが、至る所がピカピカです☆

 

 

西川貴教さんは、木をイメージ。

Rimg14134_1  

ホントにペイントなの? と思えるくらい、本物の木みたい。。。 

本人曰く、「ホントは木で作りたかったくらい」とのコト。

コレも個性的で、良いですね。

 

 

バイクで町興しの“小鹿野町”のバイク大使を務める山口良一さんは、Hondaのトリコロールカラー仕上げ。

Rimg14125_1 

今度はトライアルごっこ、是非ご参加下さいネ!

楽しかったですヨ!! 

  

 

ご自身がかなり個性的な湯浅卓弁護士は、バイクも個性的。

Rimg14129_1  

写真見てても「国際弁護士の湯浅です~」と聞こえてきそうな…。 

「目は心を映す鏡」がテーマだそうです。

 

ボク個人的には、このフロント周り、かなり好きです。 

サイドは好みのデザインじゃなかったので、写真は有りません。。。  湯浅さん、ゴメンなさい。。。。

 

  

Rimg14128  

つい先日、奥さんの山川恵里佳さんと2人で、バイクの大型免許を取ったというモンキッキー

「世界中の子供達の笑顔を燃料に走るカブ…」をイメージしたとか。 

「こう出来上がって見ると、イラストで良かった…」

最初は写真で行う予定だったそうです。。。 

 

 

でもね、サッカー元日本代表の北沢豪さんのカブには、サッカーの普及活動を通して出会った子供達の顔写真がカブに貼って有りましたヨ! 

 

 

でもゲストの皆さん、自分のカブよりも「他の人はどんなデザインにしているの?」と、気になる様で、取材時間が終了してもマジマジ見ていました・・・・。 

 

みんなカブが好きなんですネェ。 

  

そうそう、オフィシャルガイドブックにも載っていない、超レアなカブがコレ。

そう、急遽展示された。F1ドライバー、ジェンソン・バトン選手デザインのカブ。 

Rimg14202  

 

正面から見ると、右側のレッグシールドは、日本の日の丸になってました。。。 

Rimg14206_1  

 

 

 

 

そして、会場には他に気になるカブが沢山有ったので、一部を紹介しますネ。 

Rimg14161

コレもボクの中では、評価の高いカブ。  

後で知ってビックリしたんだけど、鹿児島県種子島高校の生徒さんの作品だそうな。 

種子島ではね、ビジネスバイクに限って、バイクでの通学が許可されているそうです。 

種子島の青い海に青い空。

そして種子島のハイビスカスと聞いて、コレが高校生の作品なのか…と感動してしまったボク。 

 

こんなカブで走ったら楽しいよね!

 

このバイクは、今回展示されていた中でも、ボクが良いな!と思ったバイクでした。。。

  

 

他にも、、、

Rimg14185  

BIGINのメンバー島袋優さんのカブ。

沖縄の音楽が聞こえてきそうな。。。 

 

 

ナント、由美かおるさんも参加。 

Rimg14071  

Rimg14073  

ハンドル周りが良いですねぇ。 

  

所ジョージさんのカブは、とってもシンプルなカスタムでシックな感じ。 

Rimg14192  

 

 

マージャン大好きなアンジャッシュ児嶋一哉さんのカブ。 

Rimg14168

 

 

 

Rimg14184

おっ!コレもいいな! 

コレは、女優の紫吹淳さんの作品。  

 

 

Rimg14188  

Rimg14187  

カブ全体に、小さなカブが規則的に並んでいるのは、ファッションデザイナーのSHINICHIRO ARAKAWAさん。 レッグシールドのステッチが洋服みたいです。。。

 

 

そしてマットシルバーに赤と、シンプルなカスタムのカブは、松嶋尚美さん。 

Rimg14208

 

 

 

こうしてみると、ドレも個性的で面白いよね! 

 

 

そうそう、本来の取材の目的、、、

『何でオレにはお声が掛からないのか?』 と、主催者の一人に尋ねると、

「ハイハイ、これあげるから帰って頂戴!」と、

Rimg14327  

 

オフィシャルガイドBOOK(¥1,650-)を渡されました。 

『あ、あ、ありがとうございます。』 

  

出来たら、次はボクにも声掛けて下さいよね!! 

 

スーパーカブ誕生50年を記念してのイベントなので、次回があるのかは不明ですが。。。。。 

 

 

Love Cub 50 プロジェクト HP

http://www.lovecub50.com/ 

 

2009年6月25日 (木)

今日はLove Cub 50プロジェクト展の記者発表!

Rimg14011_2   

 

いや~、ブログにUPしたい事が沢山あるのですが、追いついていない…。 

 

今日はこれから、「Love Cub 50プロジェクト展」の記者発表へ出発! 

 

「Love Cub 50プロジェクト展」 はね、スーパーカブ発売50年を記念して、60名ちょっとの著名人やアーティストの方が、スーパーカブ50をキャンバスに、思い思いのデザインをした、ちょっとアートなプロジェクト。

 

Photo  

コレは横綱・白鵬関デザインのカブ。 

モンゴルの青い空や、母国の英雄チンギス・ハーンの「蒼き狼」など、モンゴルをイメージした青ベースにフレアのカブ。 

「69」というのは、69代目の横綱という意味だそうです。 

 

Photo_2

こちらは円谷プロデザインの、ウルトラマンカブ。

 

明日から六本木ヒルズで開催されますヨ~!

 

帰ったら報告しますね~。

(現場からもレポートできるかなぁ?) 

 

Love Cub 50 プロジェクト のHP

http://www.lovecub50.com/ 

 

2009年6月24日 (水)

ダスキン玉 ???

さっき(夜の帰宅時) 、青山のR246をバイクで走っている時の事。 

軽ワゴンの後ろに書かれた社名に、「えええっ!???」と我が目を疑ってしまった!

 

 

「ダス キン玉」 ??

な・な・なんだ このクルマ???

  

実は今日、オサートの新レンズデザインがあり、何度も何度も、コンタクトレンズを目に装着したり、外したりしていたので目がショボショボ。 

 

BAJAのデュアルヘッドライトで照らし、近づいてもう一度よ~く見ると、

「ダスキン玉」の続きには擦れた文字が・・・

「ダスキン玉堤支店でした・・・ 

 

見えにくいよ。堤支店が!! 

“堤支店”が擦れたままになってるのは、ワザトか??? 

  

以来、ずーっと運転しながら考えてしまった。。。 

  

 

もしかして・・・

「ダスキン 多摩」って支店が、あったりするのかな? 

 

もしかして・・・ 

「ダスキン 多摩 三鷹  支店なんてのが、あったりするのかな?

 

まっ、「ダスキン玉堤支店って名も、心の中に潜む、悪意ある句読点によっては、スゴイですが…。

 

(地名だよ、地名! と自分に言い聞かす・・・)  

  

だいたいこんな記事を、“スパVoice”と、“バイク”のカテゴリーを選ぶオレもどなの!? 

 

まっ、バイクに乗っていれば、楽しいコトも、驚くコトもあるってコトで…。 

 

えー、本日のブログ、大変失礼致しましたconfident

 

 

それと、ダスキンの運転手さん、社名はキレイにしといて下さいネ! 

 

2009年6月22日 (月)

ホルモンが美味い!

 

最近ね、ホルモンにハマってます。 

 

昨日も美味しい黒ブタホルモン(生)を入手。 

しかも800gも。。。! 

  

もつ鍋にして、、、、

昨夜もホルモン!

今朝もホルモン!(朝からかよ!)

おやつにもホルモン。 

 

そして今夜もホルモンheart04 

 

  

そしてコレは、5日前の“ホルモン会”の図。 

Photo_7  

ナゼか集まったのは、プロダクション関係者ばかり。しかも女性ばかり…。

みんなわざわざ電車に乗って、ちょっとローカルな場所に集まりました。 

  

そう、ここはホルモンマイスター、清水さんお薦めの店。 

 

清水さんはね、バイク業界ではチョイと有名な鍛冶屋さん。 

ボクのバイクも直してくれます。

Photo_8

 

 

美味いんだよ。この店。

Photo_5  

そして、ホルモンマイスターの清水さんが焼くともっと美味い!

焼き加減が絶妙!

やっぱ、火を取り扱う仕事をしているからか!? 

  

清水さん、7人分全て焼いてくれました。。。

(ありがとう。) 

はい!清水工業です。コチラ

 

 

実はこの日「ホルモンはニガテなの~」という、ノリちゃんがホルモンに挑戦! 

 

ホルモンマイスターの手に掛かると「美味しい!」の連発!  

そうでしょ! 

ホルモンは美味い♪ 

ノリちゃん作戦、大成功!! 

    

コレは蜂の巣のさしみ 

Photo_9  

味はちょっとイタリアン。  

 

そしてこの店に来たら必ず食べるマルチョウ

Photo_10  

コラーゲンたっぷり。

 

モンゴルの塩で焼いて、メチャ美味い~~。 

 

最近、美味しいホルモンの店、増えたよね! 

 

みんな! 次は美味しい中華だよ!

(連絡まわしてね!) 

 

パパの似顔絵

 

昨日は父の日。 

「パパ~、いつもありがと!」と、娘が持ってきたプレゼント。 

  

保育園で作ったというプレゼントは・・・ 

Photo  

似顔絵のコースター。 

 

 

しかも裏には 

Photo_2  

一生懸命書いた文字が・・・ 

 

嬉しいね。ホントにありがとう。

使うのがもったいないよ!

 

「ちゃんと使って!」と、ボクのグラスの下に娘が敷いてくれました! 

 

 

 

ちなみに、一昨日の留守中に、ママが書いたというパパの似顔絵。 

Photo_3  

おっ! 似てるジャン。 

さすがにママが書いただけあって上手いじゃん! 

でも何で、“ハナ毛”出てんの??? 

 

 

そしてコッチは、ゴハン食べてる時のパパ。 

Photo_4  

 

なんてマヌケ顔。。。。  

 

妻も娘も、「食べてる時はこーんな感じだよ!」 「スゴク似てる!」と、大絶賛! 

 

父の威厳なんて無いね、こりゃ…  

 

2009年6月21日 (日)

頼むよ“みやちゃん”!!

 

日付変わっちゃいましたが、今日は早朝からトライアルごっこ。

(この報告は後で書きます! 皆さん、楽しかったネ!) 

 

疲れて帰宅してみると、「あれ? 留守?」 

妻に電話してみると、「下北でみやちゃんと飲んでるんだ! 食事に来れば!?」 

 

聞けば下北に住んでいる時に通いつめた“ステーション”(ボクらが勝手に呼んでる店の名前で、本当は“駅”っていう店。備長炭で焼く焼き鳥はメチャクチャ美味い!) で飲んでるそうな。 

 

おっ!ステーション!? 暫らく行ってないなぁ~。 

刺身でも食べられる、新鮮なトリレバーをチョイと焼いた、裏メニューのチョイレバ。そして生つくね、砂肝ポン酢、久しぶりに喰いたいなぁ~~~。 

 

5時起きで、疲れて眠い…とは思いつつも、“みやちゃん”とも久しぶりだし、“ステーション”にだって数年ぶりだし… と、向ったのです。 

 

 

トコロが。。。。 

今日は法事で、昼間っから一日中飲んでるという“みやちゃん”。 

まだ8時だと言うのに、完全に出来上がっちゃってる。 

  

いや、酔っ払うのは良いんだよ。  

ロレツが回らず、何度も何度も同じ話を2時間半。
(途中合流のオレには辛い…) 

 

しかも何んの話してんだか意味不明だし、声がやたらデカイし、周りに超迷惑! 

 

久しぶりに会ったマスターも、「お久しぶりですね!」と言いつつも、かなり大音量の“みやちゃん”に困惑顔。  

 

「“みやちゃん”声デカイよ!」と言っても、直ぐにデカくなるangry 

 

 

オマケに“みやちゃん”、いきなり立ち上がって転倒! 

 

転んだトコロにいた、見ず知らずの女の子(6歳ぐらい?)に、 

「オバチャン、君を食べちゃうぞぉ~~」なんて、しがみ付いたから、 

女の子はビックリして大泣き! 

  

いや、泣き声と言うよりは、悲鳴に近い! 

 

酔っ払ってちょっと怖い感じの41歳。 

女の子には、赤オニに見えたんだろうね。 

ホントに食べられちゃう! って思ったんだと思うよ! 

 

泣き声も店中に響き、大迷惑。 

その子のお母さん達も、コレ以上店にいられない…って感じで帰っちゃうし、、、、

  

 

みなさん、本当にご迷惑をお掛けしました! 

(ゴメンなさい!)

 

久しぶりにタチの悪い酔っ払いを見ました。

  

いるにいられず、妻といそいそと“みやちゃん”を連れ帰りました。 

  

・・・と言っても、 

日付が変わった今も、妻は“みやちゃん”介護をしているのか、まだ帰宅しません。 

  

頼むよ! 、“みやちゃん”dash

 

2009年6月19日 (金)

本日発売 スーパーカブ110 試乗しちゃいました!

ヘヘヘェ!
試乗しちゃいました!「スーパーカブ110」。 

Rimg13987

しかも発売前の昨日、都内を・・・  

郵便配達に新聞配達。出前や銀行の集金。
スーパーカブは日常で目にする一番身近なバイクですよね。 

 
  
ビジネスシーンだけではなく、乗り方によってはファッショナブルに乗れる。

Rimg14006

ねっ、広報の田中っちにもピッタリ!
(あっ、コレは50㏄の“リトルカブ”ですが…) 

 

ビジネスシーンから、街の移動手段として、小さくて便利なスーパーカブ。 

スーパーカブ誕生から51年という超・ロングセラー。 
 

今や世界15カ国で生産され、160カ国以上で販売され、世界販売台数も累計6000万台を突破し(去年発表データだから、今はもっと!)、世界で一番愛されているバイクが、このカブなのです。 
 
 

そして日本のカブの歴史が大きく変わる(?)と言っても過言では無い、「スーパーカブ110」が今日発売されました!

Rimg13956

「スーパーカブ110」

 

昨日はね、都内で極秘に開催された、マスコミ向けの「スーパーカブ110」製品説明会&試乗会の潜入に成功!! 
 
 

…とは言っても、「おぉ! スパちゃん。急に来たって、もう試乗枠はいっぱいだよ!」と、Hondaの関係者に、潜入はバレバレ!  
 
  

まっ、いいさ。 隙を突いて試乗してみせるぅ~~~と、終始粘っていた末に、ちょっとだけ乗る事が出来たのです。 

 

 

いやこのNEWカブ。 

排気量が110ccとあって、オモシロイね! 
今までの90ccカブから20ccとは言え、排気量UPした分パワーもある。 
 
 
加速が良いから、3車線や4車線ある都内の幹線道路でも、スイスイ~!っと右車線までなんなく走れてしまう。

他のクルマの流れに、無理なく乗れるっていうのは、ストレスが無くて良いよ!

ドラムブレーキでも全然気にならない。

サスペンションもテレスコピックになって、かなり良い。 

 

そしてこの“トコトコ”走っている感じ。 

アジアでレンタルバイクで乗った感じというか・・・。 

 

いつも走っている東京の景色が、このカブに乗ると、違って見えるのは何でだ??? 

 

  
いいね。 カブ。

 

なんたって一番スゴイのは、発売前のバイクが、青山界隈を走るってのに、誰ーれにも気が付かない。 振り返って見る人はいない。 

街に溶け込んでいるのです。。。

 
 

 

実はスーパーカブね、ボクの中でとっても気になるバイクなのです。 
 

それは遡る事数年前。。。

標高5250m。 
チベット・チョモランマのベースキャンプを目指し、HondaのFTRとSL230でアドベンチャーツーリングに行った事があるボク。 
 
高山病で頭痛や吐き気に苦しみ、オマケに「朝から四川料理かよ!」 と、毎日がとても過酷で楽しい旅だっただけに、一緒に行ったメンバーとはとても深い絆で結ばれました。 
  
 
そのメンバーには、Hondaの広報マン高山さん(高山って名字だけに、高い山でのツーリング?)や、朝霞にある本田技術研究所(通称:朝研)でバイク開発に当る研究員達。 
 
 
 

去年の正月、その朝研の方から「スーパーカブは今年で50年だよ!」と連絡を頂きました。 

  
スパ:あっ、ボクもこの前 映画『スーパーカブ』見ました! 面白かったですよ!

 

「そう、カブはオモシロイよ!」 と色々話してくれました。 

朝研:今のHondaがあるのは、このスーパーカブがあったからなんだよ!
スパ:へぇ~そうなんですか。

朝研:Hondaがアメリカに進出したのも、このカブからなんだ。
スパ:へぇ~、世界進出はカブが最初だったんだ…

朝研:ウチの会社にはね、カブで通勤してる人は多いよ! ノーマルでも楽しいし、カスタムしたってお金が掛からないからねぇ。
スパ:なんかオモシロそうですねぇ~

朝研:そう、カブは面白いよ! Hondaの社員は、みんなカブが大好きですよ!

 
 

ドレもボクの心にググッ!と来ました。 
 

 

確かに世界中ドコにいっても走っているカブ。 

以来ね、Hondaの原点でもあるカブは、バイクの原点でもあるんじゃないか…って、気になって気になって仕方がなかったのです。 
  
ライダーとして、カブを知らなくて良いのか? ってね。 

  

 
試乗会は、『スーパーカブ110』の開発に当った、本田技術研究所のスタッフが、開発コンセプトとマシン説明から始まりました。
 
Rimg13945  
開発チームの面々。

Rimg13938  
そして解説するのは、開発責任者の林さん。 
 
 
 
更に、試乗の時にはマシンを目の前に、開発担当者から直接話を聞く事も出来るのです。 
 
Rimg13942  

 

 

今までのカブと、何がどう違うのか。 

大きく違うのは、キャブからインジェクションに変わったと言う事。

(インジェクションなのに、キックも付いていて、万一のバッテリー上がりでも大丈夫!) 

そのエンジンや多くの機関はタイ製であるという事。

排気ガスも今まで以上にクリーンになり、環境に優しい事。 

そしてフロントサスペンションが、テレスコピックになり、見えない部分のフレームも、新設計。 

 

 

つまり、全く新しいカブなのです。 

 

それはスペックの向上ではなく、従来からの使い勝手を向上させる為の開発だったそうな。 

 

今後のカブは如何にあるべきか。

カブを実際に使用している沢山の人達へのインタビューが、開発の第一歩だったそうです。 

 

伝統の使いやすいサイズはKeepしつつも、現代人の体型にあわせて、更に乗りやすく! 

開発者曰く、「伝統のカブをどう進化させるか…が苦労した」。 

 

あれ? どっかで聞いたコトが…!!

そう、YAMAHA のNEW V-MAXの発表会。 GKデザインの一条氏も「DNAを受け継ぎつつ、まったく新しいコンセプトに苦労した」って言ってた。

参考:『新型VMAX 記者発表会へ行ってきた!』  

 

完成度の高いモノを、更に進化させるってのは、大変なコトなんですねぇ。 

 

 

開発責任者の林さんにズバリ聞いちゃいました。

何が一番大変でしたか? って。 

 

コストを抑える事ですねぇ~』とご回答。 

 

そう、それでも旧モデルの90ccと比べても、約5万円の価格UPの¥249,000-。コレがギリギリだそうな。 

 

開発には3年程かかっているそうで、開発経費は“”という莫大な金額が掛かっているとか・・・?

『えっ? カブで億単位なんですか?』

「カブでもですよ!」 

更に「このカブを全部日本で生産したら、大型バイクと変わらない販売価格になってしまいますよ!」と。。。 

 

そうなんだ。 

カブを研究すれば研究する程、51年前の初代モデル「C100」の完成度の高さに感心し、本田宗一郎さんはじめ、今は現場にはいない、Hondaの先輩方の凄さと偉業を痛感したそうです。 

  

また、今回の開発にあたってはかなり早い時点から“タイカブの機関を採用する”という方向性だったそうです。

そんな理由からなのか、スタッフには、タイで現地の小型バイクの研究開発をしていた経験者も多くいました。

 

 

実はボクね。

1つ前のモデル、スーパーカブ90DXが気になっていました。クラシカルな雰囲気に、深いグリーンのメタリックカラー。コレにメッキパーツを多く使っていりるから、ノーマルのままでも良い雰囲気。 

 

だからね、結構見比べてしまいました。

今までの“カブ”と違っている部分沢山があって、それがボク個人的には、「前の方が良かった…」なんて思う部分が数箇所あったんです。 

 

『今まではメッキのマフラーだったのに、何で黒になったんですか?』 

マフラーで黒ってのはね、たとえば雨の日に乗ると、白く汚れちゃうのです。それにサビだって。。。  

「えーとその件はね、担当の○○~!」と開発者が呼ばれて、その理由をエンジンとマフラーのカットオフモデルを前に解説。

Rimg13977  

 

排気ガスをクリーンにする装置がマフラーに内蔵されていて、そこがかなり熱を持つそうな。 

Rimg13979_3  

(コレがマフラーの中身)

 

メッキにすると、焼けて変色するので、黒塗装になったそうです。 

 

『でも、焼けたメッキマフラーは良い色じゃないですか!』

「そう言う人も多いんですけどね、それが嫌って人も多いんですよ」  

 

メーカーとしては、色が変わらない…方を選択したワケだ!

 

『錆びやすかったりはしないんですか?』

「錆びについては、メッキとそう変わらないですよ。そういう塗装をしているし」 

『そうなんだ…』 

 

とか、、、、

他にもね、 

『何でここのライト下の部分はメニョ~ってなってるんですか? 旧モデルはエンブレムが付いていたりして、雰囲気良いですよね?』と聞くと、

「おーい、デザインの○○~!」と呼ばれ、その理由を担当者から解説。 

ちなみに左がNEW110で、右は現行の50ccだけどが旧モデルに近いフロント回り。

Rimg13970_2  

 

担当者曰く、

「旧モデルとは違って、ライトの下のこの中にフォーンが入っているんです。だからライトの下には切り込みを入れました。」

「エンブレムはねぇ、ボクもかなり押したんですけど、価格面から無しになりました。」 

 

デザイナーさんも、機関の技術担当者や、コスト面でも担当者とかなりの激論があったそうです。 

 

拘れば、価格は上がる。 高くては売れない“実用車”のカブ。 

 

そっか、開発責任者の林さんが一番苦労したっていうのはこう言う事か…… 

『でもエンブレムからステッカーってのは、かなり違って見えますよね?』 

 

「ビジネスシーンで多く使われているモデルですからね、今回は価格を抑えてシンプルなモデルになっています。個性的に乗りたい人には、カスタムする楽しみを取っておいてあります。」 

 

ほう! 

開発者から聞くと、『そっか、これは一番基本の“ベース車両”と思えば良いのか!』

なんて思えてくる。

 

  

事実、ビジネスモデルなのに、カスタマイズパーツも同時発売。 

カタログもホラ。

Rimg13934  

こーんなカスタムモデルも展示されてました。

Rimg13999  

Rimg14000   

 

 

開発者と話していると、他にもいろんな事が見えてくる。。。 

 

例えば、ユーザーへのインタビューを重ねてみると、カブは余り壊れないし、メンテナンスはバイク屋に任せる人が多い。 だから車載工具は最小限にして、旧モデルにあったシート下の車載工具BOXを無くしてシンプルに。 

バッテリーBOXもシート下に何とか入らないかなぁ~って工夫。

そうするとね、技術屋から、「それじゃぁ配線が入らない」とか言われて、何とか入る様に考え「ホラ、入った!」と思ったら、「このパーツは向きが横じゃ機能しないから、縦に収納しないとダメ!」とか。  

工夫に工夫を重ねて、その結果がこうなった・・・とかね。

 

『それでも、そのシート下にある、ガソリンタンクの容量は少しUPしてるんですよね?』 

「そうなんですよ!」と笑顔。

『しかも110ccに排気量UPしているのに、燃費は良くなっているんですよね?』

「そうなんです! えーとそれの担当はね。オーイ! ○○~!」って別の担当者が来る。 

 

へぇ~。ボク的には面白いな。 開発の裏話って。 

  

他にもね、このリヤフェンダー(泥除け)。

他のパーツとは違う柔らかい樹脂で出来ているそうな。

Rimg14001_2  

 

ホントだ!

グニャ!って曲がる!! オフ車のフェンダーみたい。

『何でですか?』 

 

狭い車庫に入れたり、後ろからの接触があると、リヤフェンダーは少し出っ張っているから、割れたり曲がってしまう。

だから衝撃に強い、柔らかい樹脂を採用したんです。

『へぇ~~』

  

それに、ボクが良いな! と思っていた、90DXタスマニアングリーンは、“塗装”なのだそうで、塗装はキズが付けばベースの色が見えてしまう事も…。 

 

今回の110。

Rimg13941  

手前のコスタブルーも、奥のアバグリーンも、樹脂に色が練りこまれているそうで、キズが付いてもキズが目立ちにくい構造になっているそうな。

 

『へぇ~。』 

 

他にも今までは“鉄製”だったチェーンケースは、樹脂に変更する事で、放射音を抑え、更にはチェーンが伸びてきた時には、音で知らせる特殊な構造になっている…。 

Rimg13974  

 

 

こうして開発の裏話は、まだまだ沢~山。 

 

個人的に「前のモデルの方が良かった…」なんて思ってた部分もね、「どうしてこうなった」なんて話しを聞くと、ナルホド! そうなのか!  と全部自分の中では納得。

 

  

どれも考えに考え、考えて考えた結果こうなった・・・というモノばかりなので、聞いていても興味深い。 

 

 

「基本はビジネスモデルなんだし、個性的に乗りたい人にはベースモデルと考えれば、これはコレで良いんじゃないかな?」 

なんて思えました。

 

もしも開発秘話のトークショーがあれば、ボクが司会に立候補したいですネ。 

もっと開発秘話を聞きたいです。 

  

 

ボクね、初代のカブ、C100のデザイン担当をされた“木村讓三郎”さんという方の開発秘話を聞いた事があります。 

オヤジ(本田宗一郎さん)から、「そうじゃない!」 とか、「オートバイでもない、スクーターでもないものを」ってやいのやいの言われる。 

当時17インチなんてタイヤサイズは無く、「そんなモン常識外だよ!」って、タイヤメーカーからも相手にされない。

 

そんな末に出来上がったスーパーカブ。 

 

51年の時を経て、スーパーカブは無くなるワケではなく、次の50年へ向け、現代の事情にあわせて変化して行くんだなぁ~と感じました。 

Rimg13932  

 

やっぱり、『バイクの原点』って言っちゃって良いよね! 

 

スーパーカブ

 

益々欲しくなりました! 

 

ちなみにこの110は、全く新しい新設計のカブなので、従来の社外品カスタムパーツの流用は、かなり制約があると思います。 

 

各用品メーカーさん、素敵なカスタムパーツをお願いしますネ! 

 

 

初代カブデザイナー 木村讓三郎さん開発秘話はコチラ

 

Honda スーパーカブ110のHP

http://www.honda.co.jp/SUPERCUB/supercub110/

 

 

 

2009年6月18日 (木)

本日、潜入に成功!

昨日に引き続き、都内某所で開催された「Honda スーパーカブ110」の製品説明会&試乗会。

 

 

今日は潜入に成功しました!!

 

でも、今日はもうダメ。

グロッキーです。

明日UPします。。。 

 

リポートを楽しみしていた皆さん、ゴメンなさいm(_ _)m

明日また見て下さいネ! 

2009年6月17日 (水)

本日、潜入に失敗…

 

本日、都内某所で極秘に開催された「Honda スーパーカブ110 」の製品説明会&試乗会。

 

潜入に失敗しました…。 

 

入手した情報では明日もあるらしく、再度潜入にチャレンジします! 

 

 

2009年6月16日 (火)

SSERの「臨時 Organisation Voicee」 に寄稿しました!

四国1周のラリー「TOUR DE BLUEISLAND」[ツール・ド・ブルーアイランド 通称:TBI]や、

モンゴルのラリー「Rally Mongolia」、

北海道を舞台にしたラリー「HOKKAIDO 4DAYS」等を主催する

 

SSERのHP内で、

スパ太郎の新・東京砂漠 』という連載を長らく寄稿させて頂いております。 

 

でも今月は、主催者がモンゴル試走中の為、トップページの人気コーナー「Organisation Voicee(臨時」に寄稿させて頂いております。 

 

もっと早くインフォメーションすれば良かったのですが・・・ 

 

 

ピンクバーの6月3日(水)、6月10日(水)の記事

是非ご覧下さいね♪ 

Organisation Voicee(臨時】 

 

 

さてと、今週は通常の『スパ太郎の新・東京砂漠 』に戻るって言ってたけど… 

 

主宰の山田さん達、試走チームは、モンゴルの天候悪化で飛行機が飛ばないとか…。 

 

今週号はどうなるんだ??? 

 

2009年6月15日 (月)

ナップスで、二輪ETCの予約受付再開!

 
 
少し前の話しですが、バイクのETCを付けました。

Rimg13256  
 
(アンテナ一体型のJRM-12)

やっぱり便利です。ETC。 

ETC割引が使えるのは、お得感高いし、
料金所で停まらず、スムーズに通過出来るのは、かなり良いですね! 

 

以前から不思議だったのが、
 
コレがナゼなのか、、、、? 

一番左車線が、ETC専用レーンだったりする料金所が多いんですね。 

料金所をで停車した後のバイクは、大抵、料金所先の左側スペースで、財布をしまったり、券やカードをしまったりするよね。

この時ETCが無いバイクは、停まらずに通過する(一番左側の)ETCレーンの前を横切らないとならない。

コレが怖いのなんの。 
 
 
何で一番左側にETCレーンなんて作ってるんだろう…。 
 
 

ETCの無いバイクの事を考えたら、一番左のレーンは、バイクが安心して通過できる様、ETC専用レーンにすべきでは無い…と思うんだけどね。 

高速道路内は駐停車が禁止だから・・・っていう理由だから?

でも現実としては、みんな料金所内で財布などはしまわず、先のスペースに停まってからでしょ?

(この辺りの事情ご存知の方、是非教えて欲しいなぁ)

 
 
 
 
四輪車ETC車載器の新規導入助成は、累計台数の115万台に、早くも4月下旬に達したので終了。

一方、「二輪車ETC車載器新規導入助成」の適用台数は、全国累計5万台になり次第終了。

平成21年6月14日の時点で、39,945台。

残りあと、≒1万台か。。。。

(二輪車ETC車載器新規導入助成 助成台数のHP参考)
http://www.etcjyosei.com/main02/uketsuke02.php

 
でも、全然足りてませんね。二輪車ETCの機械が・・・。 
 
 
2りんかん”の“府中2りんかん店”によると、現時点での予約申し込み者数は、700人~800人が入荷待ち状態。(各店舗も似た様な状況らしい)。 
 
しかも1月当たり入荷するETCは、数十台というから、今から申し込んでも取り付けられるのは、いったいいつなのか・・・。

 
 

現在ナップスが、段階的に受付再開していますね!

店舗にもよるけど、JRM-11とJRM-12の受付予定数の合計が100台余りあるから、取り付けられる可能性は極めて高い。 
 
 
 
ボクがかろうじて取り付けられたのは、4月1日だったかな? 申し込み受付が再開になった当日、ナップス三鷹東八店に駆け込む事が出来たから…。 正し、開店前からかなりの行列でしたが…。 

 

 
 
そして後日取り付けに・・・ 

そうそう、JRM-12を選んだ理由は、本体の収納場所を考えると、バイクの車種的に、JRM-12の方が利便性が高い…と判断した為。

まっ、見た目の問題や、邪魔にならないの? っていうのはあったけどね。。。 

 
 
 
取り付けてくれたPIT STAFFは、
他の誰が見ても「美しい!」と思える様な、丁寧な仕事を心がけているという、メカニックの戸澤さん。 

Rimg13255
 
 

 

メカニックさんと相談して、ETCの取り付け位置を好みの場所に決定! 

Rimg13242  

 

「いや、右側が良いですね!」と希望し、右側に取り付ける事に…。 

 

ETCの取り付けステーは、ナップス三鷹東八店お薦めの、TANAX[タナックス]の『ETCハンドルマウントステー』(\4,725-)を使用。

TANAXご参考[http://www.tanax.co.jp/]
(アクセサリーその他欄ご参照)

 
(TANAXのが一番確実!との事で、強く薦められました) 

 
  

ボクのBAJAのノーマルハンドル場合、この位置に付けると為にはノーマルのマウントステーでは高さが足りず、他のお客さんで余ったステーパーツ(ジョイント)を1個プラスしての取り付け。 

Rimg13247

(おぉ! そんなモノを取ってあるとはさすが!) 

上手くケーブルを避けての取り付け! 

  

この後に台座を取り付け、ETC本体を取り付ける。

Rimg13248  

そして、水平角の調整。

Rimg13251  
 

Rimg13252  

ステーをマジックでマーキングしておけば、万一ズレた時の目印になる… 

 

 

電源はライト周りに収納されている配線から。。。

コレは戸澤さんの好み。 

Rimg13253  

 

Rimg13254  

最後に、配線を“美しく”収納して終了!  

 

 

ね! JRM-12でも意外にシンプル。

Rimg13258  

 

まだオフを走ってませんが、オンロード走行では、全く邪魔にはなってません。 

  

ETCはね、万一、ETCの機械を盗難されても盗難届けを出せば、使用出来ないシステムになっているそうです。 

 

でもそうは言っても、この取り付けには、メカニック戸澤さんの、盗難されにくい工夫が施されています。 

 

戸澤さん、ありがとうございました。 

 

 

あっ、ちなみにナップスではお客さんのPIT内立ち入りは出来ません。

今回『Riding High ~♪』の取材に当たり、特別許可を頂きました。 

ご協力ありがとうございました! 

 

これからどうしてもETCを取り付けたい方、

若しかしたら、何処のショップより早く取り付ける事が出来るかも?

ナップス【http://www.naps-jp.com/】 

 

車載器に限りがございますため、当日または翌日で受付終了となることが予測されます。また、多数のお客様のご来店が予想されますため、事前に本ページの内容・注意事項をご覧の上、ご来店いただけますようお願い申し上げます。
と、ナップスのHPに注意書きがされています。 

 

カモミールの咲く小さな畑

Photo 

世の中、農業や家庭菜園ブームの様ですが、

我が近藤家も、家庭菜園始めています。

 

4畳半ほどの小さな畑を借りて…。 

小さな畑だからね。

その日食べる分ぐらいしか収穫出来ないんだけど、味が違うよ!

 

Photo_2  

 

カモミールの咲く、小さな畑です。 

 

最初はね、数年前に柚子の木を買って来て、ベランダで育てたんだ。 

花が咲いて、実がなって、料理や薬味に使用。更にお風呂に入れたりして「いいねぇ」と、妻と2人で大好評! 
 
東京にいながら、ちょっとした季節を楽しめるしネ。 
 
 

 
そしていつの間にか、妻がベランダで“バジル”をプランターで栽培。 
 
バジルパスタで食べても美味しいし、トマトとモッツェラレラチーズに添えても最高!  
 
夏になると、いつも新鮮な“バジル”の香りがするのは、近藤家の風物詩。 
 

友達のホームパーティに行く時にも、ベランダで摘んだばかりのバジルを持参し、これがまた大好評!
 
 
 

この辺りまでは「へぇ~、良いね!」と友人達に言われる程度だったのですが、

いつの間にかプランターには、使いかけのネギが植えられていたり、根菜類が埋まっていたり。。。。 
 
(コレね、冷蔵庫に入れるよりも日持ちするんだよ! それに使い終わったネギなんかは、根っこの方を植えとくと、育ってきてまた使えるんだよね!) 
 
 

と、こーんな風にちょっと本格的に。。。 
 
 
 
 

そして今年の3月からは、近所に小さな畑を借りて、益々本格的になってしまいました。。。 
 
 
 
 
 
つい先日、

ジャガイモを育てている場所で、卵を産んでいるカタツムリを発見! 
Photo_3   
初めて見ました! 
 
 
 

他の場所からも、卵を発見!!
Photo_4  

 

スゴイなぁ。 
 
 
 
 

“畑”といえばね、 

早くから農業に目覚めた 知人がいます。 

Photo_5 

女性ライダーの草分け的な存在、 

エッセイストで、国際ラリーライダーの、

山村レイコさん。(旧姓 三好レイコさん) 

彼女はパリダカをはじめ、数々の海外ラリーにオートバイで参戦し、女性部門1位なんて記録も沢山持っているんだよね。 
 
 

この前会った時、名刺には『農民』と書いてありました。。。。
 
  
 
今は富士山の麓で農業や酪農もやっていて、「馬の世話が大変なのよぉ~!」と言ってました。 
 
 

「バイク」と「馬」 
 
 
バイクは“鉄馬”なんて言われるし、“馬力”っていう数字でも表されるしね。
 
 
共通点の多い乗り物なのかな? 
 
  

「コレね、私が作ったお米なの!」とカルガモ農法で育てたレイコさんブランドの米を頂いた事があります。
 
 

「Fairy Cafe」というCafeを朝霧高原でやっているそうで、「バイクで来る人も多いのよ!」と。

 

ツーリングで、富士山麓を走って、レイコさんに会いに行く。 

 

良いね、行きたいなぁ~~~。 

 

「来たら農作業手伝って貰うわよ!(笑)」

『マジですか!?』 

じゃぁ、オフロードブーツでも履いて行きますか…!

 

 
山村レイコ公式ウェブサイト『Fairy Tale』
Fairy Cafeの情報もコチラ
http://www.fairytale.jp/】 

 

 

2009年6月12日 (金)

悪質なリフォーム業者と、ご近所トラブルに困惑…

Rimg12487  

全国の消費生活センターには、

「悪質な訪問販売によるリフォーム工事」によるトラブル相談が、毎年年間9,000件もあるそうです。 

 

スゴイ数だねぇ~。 なんて思ってたら、実はウチも、相談するハメに…。 

困ってます。。。 

  

と言っても、ウチは工事発注者ではなく、工事の拡大被害者なのですが。。。 

(“スパ・ブログ”でも綴った事なのですが、まだ未解決なのです…) 

  

 

状況はこうです。 

ウチの真上の階の方が、水回りのリフォーム工事。

朝から「ガガガガガガッー」と、コンクリートを砕く工事音で目が覚めました。 

うるさいなぁ~とは思いつつも、ウチだって工事をする事になれば、ご近所にご迷惑をかける事になる。 

 

まっ、ご近所の事だしお互い様だよね。 

  

と、ココまでは良くある事。 

  

でもちょっと不愉快なのが、

「ナンデ、土曜の朝8:30から工事なの?」  

「だいたい工事やるんだったら、真下なんだし、事前に一言あっても良いんじゃないの?」

という、ちょっとした不満。

(ちなみに、上の階の方とは、殆ど面識が無いです) 

 

しかもその日ボクは仕事で、ボクが留守中に、我が近藤家にトラブルが降りかかってきたのです。 

  

帰宅するや否や、 

「今日、工事で信じられない事がいっぱいあったんだよ!」と、その不満を機関銃の様に喋る妻。 

横で5歳の娘も 

「工事がうるさくて、TV観られなかったの!」 と、二人してオカンムリpout pout pout

(怖いな。女2人が怒るとこうなるのか・・・) 

(しかも、オレが何かしたワケでもないのに・・・ コレじゃぁ、オレに非があった時にはタイヘンだなぁ。 気をつけよう…) 

  

「ちゃんと聞いてる?」

『あ、うん!』

 

ボクが出かけた後、余にも工事の音がうるさく、妻も娘もTVも見られない、会話も出来ない状況だったとの事。 

「うるさいから出かけよう!」 となったその時

 

「ピンポ-ン」と上の工事の方が来たのだそうです。 

「下からじゃないと工事出来ないんで、工事させて下さい」と。 

急に来て、いきなり工事させてだなんて、随分と非常識な業者だなぁ。 当の上階の方は、何で挨拶に来ないの? 外出してるのかな?

なんて思ったそうなのですが、「今日工事が出来ないと、ウチも困るんです」という業者の一言で、

ご近所の事だし…、今日で工事が終わるなら…と、シブシブ応じた妻だった様なのです。 

 

普通、マンションの図面を見てから工事するでしょ。 「いや、図面は見てないですねぇ」と言われたそうな。 

 

ウチの風呂場の天井裏から2時間余りの工事。 その後も、業者さんは上に行ったり戻ったりで、終日ガガガガガッ!と。

 

 

『そう、そりゃぁタイヘンだったね。』 

「もう疲れちゃったから、お風呂洗ってくれる!」

『いいよ!』 と、風呂場へ行ってビックリ!

  

風呂は工事のコンクリート粉でザラザラ。 

『なんだこりゃ、工事の人は掃除して帰らなかったの?』 

「掃除はしてたよ。でも酷いねコレは…」 

 

さあ、風呂に入るぞ!と、ザブン! と浸かり、 

「はぁ~~~」と、天井を見上げてまたビックリ!!

 

『なんだコリャ!!』 

天井がボコボコと凹凸状態。 

天井裏を見てみると、『うわぁ~~~』

コンクリートの破片が沢山。 やっぱり工事で出来た凹凸の様。 

 

 

いや、それだけじゃ無い!

  

天井裏をよくよく覗いて見ると、上階への配管したコンクリートは穴が空きっぱなし、しかもマンションの鉄筋が出ちゃってる!!! 

 

「こりゃぁ、完全に手抜き工事じゃん!!」 

 

 

翌日、工事に立ち会ったと言う、業者の店長に来て貰うと、

「まっ、コンクリートの穴は通常塞ぎませんけどねぇ」 

『へぇ? 穴は空きっぱなしですか!?』

(後で調べたら、穴を塞がないのは消防法に違反しているそうです) 

(しかも、共有部分を工事するのに、マンションの管理組合にも届けを出していなかった様です) 

 

 

それからもっとビックリした店長の一言。 

「天井の凹凸は、板金してペンキ塗って誤魔化しておきます!」 

 

一瞬何か聞き間違えたのかと思ったよ!

お宅がやった被害なのに、『ごまかす』って、どういう意味なの!??? 

 

だいたいウチの風呂は、ボートと同じ素材で出来てるんだよ! 板金なんて出来ないし、天井にペンキなんか塗ったら、HIPSっていうプラスチックが溶けちゃうよ!!

 

全く信用ならない業者だな!!! 

  

 

色々と調べたらね、東京都がこの業者に対して、「平成17年7月13日」付けで、「訪問販売リフォーム業者を行政処分」をした事を発表していました。。。。  

 

そしてその後、会社名を変更した業者だった様です。。。 

 

こーんな事をね、上階の方にも伝えたのですが、会ってこれまたビックリ!

ナント工事のその日は、家にいたのだとか…。   

家にいて、なんで本人が挨拶に来ないの? 普通来るでしょ! 

  

「すみませんです…」とは言うモノの、誠意が無いよ!

 

で、結局ボクの方で段取りして、1ヵ月後、消費者相談センターに一緒に行って貰ったのです。(しかも、遅刻して来んなよ!pout) 

  

消費者相談センターの担当者の他、一級建築士、この業者による他物件トラブルの担当者も同席。

上階の方、専門家のみーんなに言われて初めて、「私がトラブル解決に向けて動かなくてはならないんだ…」という事を認識された様なのです。。。 

 

当たり前でしょ!

工事発注者なんだから!!angry 

 

まっ、でも認識して貰えてよかった! 

 

 

あれから3ヶ月。

あれ以降、上階の方からの連絡は、全く有りません。。。。 

その後どうなってるの??? 

(一緒に行って貰ったのは、意味がなかったなぁ。) 

 

ご近所の事だけに、気を使うよねぇ。 

 

もっとシッカリ認識して、動いてくれないと…  

ちなみに、消費者センターには、こーんな受付も有りました。

Rimg12486  

皆さん、お気をつけて! 

 

 

※今回の業者は、「都道府県が実施した業者に対する行政処分」の中に入っています。

(皆さんもリホームの際には、事前に参考にしてね)

今回の様に行政処分後、社名を変更している場合も多い様です。

国民生活センターのHPご参照 

↑ココから東京都が公表したHPにもリンクしています





追記:2010.12.22
時間も掛かり色々とありましたが、業者とは無事示談解決しました!
アドバイス、ご心配を頂いた皆様、ありがとうございました。


2009年6月11日 (木)

「江口洋介さん、バイク転倒で重症」で思う事

 

芸能界でもバイクに乗る人は多いです。  

 

江口洋介さん、大型バイク転倒で肋骨や鎖骨を折る重症…というNEWSが入ってきました。 

 

 

「バイクは危ない!」って言う人多いですよね。 

 

確かにそう。 

 

でもバイクは乗り物。道具です。

「バイクが危ない!」じゃなくて、「運転する人、その人が危ない!」って言い換えて欲しいんだよね。 

 

そんな事言ったら、どこの家庭にだってある包丁だって危ない!

美味しい料理を作り出す道具だけど、使い方によっちゃぁ、凶器にだってなる。

様は、道具を扱う“人の心”次第なんだよね。 

 

  

それにこの「バイクは危ない!」は、大きく2つあると思うんです。

1つは、他人が危ない。

もう1つは、ライダー自身が危ない。 

 

ボクもバイクを愛する者として、「バイクは危ない!」について、いつも考えています。 ちょっと触れさせて下さい。 

 

①他人が危ない

運転技術が低かったり、運転マナーが悪くて、他人から「危ない!」と思われてしまう 

 

まつ、運転技術は磨いて行くとして・・・ 

運転のマナーに関して、特に日本人は、マナー意識の低いライダーがまだまだ多いと思います。 

暴走族を代表する様に、日本人にとって、元々バイクはイメージの良くない乗り物。  

コレはとっても残念ですが、でもそれを踏まえて、ボクらライダーは

「決してそんな乗り物じゃぁ無いんだよ!」

と乗るべきじゃないかな・・・と思うんだよね。 

 

余談ですが、、、 

以前“ルート66”を旅する番組で、ゴールの日にL.A.にある、ミッキー・ロークさんのご自宅を訪ねました。

(一緒に走った布施博さん。応援に掛けつけた堀部圭亮さん、山田まりやちゃん達とね…) 

 

ミッキーさんは映画「ハーレーダビッドソン&マルボロマン」でもハーレーに乗って登場するなど、元々大のバイク好き!

 

シカゴ~L.A.まで、2,448miles。

アメリカの“マザーロード”と呼ばれる“ルート66”を、ハーレーで全走破してきた、ボクら日本人がよほど嬉しかったのか、 

ミッキーさん、「今からオレのバイク仲間を呼ぶよ!」とやって来たのは、パッと見は、ちょっと悪そうな恐そうなハーレー乗り達。 

実はヘルスエンジェルスの幹部の方達でした。。。 

 

でもハートは全然そんなんじゃ無かった。。。 

雑談中に日本の暴走族の話になり、「アメリカでそんな事やったら、警察に撃たれるヨ!」と笑ってました。  

一見恐そうな、ヘルスエンジェルスの人達では有りましたが、運転のマナーはピカイチでした。。。

 

 

そして2つ目の「危ない!」

②ライダー自身が危ない (事故を起した時のリスクが高い) 

万一ケガをしてしまうとね、「やっぱバイクは危ないよ!」って、周りの人に思われてしまう。。。 

(ボクも免許取りたての頃、大事故で大怪我をしてしまい、回りの人へ心配や迷惑をかけ、信用を失ってしまった経験があります。 自らが「バイクは危ない!」という印象を、周囲に強めてしまいました)

 

事実、クルマと比べれば生身で走っているワケだし、万一の事故を考えると、そのリスクだって高い。 

だからこそ、運転マナーも含め、乗る時の格好も意識すべきだと思うんだ。 

 

 

都内を走っていても、Tシャツにノーグローブの人は多い。 

ヘルメットのアゴ紐をしてない人も多い。(アゴ紐をしていないと、転倒時にヘルメットが飛んで、頭部を守れません) 

サンダル履きで乗る人も見かける・・・。 

 

コレじゃぁねぇ。 

 

事故って、いつどんな時に、どんな状態で起こるかわからないモノ。。。  

 

ボクは自分が起してしまった事故の苦い経験から、なるべくプロテクター付きのウエアやパンツを着用する様にしています。 

もちろん、ヘルメットもちゃんとしたモノを…。 

  

でもこんな事を書いていても、事故って、いつどんな時に、どんな状態で起こるかわからない。。。   

将来、いや今日、ボク自身が事故でケガをしてしまうかも知れない…。 周りに迷惑をかけ、心配をさせ、信頼を失ってしまうかも知れない…。 

 

だからこそ、少しでも意識を高く持って乗ろう…と思っています。

  

バイクに乗るって、ボクにとってはそう言うコトかな?

 

 

2007年10月7日。

WGPや、スーパーバイク世界選手権に参戦し、全日本ロードレース選手権の現役の選手でもあった、日本を代表するプロライダー、 

ノリックこと、阿部典史選手が、 

公道でトラックとの接触事故に遭い、天国へ旅立ってしまいました。。。

 

その出来事は悔しくも、ボクがその日のラジオで、先日ノリックと会った事。 

ボクが交通安全(道路を使う人達のマナー)について思う事を語り、生放送が終了した、少し後の出来事でした。。。 

 

 

ノリックが事故にあう直前の、9月6日のノリックのブログ記事。 

 

ノリックの選手仲間が、サーキットで亡くなったのを受け

「例え技術のある彼らのような選手でさえ、避けられないアクシデントもある。彼らほどのライダーがこんな目に遭うようなことなら、自分に降りかかっても絶対に避けられないだろう。」

と綴っていました。

 

そしてその日のブログの締めくくりには、
 
 

「危険は未然に防ぐしかない。そのことを強く感じた。」

 

と、自らを戒める様に記していました。 

  

 

生前、ノリックはバイクが大好きでした!  

現役の選手でありながら、子供達のライダー育成にも力を入れていました。

  

ボクはノリックの大好きだったバイクに、これからも乗り続けたい。

歳をとって、お爺ちゃんになっても、少しでも長く、バイクに乗り続けていたい…と思っています。 

 

「危険は未然に防ぐしかない!」 

 

ノリックの残してくれたこの言葉を、心に刻みながら・・・ 

  

 

江口洋介さんの早期回復を願っています。 

そしてこの事故で、バイクを降りないで欲しいなぁ。。。 

 

 

ノリックこと、

故・阿部典史選手のブログ

http://www.norickabe.com/column/index.html】  

 

 

“スパブログ” 一旦休止のお知らせ

 

お知らせです。 

06年の9月に立ち上げ、今ままで皆さまに たいへんご贔屓を頂いて参りましたもう一つのブログスパブログですが、 

 

昨日で一旦休止とさせて頂きました。 

 

「2つブログ見てるよ!」 とか、「頑張って!」等の暖かいご声援も頂いたのですが、 

やはり二足の草鞋は、ボク自身負担となってしまい、 

このままではドチラのブログも、内容がおろそかになってしまう…と判断したため、このような決断を致しました。 

  

 

元々、メカオンチだけでなく、筆不精で、PCだってニガテ・・・

原稿を書くにも、相当な時間が掛かってしまうボクが、3日坊主にならず、ここまで続けて来られたのは、 

「こんなに多くの方が見てくれるんだ…」というアクセス数と、皆まさから頂くコメントが、心の大きな支えとなりました。 

 

スパブログ応援して頂きました皆さまには大変申し訳ございませんが、ご理解の程お願い致します。 

 

そしてスパブログの立ち上げを強引に手伝ってくれた、友人で番組パーソナリティの金澤カオルさんに感謝! ありがとう。 

(この前、立ち上げてくれた“マック”に久しぶりに行ったんだよ! 小さなカウンターが懐かしかった…  Inter FMで番組始まったみたいだね! 今度聴くね♪ 

  

今で綴ってきたスパブログは、ボクの自身の貴重な記録であり、財産でもあります。 

 

…なので、

スパブログ”はこのまま残しておきます 

  

これからは

この『Riding High ~♪』を近藤スパ太郎公式ブログとし、

スローなバイクライフだけではなく、日々の雑記も綴って参りたいと思います。

スパブログで綴ってきた角膜矯正療法『オサート』(オルケソラトロジー)や、他のカテゴリーの続きは、ボチボチと『Riding High ~♪』でも綴って行きたいと思います。 

 

 

どうぞ皆さま、これからも変わらぬ応援を頂けます様、どうぞ宜しくお願い致します。

 
2009年6月11日
近藤スパ太郎 
 
  

 

Honda スーパーカブ110 6/19 に新発売!

ゲッ! 先を越された!!

もうオフィシャルに発表されてるじゃん…(><) 

 

少なくても今日の午後(っても日付変わっちゃたけど…)、メーカーのHPにはまだ発表されてなかったから、午後から夕方にかけての発表だったと思うんだ。 

 

残念ながらスクープならず。。。 

 

Honda スーパーカブ110  6/19 に新発売!  

コレがその写真

Cub110

(スーパーカブ110 コスタブルー) 

Cub110_2  

(スーパーカブ110 アバグリーン) 

¥249,900ー 

サスが、テレスコピックに変わっている。

  

実はボク、先日とあるバイク誌編集部で、この“極秘情報”を、チラリと見てしまったのです。。。 

まるで、「家政婦は見た!」の市原悦子の様に・・・。 

  

だって編集部員の机の上に、ゲラがポン! と置かれているんですもの。。。 

(あれ? 口調まで似てきた…) 

 

 

NEWカブの写真にも驚かされたが、ソレには「スーパーカブ110  現在発売中」 と書かれていた。

 

『えっ? 発売中?? まだメーカーで発表されてないのに???』  

 

その雑誌は今月24日発売なので、そりゃあビックリ! 

 

『いつ出るの? いつ?』 

 

 

以来、秘密を知ってちょっとワクワク。 

ブログで書いちゃって良いかな?  

いや、それはマズイだろう・・・。

  

いやいや、書いてこそスクープってもんだよ! 

 

なんてね。 

 

 

あのね。

「新聞配達や郵便配達で使うスーパーカブでしょ!?」 なんて、高をくくっちゃいけませんよ! 

 

スーパーカブは去年で誕生から50年を迎え(東京タワーやチキンラーメンとおなじ1958年に誕生)、以来、世界150各国以上で、6000万台以上が販売されて来ているのです。 

 

世界に名だたる今のHondaがあるのは、このスーパーカブがあったから…(と言っても大げさじゃないのです。) 

事実、アメリカに進出したのは、このスーパーカブがキッカケだからね! 

 

そう、当時の本田宗一郎さん始め、Hondaの魂や夢が詰められているバイクが、この“スーパーカブ”なのです。 

日本人として、バイク乗りとして、Hondaの原点ともいえるこのカブに、いつかは乗ってみたい…と思っていたのです。

(番組などの“企画”では乗っているけどね…) 

 

50ccは早くも一昨年の秋にインジェクションモデルが発売になったんだよね。

 

原付2種のスーパーカブ(原付2種=51cc~125cc未満のオートバイ。ナンバーの色で言えば、黄色とピンク)は、前機種のキャブ仕様の90ccが、去年の秋に製造中止に。

  

NEWモデルは環境にも優しいインジェクション…とは言われてはいました。

  

でもね、 

何㏄で出るんだろう…、

タイカブのエンジンじゃないの? 

じゃぁ、100ccとか110ccかな?

デザインもタイっぽくなるのかな? 

いやぁ、日本のカブは、本田宗一郎伝統のデザインでしょ! 

 

・・・なんてね、かねてから噂になっていたのです。 

 

 

ナンでオレが熱く語っているかと言うと、

普段の都内移動を殆どバイクなオレは今、小さいバイクに大・大・注目なのです。  

だって、都内の移動は、小さい方が便利だよ。 

 

…でも、原付2種のラインナップが少なく(特に国内4メーカーはメチャクチャ少ない)、乗りたいバイクが見つからなかったのです。 

 

そこで注目したのが、前機種のスーパーカブ90DX.のタスマニアングリーンメタリック。 

90  

この深いグリーンのメタリックカラーと、メッキパーツが、見かたによってはなかなかシック。

 

コレをベースに、ちょっとスパ太郎仕様に改造した“スパカブ”にして、もっとシックにカッコ良く乗りた い…と思っていたのです。  

 

たとえば、タキシードにエナメルの靴を履いて、パーティ会場に乗り付けられる…みたいなね。 

  

でも90が製造中止になり、後継機種が環境にも優しくなって、排気量も大きくなる…なんてウワサを聞いちゃったモンだから、

 

いつなの? とワクワクしていた…というワケ。 

 

いや、キャブ仕様の最後のモデルを入手した方が良いかな? 

 

いやいや、パワーUPした上に環境にも優しい、NEW モデルでしょ…なんてね。 

 

 

でも正直なトコロ、このNEWモデルのカラーリングはイメージと違うんだなぁ・・・ 

 

そしたら来週、マスコミ向けに試乗会&撮影会があるとの情報も入手。 

  

「うっそ。 ホント?」

 

こうなりゃ、なんとか忍び込んで試乗してやるぅゾぉ~~~。 

 

本田技研工業 2009年6月10日発表

「スーパーカブ110」の主要諸元や

プレスインフォメーションはコチラ

  

 

2009年6月10日 (水)

バイクな人 ピアニストのYumiさん

ドイツから一時帰国している、ピアニストであり音楽家でもあり、バイク大好きな、ボクの姉貴分のYumiさん。 

Yumi  

(↑散々酔っ払っている図)

こんな小柄でリッターバイクを乗りこなすスゴイ人。 

  

東京音楽大学卒業してね、堺さんのバックコーラスも担当してたり、テレビやラジオのレポーターをしていたらしく、そんな繋がりでも、先輩の姉さんです。

 

そう、ドイツに引越す数日前に「このクルマ、スパちゃん乗ってよ!」と、ボクに古~いBMWを譲ってくれた方でもあります。 

(このBMWには、故障続きで泣かされるコトになるのですが…)

  

バイク大好きで、命知らずなYumiさんは、 

メキシコのバハカルフォルニア半島で開催される、スプリントなオフロードラリー・BAJA1000にバイクで出場し、1991年、見事“日本人女性初の完走”という偉業を果たす! 

 

コレはスゴイよ! 

ドイツに住む現在も、音楽活動をする傍ら、ヨーロッパ大陸の各国を、バイクでアクティブに走りまくり。 

 

ママさんライダーや、女性ライダーのネットワーク「MAMA´S倶楽部」を主宰していたり、 

女性ライダー向けのバイク雑誌「L+Bike」始め、数々のバイク誌でも活躍する、パワフルなモータージャーナリストでもあるのです。

   

そんなYumiさんと昨日、 

L+Bike誌やタンデムスタイル誌、風まかせ誌やカワサキバイクマガジン誌など、多くのバイク誌の編集部がある、“クレタ”で久々の再会! 

 

ボクの打ち合わせが長引いていたので、ちょっと待っててくれたYumiさん。

「私この後、近くで中学校のプチ同窓会があるんだ!」とYumiさん。 

『オレも行っちゃおうかな!?』て冗談で言ったら、

「来ちゃいなよ!」

『ホント! 大丈夫?』

「平気、平気! みんな幼なじみだから」

 

・・・というワケで、 

ボクには全く関係の無い、見ず知らずの人達の“中学校プチ同窓会”に、同級生に成りすまして、出席しちゃいました。。。。

  

というか、その前に、、、

ドイツ帰りでケータイの“グルナビ”の使い方が分からないYumiさんに代わり、ボクが店までのガイドと、ドイツに持って帰るという、重い荷物持ち。 

 

道中も、『ホントに平気?』「大丈夫だって!」なんて話しながら…。 

 

 

でも、店の入り口まで来たら「じゃぁ、またね!」みたいな雰囲気。 

 

えっ? オイオイ、なんだよ! 店まで来たのに!! 

  

同級生にはバイク好きな方もいるとのコトで、まぁせっかくだし、皆さんに一言ご挨拶して帰ろう…と思ったら、皆さんとっても良い方達ばかりで、結局最後まで、ちゃかりと同窓会に参加させて頂いちゃいました。。。 

Yumi_2  

“もつ鍋”、美味かったです(^^)/  

 

皆さん、ありがとうございました!

とても楽しい同窓会でした。 

また集まりましょう!

(っても、ボクの同級生じゃ無いですが…)

 

 

Yumiさんといるとね、いつもこんなノリなんだよね。 

 

明日ドイツに帰国するYumiさん。 

 

ホント、パワフルな方です♪ 

 

 

ドイツから発信!

川崎由美子のブログ 

↑ヨーロッパ(特にドイツ)での、モータースポーツ事情がオモシロイです

 

2009年6月 9日 (火)

バイクな人 モデルの“かよさん”

 

以前、ホンダのエコノパワー(エコラン)の取材を一緒にした、モデルの“かよさん”。 

Res01558   

あれ? オレより、身長デカイ? 

【現・所属事務所の“林田かよさんプロフィール”】

↑ね、モデルしてるでしょ!? 

 

ちなみにレーシングスーツの方は、鈴鹿の8耐では仮面ライダーとして走り、今年も全日本ロードレース、JSB1000に参戦している“山口辰也選手”。 

 

 

あの時“かよさん”は、一緒に“中学生部門をリポート”し、 

その後の“マスコミ対抗・エコラン”では、初体験のスーパーカブに乗って、その大ボケキャラを発揮していました。。。。

(写真は、スーパーカブに乗る直前の1ショット) 

(※映像は、今見ても笑えるヨ!)

 

 

“かよさん”、あの時ちゃんと乗れなかった“カブ”の楽しさが忘れられなかったらしく、

何を思ったのか、いきなり大型バイク免許を取得したそうで、

今はハーレーを買うか、他のバイクを買うか、迷っているみたいなのです。。。。 

 

カブからいきなり、ハーレーかよ!!! 

 

大胆な“かよさん”に、今度はオフロードの楽しさを知って貰いたいな…と、今月開催の「トライアルごっこ」のお誘い。

 

トライアルってのはね、スピードを競うんじゃなくて、遅くてもいいから、足を着かないでセクションをクリアするっていう競技。

(時速は10キロちょいくらいかな?)

 

まっ、「トライアルごっこ」は遊びだけどね、コレが結構難しい。 

思うように行かないから、面白い。 みんなハマる。 

 

 

そしたら“かよさん”、

「あっ、その2週間後にちょっと大きな仕事が入ってるんだ! ケガとかしたら大変だよ!!」 

『大丈夫、ケガなんて殆どしないよ! だいたいプロテクター付けるから大丈夫だよ!』

「でも、アザとか付いちゃったら、仕事にならないよ!」

『大丈夫、転ぶ人は殆どいないから…』 

  

↑ 最後のは、ちょっとウソ! どうしても誘いたい余り、ついウソ言っちゃいました…bleah 

 

実際にはね・・・(以下、去年の写真) 

Res07066 

バランスを失って、「おっとっと・・・」となったり、 

3  

ドコに行っちゃうのか分かんなくなったり・・・ 

 

さらには、

2  

バイクから投げ出されたり・・・ 

 

更には大ベテランの、コーチまで「うわっ!」っと、コケてしまう始末・・・

Res07042  

(このあと、向こうにゴロン!と、飛びました!) 

 

まっ、スピードは出てないから、イテテテテっ! で済むけどね。

多少のアザはあるかも? 

 

 

でも“かよさん”。

オレの“ウソ”を見破ったり! 

 

「やっぱ今回、止めとくわ!」

『あっ、そう……』 

 

仕事に影響あると申し訳ないので、これ以上の無理強いは出来なかった・・・。 

 

まっ、いずれ「トライアルごっこ」誘うよ! 

 

 

ちなみに、“かよさん”としたリポートは、現在も「あっ!とおどろく放送局」で無料でオンデマンド放送されています。 

  

①かよさん、カブに乗る!

『第6回 マスコミ対抗 30分エコ耐 ~スパ太郎リベンジ編~ (17分)』

http://www.odoroku.tv/vod/000000AF3/index.html 

 

 

②かよさん、中学生を青田買いリポート!?

『第26回 本田宗一郎杯 Hondaエコノパワー 燃費競技全国大会 (24分)』

(ホントは、中学生部門密着のドキュメント番組です)

http://www.odoroku.tv/vod/000000AF4/index.html 

  

 

よかったら見てね~♪ 

 

2009年6月 8日 (月)

シールドに虫が当る当る! うわっ、臭っ!(><)

Rimg13871  

 

所用で多摩ニュータウンへ…。 

天気も良かったし、バイクでプチツーリング。 

 

気持ち良いね!

特に交通量の多い甲州街道を左折し、多摩川を渡ると空気が新鮮! 

 

この辺りの道は、複数車線になって流れもスムーズになったしね。 

 

稲城を抜けて、多摩ニュータウンを走っていると、ヘルメットのシールドに「カーン! カーン!」と、虫が当る音。 

  

随分多く飛んでるなぁ。

シールドに当って潰れてしまうワケでもない、結構硬そうな虫。 

何の虫だ? 

下げたままだったメッシュジャケットのファスナーを、思わず首元まで閉めちゃったヨ…。 

虫が入っちゃったら、イヤだからね! 

(事実、日本縦断ラリーのツール・ド・ニッポンでは、ジャケットの中に入った“蜂”に刺されてリタイヤした方がいたぐらいだからね。虫をあなどってはダメですヨ!) 

信号待ちで、BAJAのデュアルヘッドライトや白いフェンダーに集まってきたのは、黄色い“てんとう虫”の様な虫。 

 

何の虫だろうね?

 

走り出すと、今度はシールドで“ペチャっ!”と潰れた虫が・・・・。 

 

「うえ、臭え!shock  カメムシだなこりゃcrying」 

 

なんたって、鼻先のシールドで潰れちゃったから、臭いのなんの。 

 

 

用事が済むと、近くに“コストコ”があったので急遽立ち寄り。 トイレの水道で、ヘルメットの“カメムシ”を流した後に買い物。

写真のダンボールは、“コストコ”で買ったモノが詰まってます。

  

コストコって、ちょっと買っただけでも、かなりの荷物になちゃうよね! 

ボクのBAJAは、時々スーパーカブの様に働くバイクになります。

 

オフロードバイクはキャリアを付けると、結構な荷物を運べて便利ですヨ!good 

 

2009年6月 6日 (土)

メカオンチだけど…自分でバッテリー交換!

 

押しがけをしながら、だましだまし乗っていた、バッテリー。

 

押しがけって、街中で目立つは、汗タラタラになるは・・・、電子メーターはリセットされちゃうは・・・なので、新品入手しました!

 

と言っても、メカニックでライダーの片山君が「スパちゃん、何でも良いんならバッテリーは¥2000くらいからあるんだよ!」と、個人的にお薦めしてくれた、激安バッテリー。

(あくまでも、個人的に薦めてくれた品です)

  

片山君はね、パリダカにオートバイで出場! モンゴルのラリーでは「ヘリを抜いた!」と、あんた、砂漠でいったい何キロ出してんの??? と、回線がオカシな友達。 

ラリーの車検会場では、「スパちゃん、マジックある?」と、マジックでゼッケンをピュピュッと書く、超イイカゲンなヤツ!(ホントはゼッケンステッカー貼るんだよ!)

(いや、応用のスペシャリストというべきか?)

 

パリダカから帰ってきて、今はKTM埼玉(KTMと言うオーストリア製のバイクです)にお勤め。 

 

でもね。 

彼は元・ポルシェやフェラーリのメカニックで、プライベートではいい加減なシーンが多くても(?)、 

こと、“メカ”に於いてはかなりの腕前で、“メカ”に関しては信用の厚い(←マジです)優秀なメカニックとして、有名な方でもあるのです。。。 

 

片山君、スパ太郎に個人的にお薦め、超・激安バッテリーがコレ!

(注:あくまでも、個人的に薦めてくれた品です) 

Rimg13857  

(シーマリンオリジナルバッテリー(5L-BS) \1,999-(税込) 送料¥1,000-)

 

スパ:「うわっ、安っ! 中国製ジャン。大丈夫なの?」

片山:「大丈夫! スパちゃんの場合、エンジンが掛かれば良いんでしょ?」

スパ:「だいたいこのメーカー名からすると、海の用品屋さんじゃないの?」

片山:「エンジン掛かりゃ、船もバイクも同じだよ!」 

 

  

確かに!!! \1,999-って価格は、バイク屋で古いバッテリーを充電してもらうよりも安いかも? 

 

んじゃぁ、どんなモノか一度試してみようじゃないの!!  

 

 

トコロでオレと同じでメカオンチな皆さん。 

バッテリーの外す順番、付ける順番ってあるの、知ってる!? 

 

一度覚えても、時々やる作業だから、作業の時になると・・・「あれ? どっちからだっけ???」って忘れてるんだよね! 

 

そんなアナタに教えちゃいます!

 

必見!!

メカオンチな“オレ”でも分かる、分かりやすい覚え方!

外す時=バイクから取るワケだから、マイナスから外す! 

付ける時=バイクに足すワケだから、プラスから付ける! 

 

「↑って覚えたんですヨ!」 ってね、 

モトショップストラーダの渡辺さんに言ったら、「スパ太郎、頭良いじゃん!」って、メチャクチャ褒められちゃいました。 

(あのね、こんなコトでメチャクチャ褒められると、遠まわしに“バカ”って言われてる気もするじゃない…!?) 

  

メンテナンスフリーバッテリーなんだけど、最初は自分で液を注入。

Rimg13861  

白いケース側のシールが付いたまま、ズボッ! っと強引に押し込むと、ボコボコボコっと、液が勝手に入っていきます! 

 

全部入ったら、ゴミが入らない様に、軽くフタを乗せて、1時間放置!

Rimg13862  

1時間経過したら、フタをカチっ! と締め、メンテナンスフリーバッテリーの完成! 

 

ホントはね、一番最初に使用する前に、充電器にかけるとバッテリーの寿命が30%UPするらしいヨ・・・ 

 

Rimg13868  

 

取り付けるんだから、付ける時=バイクに足すワケだから、プラスから付ける!)方式で、赤のブラスから取り付け! 

  

ね!

簡単でしょ! 

 

コレでスムーズにセルが回るようになり、梅雨時の押しガケから開放されました…… 

 

あっ! 古いバッテリーはシーマリンで無料回収してくれるし、殆どのバイク屋さんでも、無料回収してくれますヨ! 

間違っても、その辺に捨てない様にネ!

 

(↓ラブジアースで、海岸のゴミになっていた図) 

Rimg13651  

コレは最悪なマナーです 

回収ご苦労様ですv(^^)v 

12th ラブ・ジ・アースミーティング in 柏崎の回収ゴミは3t

 

ちょっと、マジメ報告です。

 

バイク乗りから始める“地球愛護活動”『ラブジアース』。 

先週末の雨の中(新潟は晴れでしたが…)、250ccのXR-BAJAで柏崎まで往復540Km走って行ってきました。

 
ラブジアース実行委員会から、イベント報告を頂きましたので、この『ライディングハイ』ブログでも掲載させて頂きます。

参加者は480名。(地元の方含む) 

12th

 
 

1時間半で回収したゴミは、約3tだったそうです。

Rimg13665_2  

Rimg13697  

Rimg13700  

(このビーチは、4月に海岸清掃をやったばかりらしいけど、結構、海ってゴミが集まるねぇ) 

 

 

ラブジの参加は3回目のボクですが、海岸清掃をする度に思う事。 

 

海岸のゴミって、海へ捨てられるゴミも多いけど、 

(今回は海岸に不法投棄されたゴミや、花火のゴミが多かった…)

 

川から流れてきたゴミ(=街中で捨てられ、ドブに流れ、川に流れ、海に到着したゴミ)も、メチャクチャ多いんだよね。 

 

・・・って言うコトはだよ。 

 

根本的には、街をキレイにしなきゃってコトなんじゃないか!?

 

そう思うようになってから、道路に捨てられているゴミの多い事に気が付きました。 

  

特に、信号手前の中央分離帯だったり、道路と歩道の間の植え込みだったり…。 

 

強風の時なんか、捨てられた缶やペットボトルが道路に転がってくる時があるけど、こんなのに乗り上げた日にゃぁ、ライダーにとっては超アブナイよね。  

 

ラブジアースに参加し、色々と意識が変わりました。。。 

 

次回、13thのラブジアースは、

9月20日(日)、静岡県で開催する予定だそうです。 

 

お誘いあわせの上、ツーリングがてら、ドライブがてらどうですか? 

 

 

 

以下、ラブジアース実行委員会より、頂いた開催報告になります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<ラブ・ジ・アース ミーティング12th>
●開催日:2009年5月30日(土)
●会場:新潟県柏崎市  みなとまち海浜公園
●天気:晴れのち曇り
●来場者数:480名(柏崎市民含む)
●回収ゴミ:約3t
●後援:柏崎市・環境省
●ブース出展協力
柏崎観光協会/WIMA JAPAN/上野商会/WWF JAPAN/ドライバースタンド/YSPメンバーズクラブ

●ステージイベントゲスト(敬称略)
山田 哲治 (やまだ てつじ・柏崎副市長)
近藤スパ太郎 (こんどう すぱたろう・俳優、番組パーソナリティ、タレント)

●特別協賛
ホンダ/ヤマハ/スズキ

●協賛雑誌
アウトライダー/アンダー400/オートバイ/カスタムピープル/ガルル/カワサキバイクマガジン/スクーターファン/タンデムスタイル/バイカーズステーション/BikeJIN/バイクブロス/バックオフ/ビッグマシン/別冊モーターサイクリスト/ミスターバイク/モーターサイクリスト/モトチャンプ/ヤングマシン/レディスバイク/ロードライダー

●協力
YSPメンバーズクラブ/モビリティランド/NMCA日本二輪車協会/全国二輪車用品連合会/全国オートバイ協同組合連合会/Like a Wind

●プレゼント・チャリティ協賛
ホンダ/ヤマハ/スズキ/イエローコーン/岡田商事/刀会/クシタニ/SHOEI/デイトナ/トタルルブリカンツジャパン/ドライバースタンド/ナップス/フラッグシップ/ラフ&ロードスポーツ

●レポート
Love the Earth実行委員会では、去る平成21年5月30日(土)、バイク乗りから始める地球愛護活動「Love the Earth(ラブ・ジ・アース)」の一環として、 海岸清掃イベント「ラブ・ジ・アース ミーティング 12th」を柏崎市・環境省の後援のもと、新潟県柏崎市の“みなとまち海浜公園”にて開催いたしました。

当日は関東圏をはじめ新潟周辺の各地が悪天候に見舞われたにもかかわらず、全国から集まったライダーと地元の柏崎市民合わせて参加者は約480名にのぼりました。

午前中は皆で力を合わせて海岸のゴミを拾い、漂着ゴミや流木で汚れていた浜は見違えるようにきれいになりました。

午後にはステージイベントを開催。進行役は当実行委員会の会長北村に加え、パーソナリティ・タレントの近藤スパ太郎氏、地元柏崎市からは山田哲治副市長も駆けつけ、トークショー、チャリティオークション、ジャンケン大会、記念撮影などで盛り上がりました。

さらにイベント会場には、地元物産ブースやバイク関連団体、用品メーカーなどさまざまなブースが並び、来場者を楽しませました。

これら出展ブースの売り上げの10%とオークションの売り上げ全額(計\72,150-)はWWF JAPAN(世界自然保護基金ジャパン)へ寄付させていただきます。

今後も活動への理解を広く全国のライダーに浸透させるべく、2009年9月20日(日)に13回目となるイベントを静岡県で開催する予定です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上 

 

 

イベント当日の様子は6月1日の記事

ラブジアースin柏崎市 柏崎市 みなとまち公園に行ってきた!

を観てね! 

 

 

※追記7/27

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

次回開催は9月20日(日)。 

去年の秋と同じ、ウミガメの産卵地でも知られる「静岡県牧之原市 地頭方海浜公園」と発表されました。

 

去年のスパ太郎記事はコチラ

http://spataro.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/in-4907.html】 

 

ラブジアースHPはコチラ 

http://www.lovetheearth.jp/

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 

 

2009年6月 1日 (月)

ラブジアースin柏崎市 柏崎市 みなとまち公園に行ってきた!

Rimg13667  

 

週末の5月30日(土)に開催された、

バイク乗りから始める“地球愛護活動” 『12th「ラブ・ジ・アース ミーティング (Love the Earth)」in新潟県柏崎市 みなとまち公園』 の参加報告です。  

  

いや~、沢山の方とお会い出来、とっても楽しかったです。

 

特に第2部のステージイベントでは、中盤からステージに上がらせて頂き、ステージ上からでは有りましたが、色々な方とコミュニケーションさせて頂きました。。。 

 

地元柏崎から参加された方も多くいましたね。 意識の高い地域の様ですね。

ボクと同じく、雨に降られ来た方も多くいました。(都内からも多くいらしてましたね!)

埼玉から下道で来た方にはビックリ!

岡山から来た方、山形から来た方もいましたね。 

 

 

そうそう、ジャケットが当選した埼玉の方。   

その方は、今のままではジャケットが入らない体型の方で、秋のラブジアース(9月予定)までにダイエットをして、当選したジャケットを着てくるって事を、 

本人の意思とは関係なく、場内の満場一致で決定しました!! 

 

頑張って下さいネ!

ボクも応援しています。

番組のダイエット企画で、3ヶ月ちょっとで6.2キロ減! 大成功したダイエット記事です。

『スパ太郎の“ダイエット・チャレンジ”』

 

そして現在発売中、今年チャレンジして成功した、自転車ダイエットの本です。

廣済堂ベストムック131号

トコトン楽しむ!「スポーツ自転車」の本

定価:1200円(税込)

↑ドチラも参考にしてみて下さいね! 

かく言うボクも、もっとダイエットしなくては……  

 

そして沢山の方が、お気軽に声を掛けて下さいました。

ありがとうございます。

他のイベント会場でもお会いしている方も多くいましたネ。

 

そして、特に嬉しかったのが、「ブログ見てますよ!」と声を掛けて頂いた方が多かったコト。 

おわっ!

こんな人数の中にも、こんなにいたとは・・・。

とっても励みになりました。

 

これからも、、、 

ブログ、これからも応援して下さいネ♪ 

 

 

今回のラブジーアース参加では、久々に250ccのHonda XR-BAJAで長距離走っちゃいました。 

柏崎の方にショートカットルートを教えて頂いたものの、それでも往復540km。 

 

自称:アドベンチャーライダーのボクが、今まで走ってきた距離からすると、まだまだなハズなのですが、やっぱ運動不足なのかなぁ。  

メチャクチャ疲れました…。

(だってラリーでは、途中で“競技有り”なのに、1日850Kmぐらい走ってるし、屋久島ツーリングでは、22時間半で東京~鹿児島間(コレも250㏄のXLR-BAJAで…)を走っていたりするのんでねぇ……)

 

もっと、トレーニングしないとダメだなぁ! と反省しました。  

 

今回は行きも帰りも雨。

関越道関越トンネルを超えた辺りで、やっぱり天気が変わるんですネェ。

“川端康成”でしたっけ?

「トンネルを越えると、そこは雪国だった…」って小説があったのは。

 

正にその場所ですからねぇ。

 

でも会場となった柏崎のみなとまち公園は、、、、

 

晴れ! 

 

暑いのなんの。

予定より早く着いたので、全部脱いで天日干し。 

Rimg13572  

Rimg13570  

レインブーツカバーまで用意して、完璧装備は、また帰り道に役立ちました。

 

 

  

受付で署名をすると貰える物 

①ラブジアースステッカー

Rimg13633  

 

②ゴミ袋

Rimg13631  

 

柏崎のゴミ分別方法をよく見て、、、、 

Rimg13635 

 

海岸へと出ー発っ!  

 

Rimg13634  

いるいる!

ライダーや地元の方々が沢山・・・

 

中には、こんなパワフルな方も・・・ 

Rimg13640_2

(地元、柏崎の親子でした・・・) 

  

 

 

なんだこりゃ!

海岸に不法投棄されてるゴミの山が・・・  

Rimg13645  

それでも、ボクがこの場所に来た時には、先に発見した方達が、だいぶ収集場所まで運んだ後だったのですが、まだまだ沢山あるゾ~。 

酷いねこりゃぁ~。 

 

柏崎の方に聞くと、クルマで来て、穴を掘って捨てていく人もいるらしいです。。。

 

コレもそんな感じだね。

Rimg13648

この網やブルーシートは、明らかに地元で使用された物だよ! 

しかもクルマのマットなんかも出てきた…。  

他にもバッテリーが数個も出てきた…

Rimg13651_3

なんて非常識な!!!annoy annoy annoy

 

この場所の直ぐ横は、海釣りをする人達なのか、ボートが沢山とまっていました。

ホラ、ボク達がゴミ広いしているそばから、海から帰ってきたヨ!

Rimg13654  

 

オレも船舶免許持ってるけどさ、船はゴミに弱い乗り物なんだよねぇ。。。 

こういうゴミが捨てられているの、なんとも思わないのかな? 

  

ガンガン運んで、

Rimg13644

 

ドンドン掘り起こして・・・ 

Rimg13650   

 

また運んで・・・

Rimg13643

 

ドンドン袋に詰めて・・・・

Rimg13656  

 

 

すっかりキレイになりました!! 

Rimg13652  

 

 

「ハイ、じゃぁ移動するから返してね!」 と言っても、オレのマイトングを返してくれない、男の子。 

Rimg13658  

「今度ボクね、3歳になるんだ・・・」と、 

ゴミよりも、ゲジゲジを捕まえるのに夢中でした。。。。。 

 

  

ラブジアースはね、お子さん連れも多いです。 

今回は連れて行きませんでしたが、前回はウチの5歳児娘も参加し、以来、プライベートで海に行くと、マイトングを持参し、お砂場遊び用のバケツに入れて、ゴミ広いをしています。。。

(良いことした!って気になったんだろうねぇ)

 

 

ちなみにラブジアースの会場には、キッズコーナーが有り、優しいお姉さん達が一緒に遊んでくれるんですね。 

Rimg13685

Rimg13690  

「お姉さん、ボクとも遊んでぇ~heart04」と言う気持ちを抑えつつ、ちょっと見学! 

Rimg13683  

 

万華鏡をトイレットペーパーの芯で作ってました・・・

Rimg13686  

Rimg13688_2

すごいネ! 

 

 

他にも出展ブースが有って、見るのも楽しい感じ…

Rimg13675

Rimg13692  

Rimg13680  

(↑地元・柏崎ブースも人気でした…) 

 

 

 

みんなで海岸清掃する事、1時間半。

2箇所に集まったゴミの山・・・

Rimg13663  

Rimg13665  

 

もう一箇所にも・・・

Rimg13700   

Rimg13697  

 

そして海岸はキレイになりました・・・・

Rimg13660_2  

 

ね!

 

でもこのビーチ、4月に海岸清掃をしたばっかりなんだってヨ。

 

漂着物=ドコかで捨てられているゴミ も許せないけど、海岸に不法投棄するヤツはもっと許せないネannoy 

 

 

実行委員長の北村さんに、お聞きしました。

ラブジアースを始めたきっかけは? ってね。

「バイク乗りが悪者になってて、ムカつたから始めた!」 

 

 

ボクは今回1人で参加しましたが、次回は仲間を連れて参加したいと思います。

家族でもいいし、バイクに乗っていない友人でもいい。 

 

もっとこういう“輪”を波紋の様に広めたいですネ。 

 

 

皆さん、またお会いしましょう~! 

 

(今回、中越沖地震(2007年(平成19年)7月16日 月曜日 10時13分発生 最大震度:6強)の多大なる被害にあった柏崎を訪れて、感じた事が沢山ありました。 その記事は後日UPします) 

 

 

(※09/07/16  追記)

イベントの様子が【@nifty バイクライフ】にUPされています

 

「Love the Earth」HP
http://www.lovetheearth.jp/

 

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30