フォト

twitter

【新連載】 BBBコラム『実録・近藤スパ太郎の盗難バイク奪還記!!』

[寝てる間に視力UP!]スパ太郎の“オサート”体験記 

無料ブログはココログ

« スパ太郎的 東京モーターサイクルショー 【ヤマハのブース】 | トップページ | スパ太郎的 東京モーターサイクルショー 【トライアンフのブース】  »

2009年4月 7日 (火)

スパ太郎的 東京モーターサイクルショー 【成川商会のブース】

今年はね、バイクが展示される成川商会のブース内に、バリスタがカプチーノマシンで入れるコーヒーをサービスしていました。 
  

5歳の娘を連れていたので、カワイイ絵をリクエスト!
 
Rimg12902  

 

うさぎ と トラ かな? 

 

1つは子供用で、カプチーノを少なく、ミルクとあわあわのクリーマーを多くリクエスト。 

 

なのに、ナゼがオレのが うさぎ。 

Rimg12904  

 

「パパ、うさぎでいいなぁ~」と言いながらも、こんな飲み物初めての娘は大喜び!
 
 
 

味も美味いのなんの。 
 
ひきたて、入れたてのコーヒーブレイクで、元気になりました。

 

コンパニオンにするか、カプチーノマシンにするか…で、皆さんに一息ついてもらえるカプチーノマシンになったそうですが、 
 
カプチーノマシン、大好評でしたね。 

 

カプチーノって所も、イタリア系の輸入バイクを多く扱う、成川商会っぽいしネ。 

 

成川商会はね、べスパをはじめ、ジレラ、ピアジオ、デルビなどなど、世界のトッププランドバイクを輸入する貿易会社。 
 

ちなみにオレは以前、べスパのPX200をお借りし、クラッシックカーレースの“ラ・フェスタ・ミッレミリア”を密着取材した事があります。 
 
小さなべスパで、4日間で走った距離は約1800キロ。  
 
 
 

ハッキリ言って、疲れました。 
 
 
でもべスパは、メチャクチャ楽しかったなぁ~~。 

 

ちなみにコレは、探偵物語で松田優作扮する、探偵の工藤俊作が乗ったべスパ。

Rimg12590  

ピタピタの黒いスーツに、帽子被った松田優作。懐かしいよなぁ。 

 

 
 
 
 

一方、コチラの方、成川専務と奥様。 
Rimg12752  

 
専務には、もう何年も前からお世話になってます。 
 
 
2年位前まではね、お嬢さんの“エリさん”が、成川商会の社員(看板娘)として活躍していました。 
  

でも現在は、ドイツ在住。 
 

去年初めてお会いした奥様は、こんな話をしていました。 
 

「スパ太郎さんね。エリから聞いてますよ!」

「エリがいなくなったから、暇な私が会社の仕事を手伝わされてるのよ~(笑)」

「そうそう、まだ誰にも渡していない名刺があるのよ! 貰ってくださる?」 

 

と渡された名刺には“取締役”の肩書きが…。 

 

ははっ~  m(_ _)m 

と思わずひれ伏してしまいそうなお名刺。

 

 
今年は自ら受付に立ち、ブースに訪れる方達のアテンドをされていました。 

お会いする度に、素敵なご夫婦だなぁ~と思ってしまう、成川専務ご夫妻です。

 

 

 

 
日本のメーカーには、原付2種(黄色ナンバーやピンクナンバーの51cc~125㏄)のラインナップが少ないでしょ。

(↑と、オレは思うんだ)

 

成川商会が扱うバイクには、原付2種の種類も多く、しかも個性的で魅力的なバイクが多いんだよね! 
 
 
 

 
成川商会HP
http://www.narikawa.co.jp/

ドイツのエリさんのブログ
奮土波雨善 奮闘記
http://blog.goo.ne.jp/hundhausen

 

« スパ太郎的 東京モーターサイクルショー 【ヤマハのブース】 | トップページ | スパ太郎的 東京モーターサイクルショー 【トライアンフのブース】  »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530688/44594180

この記事へのトラックバック一覧です: スパ太郎的 東京モーターサイクルショー 【成川商会のブース】:

« スパ太郎的 東京モーターサイクルショー 【ヤマハのブース】 | トップページ | スパ太郎的 東京モーターサイクルショー 【トライアンフのブース】  »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31