フォト

twitter

【新連載】 BBBコラム『実録・近藤スパ太郎の盗難バイク奪還記!!』

[寝てる間に視力UP!]スパ太郎の“オサート”体験記 

無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の17件の記事

2009年3月30日 (月)

東京モーターショーで見た、トライアルの妙技!

いや~参りました。 
 
昨日のモーターサイクルショーの写真、SDカードのトラブルでデータが消えてしまいました…。  

キャンギャルの笑顔も消滅。。。 
(詳細はスパ・ブログ「キャンギャルの写真データが飛んだ???」で…(T0T)
 
  

RICOHのGX100とR7の2台体制での取材だったので、一方のSDカードが生きていて、かろうじて助かりました。 
 
でも、こんなコトって有るんだねぇ。

 

昨日はね、バイクの後ろに乗るのが好きな、5歳の娘を連れてのMCショー。 バイクのショーをみて、どんな反応をするのか? 

でも娘のお目当ては、バイクじゃなくてピーポー君の様でした…。 

Rimg12911  
 
▲(娘・撮影) 
 
 
 
オレとしては、トライアルバイクのパフォーマンスを見せたいなぁと思っていたのです。 
  
 
Rimg12868

真ん中の白いウエアが、元・全日本チャンピオンで、世界選手権世界ランキング5位(1994年)の、日本を代表するトイアルライダー成田匠選手。

左の青いウエアが、2008年/全日本トライアル選手権 国際A級 シリーズチャンピオンの西本良太選手。 

右の赤いウエアが、トライアル界のイケメン国際A級ライダーの野本佳章(ヨッシー)。
  

3人とも、国際A級の現役のトライアル選手。
成田さんを中心に、レースの合間を縫ってオートバイやトライアルの普及活動にも力を入れている3人です。 
 
 
オレは以前、番組の取材で会っているので2年ぶりの再会。 
 
トライアルがどんなモノか、写真でダダーっとお見せしちゃいます♪  
 

Rimg12771  

Rimg12757  

Rimg12810  

Rimg12834  

Rimg12773  

Rimg12776  

 

Rimg12779

Rimg12780  

Rimg12813  

Rimg12839  

Rimg12852  

Rimg12850  

Rimg12853  

Rimg12854   

Rimg12844  

Rimg12803  

Rimg12787  

Rimg12837  

Rimg12864  

Rimg12760  

Rimg12812 

Rimg12862

Rimg12849  

Rimg12796  

Rimg12795

Rimg12865  

 

ね。 スゴイでしょ! 

「神技」と思うんだ。オレは…。 
 
 

彼らはパフォーマーではなく、アスリート。

Rimg12790  

 

コレはトライアルの技術を生かした“デモンストレーション”なんだけど、トライアルの競技はね、山の中とかの自然の地形を生かしたセクションで(室内トライアルもあるよ)、

スピードではなく、いかに足を着かないでセクションをクリア出来るかを競う競技。 
 
数あるモータースポーツの中でも、一番身近で観戦する事が出来、華麗なテクニックを見る事が出来る競技でも有ります。

 
 
オレがショーの撮影をしている間、娘は客席の一番前に座らせていたのですが、隣にいた見ず知らずのお姉さんに、お菓子を貰ったりして、すっかり仲良しに……。 
 
Rimg12816
まなみチャンと、くみチャン。 
 
面倒みてくれて、ありがとう。

 
2人はヨッシーのファンらしく、色々な大会に応援に出かけているらしいヨ。 
 
また会場で会ったら、ヨロシクネ! 
 
 
 
娘はよっぽどトライアルパフォーマンスが気に入った様で、2部も見ることとなりました。 
 

で、終了後に「バイクのお兄さん達と写真撮って貰う?」と聞くと、
「写真じゃなくて、握手がいい!」 と、5歳児にしてドッキリする様な発言! 
 
 
Rimg12870  
優しい3人のお兄さん達と握手できて、しかも“だっこ”までして貰い、とても満足そうでした。  
 
  
 
 
Rimg12819

Rimg12820  

Rimg12762  

こーんな感じでね、会場に来ている人達にもトライアル体験をして貰っちゃう演出もするのが、成田さんのスゴイ所。 

しかも、自分の休憩時間を削ってでも、トライアルを自らレクチャーしたりね。 

 

成田さんはね、MFJが主宰する、初心者でも参加出来る“トライアル・アカデミー”(スクール)の校長でもあるんだよね。 
 
 
 

前もこのブログで書いたけど、

「ボクは自然の中で走るトライアルが大好きです。でも自然の中を走るってコトは、走り方によっては、木や花の根っこをほじくり返してしまうコトにもなるんですよね。 ボクは自然が大好きなので、木や花にも優しい走り方が出来たらいいなぁと思ってるんですよ。 ボクの走りはまだまだ修行が足りませんね。」 と話してくれました。
 
 
名実ともに、世界のトライアルライダー成田匠さん。

“競技”というシビアな世界に生きながら、とても穏やかでとても謙虚な方。
 
 
 

いや、良太君もヨッシーも、みんなモータースポーツ界で活躍する現役の選手なのに、とても穏やかで優しい。 
 
 
トライアルという自然を理解し、自然とと融合する競技が、そうさせるんでしょうかね。 
 
 

トライアル。

今、とっても興味のある分野です。 

オレも自分のライディング上達に、トライアルを習いたいナ!

 

成田匠、西本良太、野本佳章(ヨッシー)が教える
MFJのトライアルアカデミーはコチラ
http://www.mfj.or.jp/user/contents/tracademy/tracademy-gaiyou.html 
 

 

2009年3月29日 (日)

明日も、東京モーターサイクルショーへ・・・

明日(って、もう今日だけど)も行きます。

 

見かけたら声掛けて下さいネ~♪ 

☆スパ☆

2009年3月28日 (土)

スパ太郎的 東京モーターサイクルショー 【エコ目線→エロ目線】

 
 
 
そう、「Eco Bikers Club」の主宰者としては、やっぱEco目線での取材もしないと…。 
 
 

でも2~3箇所のブースに台湾製か中国製の(?)[ゴメンサナイ、ちゃんと聞く時間がなかった]電動スクーターが有ったり、
 

Rimg12680  

Rimg12650  

Rimg12652   

 
 

 

こーんなのが有ったり

Rimg12649
 
(もう、終了後でした) 
 
 
 
 

更にムリヤリ言えば、

Rimg12618

外のコーナーに、リサイクルパーツの販売が有ったり・・・・ 

 

 
結局、時間も足りなくなってしまい、エコ目線取材は完結ならず!!! 
 
 
 

よーし、こうなりゃ目線を変えて『エロ目線だ!! 
 
 
と言っても、キャンギャルをローアングルから狙う勇気も無く、普通にパチリでした。 

 

Rimg12611  

↑ヒョウドウプロダクツのブース 

 

Rimg12594  

↑スズキのブース 

 

Rimg12583  

↑JAFのブース 

 

Rimg12614  

↑えーと、お弁当販売コーナー

 

Rimg12647  

↑岡田商事パノリンギャル 

 

と、エロ目線も中途半端な感じに…。 

 

あっ、でもパノリンのオイルは、万一こぼれてしまっても、生分解性される世界初・世界唯一の自然にも優しいオイルです。

(最初はマリン等、ボート用に開発されたそうです) 

  

 

スパ太郎的 東京モーターサイクルショー【土産】 

 
 
色々なブースで、色々なグッズが貰えちゃう、東京モーターサイクルショーだけど、オレ的NO.1土産がコレ。 
 

Rimg12506  

 
V-MAXに、マジェスティに、WR250の3車種。
(マジェと、WRは複数カラーが有りました)

 
YAMAHAのブースでケータイアンケートに答えると、こんなプレミアムなピンバッチが貰えちゃうのです(^^)/



コレね、特にV-MAXのピンバッチ。 
 

コレ、良~く見ると、今回発売されたモノじゃなく、前回のモーターショーだったかな? で発表された、商品化には至らなかったV-MAX。 
 
 

コレってかなり“レアモノ”じゃないの???
 
 
 
モチロン、GET!して来ちゃいました。 
 
 
かなり満足です。 ムフフ。。。 
 

スパ太郎的 東京モーターサイクルショー’09 リポート

 

いや~、今日のお台場は寒かったネ! 

午前中のプレスプレビュータイムは、なんとなーく活気が無くて、不景気の影響なのかな? なんて思ってたんだけど、一般公開になった13時以降は、物凄い人、人、人。 

 

Rimg12610  

 

Rimg12571  

Rimg12587  

 

なんたって、沢山の知人と会うので、ついつい話し込んでしまい、午前中に回れたブースは3~4件程…。    

気がつけばこーんな感じで、もう、バイクの写真は撮れませんでした…    

あちゃー(×_×) 

  

 

どこから人が湧いてくるんだ?

金曜日なのに、みんな仕事どうしてんの??? 

 

 

色々なブースで、色々な発見があったんだけれど、オレ的に一番インパクトがデカかったのが、ホンダのブース。 

 

今回の「東京モーターサイクルショー’09 」での、インパクトNO.1は、このバイクです。

Fury1_3 

 

Fury3  

 

Fury2 

 

そう、「VT1300CX “Fury”」というバイク。 

 

コレ、ホンダのバイク??? 

 

そう、ホンダのバイク。

1月にアメリカホンダから発表になり、いきなり4000台がバックオーダー。 

 

えっ? アメリカでそんなに大人気なの??? 

 

スタイルは、アメリカのハーレーに似ている…と言うか、ハーレーを元にカスタムした“タイタン”にどことなく似ている雰囲気だよね。 

(ちなみにオレは、タイタン大好きです) 

 

アメリカのハーレー・カスタムビルダーが携わっているのではなく、ホンダの企業デザイナー。  

100%アメリカ開発ではなく、日本の研究所との共同開発なのだそうです。 

このバイク、お値段は15000$だとか。 

 

まぁ、ハーレーでも車種によって金額の差がかなりあるけど、そうね、スポーツスターと比べれば、同等か、“Fury”の方が、ちょっと高い金額でしょ? 

 

しかもコレ、空冷じゃなくて水冷! 
(ハーレーは空冷ね)   

コレもホンダっぽいトコロ。

  

ちなみに、高田純次さんや布施博さんとアメリカ大陸横断した時に体感した意外だったコト。 

 

ハーレーで旅するアメリカ人よりも、ホンダのゴールドウィンで旅するアメリカ人ライダーの方が、圧倒的に多かったのです。

「ホンダの方が壊れないヨ!」だって。 

 

アメリカ人は合理的なのかもしれません……。 

だから水冷でも空冷でも、アメリカじゃぁ関係ないんだろうね? 

アメリカ人の“魂”とも言える、ハーレーを差し置いて、4000台ものバックオーダーがあるってコトは、アメリカ人の心をそそる何かがあるんだよね! 

(オレには未知だ!) 

 

 

そして今日の東京のブースでも、このバイクの回りは、かなりの人だかり。 

みんな写真撮ってました! 

 

「ホンダらしくない」という否定的な声も聞こえる中、「ホンダもやるねぇ~」と称賛する声の方が多かったかな? 

 

「ホンダらしくないバイクを出すなんて、ホンダもやるねぇ~」 というのが、オレ的な感想。 

 

人だかりを見て、終始ニコニコしていたのが、開発にも携わったHMJ(ホンダモーターサイクルジャパン)の商品企画担当の木村さん。 

Fury  

木村さん、“Fury”に負けず、キャラ濃いです。
(普段はCBR1000RRに乗ってるそうです) 

 

 

参考出品なんて言ってるけど、HMJの商品企画が動いてるってコトは、日本市場を見越してのコトなんでしょうね。 

間違いなく発売されると思います。

 

だって、この笑顔だもの。 

 

 

 

それから同じくホンダのブースで目を引いたのが、このカラーリングのCBR600RR。 

Rimg12577

Rimg12575  

Rimg12580

Rimg12576  

 

ペイントではなく、デカール(ステッカー)ですが、特にタンク部のデカールの柄は、ホログラムの様に角度によって、“CBR”と“600”“ウンイングマーク”が、見えたり見えなかったり・・・。 

 

この春に発売になるそうです。 

 

コレも、今までのホンダらしくは無い。 

 

でもね。 ホンダの歴史を見れば、ホンダらしくないコトをやるのが、ホンダ。 

 

スーパーカブの誕生だって、当時は否定的な意見が多かったそうですから。。。 

 

こんな風にホンダが新しい動きをすれば、バイク業界にも良い影響があるでしょうね。 

  

というコトで、スパ太郎的 東京モーターサイクルショー’09 のトピックスは、「新しいホンダ」 

この2台が、一番のインパクトでした。 

 

 

他のブースや様子は、またUPしますネ。 

 

2009年3月27日 (金)

東京モーターサイクルショーへ…

東京モーターサイクルショーへ…

やって来ました!

只今リポート中♪

今日のお台場は、メチャ寒いよ(*_*)

2009年3月26日 (木)

WBCの余韻

 
いや〜素晴らしい試合でしたね、WBC。
 
結局クルマ移動にした為、試合中継見られました。
 
 
昨夜は新中野のヘアメイク・マッシュルームへ。
 
野球の話題で持ち切りでした。
 
 
あの試合と感動の余韻は、オレの活力になってマス。
 
 
さっ、今日も1日頑張るゾ!

2009年3月24日 (火)

野球をとるか、バイクをとるか…

今はある個室から、モブログ中(携帯から投稿)

モブログなら、スパ・ブログと、ライハイブログ、同時に同じ記事を上げられるのかな????

今日はこれから、長距離の移動。

バイクで行く予定だったんだけど、それじゃあ野球の決勝が見えない。

ラジオ中継はニッポン放送か…

また入りにくい時な、小型のラジオじゃ…


ん〜、バイクで行けば、片道の移動時間は2時間。

クルマなら中継見れるけど、2時間半〜3時間ってトコロか……

ん〜〜〜〜。

クルマだと、CO2排出量も多いし、移動交通費も高い。

でも決勝が見られる。

ん〜。野球中継をとるか、
ライディングの楽しさと、移動短縮と、移動経費コストの押さえられるバイクを取るか………。

今、トイレの中で悩んでいます。

2009年3月18日 (水)

このバイクのゲーム知ってる?

今週の20日(金)~22日(日)で開催される“大阪モーターサイクルショー2009”

 

大阪モーターサイクルショー2009のHP上で、バイクのゲームがあるの知ってる?

 

Photo  

 

白い燃料タンクをGETしながら障害物を避ける。 

 

全部クリアすると、ブログパーツをGET! 出来るそうなのですが、オレはこの手のゲーム、ニガテなんだよね。。。 

 

いつもこの辺りでゲームオーバー。 

Photo_2  

 

半分も進んでいない・・・ 

  

 

残念ながら、オレにブログパーツをGET! するのは無理そうなので、皆さん楽しんで下さい。 

 

MOTOR MIKING GAMEのページ

http://www.motorcycleshow.jp/game/index.html 

 

誰かクリアできたら、コメント頂戴ヨ!!

 

オレには手ごわい MOTOR MIKING GAMEの案内でしたpaper 

自転車のムック本、見てね!

オレも携わった自転車のムック本が、昨日発売になりました!

Photo 

廣済堂ベストムック131
BICYCLE SERIES 1
【トコトン楽しむ!「スポーツ自転車の本」】
ご参考【
http://www.kosaido-pub.co.jp/mook/post-7.php

 

 

今回の企画では、カラダを張って、自転車ダイエットにも取り組みました。

Photo_2  

 

1ヶ月弱でのダイエット結果は、 

体重:1.2キロ減! 

しかも体脂肪減少、筋肉量ちょっとUP!! 

 

「特に食事制限無し」 

「脂肪燃焼効率の高い心拍数で、自転車に週3~4回以上乗る」 

「ペダルの回転数も、脂肪燃焼効率の高い回転数で乗る」

 

効果がありそうなので、自転車ダイエットは、これからも続けます。

 

 

オートバイと自転車って、共通項が多いよね。

自転車にエンジンを積んだのが、バイクだったりするしね! 

この『Riding High ~♪』でも、自転車のコトは今後も取り上げたいですね! 

 

オートバイと同じく、一般的な内容は「スパ・ブログ」で・・・。 

ちょっと専門的な内容では、この『Riding High ~♪』で・・・って線引きでしょうかね?

 

 

 

そして今回の取材で出会い、とっても気になった方。今は自転車にドップリとハマっている、あるオートバイのメーカーの方。

 

この方はオートバイ大好きたったにも拘わらず、心無いライダー(レーサーのオフロードバイクを山に持ち込み、山を荒らしている)をみて、オートバイに乗るのを辞めてしまった。。。 

 

モチロン、今でもオートバイは大好きなのに…です。 

ご参照記事はコチラ[Eco Bikers 宣言!] 

 

電話で話しただけなので、近々この方に会いたいと思っています。 

  

 

今回の取材で感じたコトは、

オートバイや自転車に拘わらず、日本は道路交通の事情やマナーでは、かなり後進国というコト。 

 

欧米では、子供の頃から交通ルールやマナーについて、遊びながら学べる環境が身近にある様です。 

  

 

まっ、とりあえず追々! 

 

『トコトン楽しむ!「スポーツ自転車」の本』は、

自転車があれば、生活はもっと楽しい」をテーマに、最新のスポーツ自転車のカタログをメインに、初めてスポーツ自転車を買いたいと思っている人達でも分かりやすい仕上がりになっています。

自分に最適の一台を見つけて下さいネ! 

 

廣済堂ベストムック131
BICYCLE SERIES 1
【トコトン楽しむ!「スポーツ自転車の本」】
定価:1200円(税込)
ご参考【
http://www.kosaido-pub.co.jp/mook/post-7.php】 

 

2009年3月13日 (金)

ETC助成金制度開始2日目にして、バイクETC大混乱!!

オイオイ!

もう、バイクにETC取り付けられないじゃん!!pout 

 

昨日から開始になった、ETC助成金制度だと言うのに、もう既に、バイクETCの受付が終了していたり、既に在庫切れだったり……。 

 

制度開始2日目にして、大混乱ですね。 

 

朝イチで、ウチから近所のナップスに行こうと思い、念の為HPを開くと、

【(3月取付け分)の受付は終了致しました】

  

えっ!?

昨日から始まったのに、どういうコト???  

 

だって、一昨日たまたま前を通ったから、確認しに聞いた時は、

「週末の日曜日頃までに申し込めば大丈夫ですよ!」なんて、言ってたのに!!crying crying crying 

どうも昨日の夕方には【全店でキャンペーン受付は終了】と、HP上にUPされていたらしいです。。。 

 

 

一方、ウチからはちょっと遠いんだけど、新社長とはツーリングの約束をしている“DS2りんかん”。

コチラもHPがアクセス集中の為、なかなか繋がらず、ようやく表示されたと思ったら、もう既に在庫切れ。  

 

オイオイ! こっちも??? 

 

電話で確認をしてみると、入荷自体が、助成制度の期限を過ぎてしまうそうだ。。。 

 

 

ちなみに、ウチの近くの桜井ホンダ(Honda DREAM店)  

コチラも在庫が無く、入荷は4月か5月になってしまうそうだ。。。 

 

 

だから・・・・

もうダメってコトじゃん!! 

  

この原因は何にあるのか?

 

調べてみると、、、、 

単に、【ETCを普及させる為の助成制度なのに、超・短期間って、どういうコトよ!!】 

 

(↑調べるまでもなかったなぁ。コリャcoldsweats02) 

 

 

だってね。 

昨日から今月31日までのたった約半月間で申し込みをして、

31日までに取り付けが終了しないと、助成制度(購入割引)が適用されない!   

のだそうですヨ。 

 

ちなに、昨日の“ナップス”・“DS2りんかん”の各店舗は、かなりのお客が詰めかけ、申し込みが殺到!

ナップスには、在庫はあるみたいなんだけど、「今月中に取り付けられる作業のキャパを超えた」から、キャンペーン終了! 

  

コレじゃぁねぇ。

かなり場当たり的な政策だよねぇ。 

 

そもそも、バイクETCは、【JRC日本無線】製品の独占市場というコトも有るし、クルマに比べたら、品数が足りなかったってコトだよね。 

 

じゃあ、今、オレ達ライダーは何をすべきなのか!?

(ココが大事!) 

 

ETC助成金を行っている、財団法人高速道路交流推進財団 ETC車載器新規導入助成事務局 に、キャンペーン期間を引き延ばして欲しいと、連絡するコト。 

 

ちなみに、二輪車用のお客様問い合せ窓口 が有り、

03-5840-5277
(平日9時~18時、土日祝日10時~18時) 

 

(メールでの問い合わせは無い様である)

 

ココに「いったいどうなってるんだ!!」(優しくネ!)と、電話して、「冗談じゃないよ!」と、優しく怒りをぶつけよう!! 

 

…と思ったら、ずーっと話し中。 

ココもパニクってますね!

 

でも、アクションを起さないと、何も変わらないしね! 

 

電話しまくってやるぅぅぅ!! 

 

 

財団法人高速道路交流推進財団
ETC車載器新規導入助成
に関する情報はコチラ

http://www.highway.or.jp/

 

2009年3月11日 (水)

新型VMAX 記者発表会へ行ってきた!

アメリカでは空母ミッドウエイの上でお披露目され、ヨーロッパでも空軍の協力を得て発表された、新「VMAX」。 

 

日本モデルの発表会に行ってきた!  

 

Vmax1_2

 

新設計 水冷4ストローク DOHC 4バルブ
Ⅴ型4気筒  1679cm3
YCC-T採用F.I.(フューエルインジェクション)
最高出力 111kW(151PS)/7,500r/min
最大トルク 148N・m(15.1kgf・m)/6,000r/min
車体 全長×全幅×全高 2,395×820×1,190mm
シート高 775mm
軸間距離 1,700mm
乾燥重量 311kg  
舗装平坦路燃費 16km/L (60km/h)
燃料タンク容量 15.0L 

発売日:2009年4月20日
(3月24日から予約開始)
車両本体価格:2,310,000円
(本体価格2,200,000円 消費税110,000円)

カラーリング:ブラックメタリックM(ブラック)
販売計画:800台(国内・年間) 

 

 

Vmax3  

 

 

Vmax5  

 

  

Vmax2_3

(職人の手作業によるバフクリア仕上げのエアインテーク) 

 

Vmax6  

(4-1-2-4のダイナミックなマフラー) 

 

 

うん。

素晴らしいですね。 

 

 

四半世紀ぶりとなる、新VMAXの開発に携わった1人、いつもはトライアルごっこでご一緒する牧野さん。  

Vmax

(実は牧野さんが、新型VMAXを作り出す言いだしっぺらしい…) 

 

 

デザインはモチロン、GKダイナミックス。

中心になったのは、常務の一条厚さん。 

Vmax_2  

 

「デザインのYAMAHA」とも言われる、YAMAHAバイクの造形美を作り出す一人です。  

構想から10数年かけ、今回のVMAXでは、ヤマハの1号バイク「YA-1」を手掛けて以来、GKダイナミックス史上最高枚数のデザイン画を書いたそうです。

(その数たるや、室内に納まりきらない量だそうな…) 

 

「このVMAXの中で、ドコが一番お気に入りですか?」

と訪ねたら

「ん~、ドコと言われても…。全てがあってのVMAXですから…」と答えて下さいました。 

 

VMAXのコンセプトでもある

【エンジンマキシマム・ボディミニマム=エンジンが走る】 は、

 

当初のエンジンデザイン画はコレだったそうです

Vmax_3  

左側のデザイン画ね。 

 

こういうイメージが、バイクになっていくんだねぇ。 

 

他にもこんなデザイン画が展示されていました。 

Vmax1  

 

Vmax2_4  

 

Vmax3_2  

 

 

そして、GKダイナミックのデザイナー自らが削ったクレイモデルが展示されていたのには感動! 

Vmax_6  

Vmax2_5  

 

触ってみると、粘土とは言えど、カチカチ。 

リヤフェンダー部分なんか、本物のフェンダーと同じ様な厚さ。 

 

デザインを最終的に決定付けるモノなだけに、とっても繊細なんですね! 

 

ちなみに、デザイン室を社内に持たず、外部に発注するYAMAHAならではのデザイン担当と、開発担当者の妥協を許さないお互いの攻防戦があるそうで、この新VMAXはソレが10数年続いた…という事です。 

 

古いDNAを受け継ぎながらも、ソレをあえて破壊し、継承されるマシンを作る。 

 

ちょっと初代VMAXと比べてみると、

Vmax_7  

(↑初代VMAX) 

(↓新VMAX) 

Vmax_8  

 

ん~、似ているけど、全然別物だね。 

 

このVMAXは、日本発信の全く新しいコンセプトのバイクという事も有り、日本の伝統造形物である、金剛力士像(仁王さま)のイメージも盛り込まれているそうです。  

Vmax_9  

そう言われてみると、なんとなくそんな気も・・・ 

 

 

今回の記者発表会は、新国立美術館で開催されました。 

Vmax_10  

Vmax2_6

 

バイクって、芸術ですよね。 

 

今度は是非、乗ってみないと…… 

 

2009年3月10日 (火)

発表になりました!

コレです。
(コレはエンジン内部が見られるカットオフモデルです)
只今記者発表中!
帰宅後リポートします♪

YAMAHAの記者発表へ…

今から1時間後、六本木でYAMAHAのフラッグシップモデルバイクの記者発表が有ります。

車名は15:30までは出してはいけないお達し。

バイク好きなら薄々知ってるとは思うけど、極太トルクの武骨なアレ。

数年ぶりになる日本バージョンです。


今日は、バイクに合わせた、黒の皮パン、カーキのジャケットです。


んじゃ、行ってきまーす(^o^)/

カワサキ乗り必見!? KDXのビル発見!

Photo  

今日は“クレタ”で打ち合わせ。

(日付が変わっちゃったけど…)

 

クレタは、

“タンデムスタイル” “カスタムピープル” “L+bike” “Under400” “Scooter Days” “風まかせ”など、数多くのバイク誌を手掛ける会社です。

 

そう、表札の下の、バイク乗りからはじめる地球愛護活動「ラブ・ジ・アース」も、クレタ内に実行委員会が有るのです。 
 
   

今日、改めてクレタの入っているビル名を見て、超・感激!! 
 
Photo_2  

 
「おぉぉ! KDX芝大門○○○」

“KDX”って、さすがだね! 
 
 
さすが、“カワサキバイクマガジン”も手掛けている、クレタの入っているビルだけあるネ!!! 
 

 

“KDX”って言うのはね、今から18年、19年くらい前になるかなぁ? 

カワサキ系のバイク屋に勤める友人が乗っていた、カワサキのオフロードバイクの名称と同じ。 
 
 
2ストのバイクで、パワーはあったんだけどね、一回エンジンが止っちゃうと、キックして再始動するのが大変! 
 

 

当時のオレは、ホンダのXLR-250BAJAに乗っていたんだけど、“KDX”の先導で、富士山の演習場やら、登山道やらに連れて行ってもらった。 

 

初めて富士山に連れて行って貰う前日に、「オフを走るんなら、絶対にプロテクターは無いとダメだよ!」と、上野に連れて行かれ、昔としては超高価な、肩、肘、脊髄とカチカチのプラスチックで覆われた“ダイネーゼ”のプロテクターを無理矢理、買わさられたんだよ! 
 
 

トコロが翌日、演習場の中で80㌔で大転倒して、プロテクターがケガから守ってたワケ。 

 

今でも覚えてるよ!

皆を追いかけて、砂利の上り坂の頂上でフワッ!と、勢い余ってジャンプ。始めてのジャンプに驚き、前輪から着地。 

 

うわぁ~~と思って、ブレーキをロックさせちゃったから、バランスを失い、あぁぁぁぁぁ~~と、フロントを取られてそのまま、側溝にハマって大転倒!! 

 
 

新品のバイクウエアは、下に着込んでいる、黒いプロテクターが削れちゃうくらいボロボロ。 

ピカピカ新車のXLR-250BAJAは、見るも無残にキズだらけ。 

 

唸るほど痛かったけど、大きな外傷は無く、プロテクターを着ていて、ホント助かった! 

 

その後に走った登山道(今はもう走行禁止)はガレガレで、ガレガレ溶岩の下は火山灰。 一度止ってしまうと、ズルズルと埋もれてしまう…。 
 
 
1日に何度転んだコトか。 
 
おそらく100回近く。 その度にバイクを起こして、カブってしまったエンジンを、何度も何度もキックする。
 
何度蹴っても掛からないエンジン。やっと掛かったに、直ぐにコケてしまう自分が情けなくって、涙が出て来ちゃうんだよね。 

新車のバイクは溶岩で更にキズだらけ。 バイクなんてもう2度と乗るもんか! って。 

11月3日なのに、汗だく。 ヘルメットを取ると頭から湯気が出ていて、夕方になってもまだ登山道からの脱出が出来ず、転んだ横の木の根っこから、ツララが何本も垂れ下がっていたのを覚えている。  
 
オレはこんなに暑いのに、気温は氷点下なの? ってね。 

 
 

真っ暗になってから、朝は大転倒してしまった演習場の中の走行が、見違えるように楽しく走れて…。 
 
この時が、オレのオフロード開眼の時。 
  

その場でタイヤ外してパンクを直したり、歩いても登るのがやっとなガケを、バイクでタン!タン!タン!と駆け昇ったり(他のライダーに代わって貰ったけど)、落ち葉を集めて紅茶を入れたり・・・

 

こんな世界があるんだ! ってね。 
 

以来、富士山には何度も何度も通う事になりました。。。 
 
 
 
緑色のKDXの後ろを追いかけた、もう20年近くも前の出来事。 
 
 
今日、“KDX”の表示を見て、ふと思い出しました! 

 

KDXに乗ってた、青木さん。 元気かなぁ~~? 

 

2009年3月 4日 (水)

良くわからん、道路交通法

この前さぁ、ひさしぶりに“原付”を借りたんだけど、道路交通法が良くわからなかったなぁ。

Photo  

 

原付って、3車線以上の道では、2段階右折でしょ? 

 

じゃぁ、3車線以上の道で、ト字型の交差点、どうやって右に曲がるの??? 

 

幹線道路で、ビュンビュン後ろからクルマ来るし、曲がれずに何キロも何キロもずーっと真っ直ぐ走っちゃいました! 

 

 

最近、自転車の企画で、自転車に乗る事が多いんですが、去年の道路交通法が改正になって、自転車も車道を走らないとならなくなったでしょ!基本的には。 

 

幹線道路を走っていると、いきなり左車線が、左折専用になったりするんだよ!

左折専用が、1車線ならまだ良いよ。 

 

左折専用車線が、2車線だったり、3車線になったりする道もあるんだから…。 

 

真っ直ぐに行きたい場合、真ん中の車線に出ないといけないのかね? 

 

 

そして先日、こんな光景に出会った! 

Photo_2  

六本木トンネル、六本木ヒルズから青山に抜ける道。 

 

注目はこの標識

Photo_3  

一番上。自転車走行禁止。 

 

事前になんの表示も無く、いきなりコレ。 

 

車道は反対側には行けず、Uターン出来ないし、どうすりゃいいの? 

 

①Uターンして歩道を逆走!

②歩道の左先の階段を、担いで下りる 

 

選択肢はこの2つしか無い。 

 

でも歩道って自転車走っちゃいけないんだろ!?

①は、Uターンして歩道を逆走! じゃなくて、「自転車を転がして、トボトボ歩いて戻る…」ってコトか?

  

 

せっかく来た道を、Uターンするのはシャクなので、進行方向左先にある階段を下りるコトに……。 

 

Photo_4  

 

おわっ、けっこう急だよ! 

 

そうと思うと、オフローダーの血が騒ぐ。 

人が通り過ぎるのを待ち、サドルを低くして、乗ったまま下りちゃいました。 

 

 

はぁ~、転ばなくて良かった!

 

降りた後は、星条旗通りを左に出て、外苑東通りで北上。 

 

でも、自転車だからまだ良いものの、標識にある様な荷車(あんまり見ないけど)だったらどうすんだろうね。 

 

リヤカーとかさ。 

 

道路交通って、良くわからないコトが多いよ! 

 

2009年3月 1日 (日)

落ち着きました。

入稿が終わったヨ! 

 

校正や校了が残ってはいますが、ようやく落ち着きました。 

(今日、一部の校正があったけど・・・) 

 

バッテリーが上がり気味だったのに、ここ暫らくの引きこもり生活で完全に上がってしまったかも??? 

 

この引きこもり生活の間に、1台、自賠責が切れてしまった・・・。 

 

明日から色々やんなきゃネ! 

 

 

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31