フォト

twitter

【新連載】 BBBコラム『実録・近藤スパ太郎の盗難バイク奪還記!!』

[寝てる間に視力UP!]スパ太郎の“オサート”体験記 

無料ブログはココログ

« なぎら健壱 さん、案内ありがとう! | トップページ | Eco Bikers 宣言! »

2009年2月 5日 (木)

「タイで発見! 盗難バイク奪還記」② -警察は当てにならないって…?-

=交番での対応はこーんな感じです=

※過去記事はカテゴリー【盗難バイク奪還記!】で読んでね!
 
 

ホントに盗まれたのかな? と混乱したまま交番へ到着すると、お巡りさんはとっても事務的に、ちょっと引っかかるかんじで対応します。

「あっ、盗まれたの?」
「最近、自転車やバイクの盗難が多いんだよねぇ」
「なに? またバイク盗まれたの?」
「ちゃんとカギを掛けなかったんじゃないの?」

と、3人の警察官が奥から出てきて、やいのやいの…。
 

 

「じゃここに座って被害届け書いて!」

書いて! って言ったって、殆ど警察官が書いてくれるのですが、

聞かれる内容は

名前・年齢・住所・職業のほか、

盗まれた場所(住所)
盗まれた日時(4月24日23時~26日の昼にかけて)
盗まれた時の状況
バイクの車種・ナンバー・特徴

などなど・・・

XR-BAJAもCRMもどんなステッカーが貼ってあるかなど、コト詳細に伝え書いてもらいました。 
 
 
この時に一番困ったのがナンバー、車台番号、グッドライダーステッカーの番号など。 
 

幸いと言うか、本当はバイクに乗るときは携帯してなきゃいけないんだけど、オフ車だし、シート下なんかに書類を積む所が無いから、軽自動車届け済み証や自賠責保険の書類なんかは、自宅に保管していたんだよね。

 
覚えちゃいないから、書類を取りに歩いて戻る…。 
 

 
=経験上のアドイス=
★盗まれて警察へ届ける時
■あせってしまいますが、一度警察に電話し、必要書類などを確認するとスムーズ 

★事前対策
■バイクには書類原本ではなく、コピーを積んで置きましょう
(法律的には原本だったかも知れないけど、バイクを守る為、二次犯罪を防ぐ為です。コピーでとがめられた経験は今の所無いです)

■車検の無いバイクは、エンジンナンバーを控えておくと、取り戻す時に役立ちます
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
  

書類を書きながらも、
「ちゃんと鍵を掛けてないから盗まれるんですよ!」
「いえ、だからちゃんとロックはしてましたよ! U字ロックも施錠してました 」

「近所を捜したの?」
「バイクの盗難は、少年の犯罪だから、近くに乗り捨てている事もあるから捜して見て下さい!」

なんて、横からやいのやいの…

 

 

なんで「バイクの盗難は、少年の犯罪」だなんて、断定的に言えるんだ???

警察官に問うと「大人はバイクは盗まない」と、これまた根拠の無さそうな答え。
他の警官が「そういうデータがちゃんと出てるんだから」

(警察がこう言う理由は、後日分かりましたが…)

 

オレはね、この場では聞き流したんだけど、少年じゃないだろう…って直感していたんだ。

だって、直ぐ近くにはゼファーやCB、アメリカン、スクーターが止ってたんだよ!  何でわざわざ、オレのオフ車が2台だけ…。

少年なら、人気車種のゼファーとかを狙うでしょ!

(※当時オフ車は、人気車種ってワケじゃなかった)

 

それに、U字ロックを破壊してまで、2台同時に少年が盗むか?  (じゃ、何人くらいが関与してるの?)  少年が、U字ロックを破壊する工具を持ち歩いて来るの?   

直ぐソコの、ゼファーやスクーターは、U字ロックもワイヤーロックもしてないのに?? 

 

オレはオフ車が好きだけど、そこまでしてオフ車に乗りたい…と、都会の少年達が思うのかなぁ。。。。。 

ねぇ!  

それにボクには、警察官を職業とするバイク仲間もいます。 
白バイ隊員の自宅からも、警察の寮からも、プライベートで乗るバイクが盗まれています。 
 
オレにはバイク盗難が、少年の犯罪だけだとは思えないんだよねぇ。。。

(コレについては調べたデータが有るので、後日UPしますね。 でもブログにエクセルデータってどう載せるのかなぁ?  相変わらず、スキルが低くってスミマセンです…)

   

「警察でも捜してくれるんですよね?」

「警察はね忙しいんですよ。」
「色々な事件を抱えてるから、バイクだけを捜す事はないですよ」
「簡単に盗まれてしまう、アナタがいけないんだから反省しなさい!」 

 
今までは、警察がなんとか捜してくれるもんだとばかり思ってたけど、全く違った。 しかも、盗まれて困惑している被害者に対して、なんたる冷たい対応&引っかかる言葉の連続。

オレのバイク仲間とは全く違う、仕事上での警察官達… 
 
 
 
 
「警察は当てにならない」
「警察には頭にきた」

なんて言葉は盗難被害者はよく言うけれど、オレも全く同じ感情を持ったね。 
 
警察には頭にきた!!! 
 
 
警察へ被害届けを出す時は、こんな対応なんだと覚悟しといて下さい。
予めそう思ってれば、大して頭にも来ないハズ。

カリカリしないで、冷静になる事が大切…

  
 
 
さっ、明日からロシアンラリー。

バイクはどうする?
スポンサーも集めているのに???
記事を書く雑誌も決まっているし、カメラマンもお願いしてしまっている。 
 
参加しないワケにはいかない…… 

 
この時は怒りよりも、明日からの事で頭が一杯でした…。 
 

=つづく=

« なぎら健壱 さん、案内ありがとう! | トップページ | Eco Bikers 宣言! »

バイク」カテゴリの記事

盗難バイク奪還記!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530688/43967802

この記事へのトラックバック一覧です: 「タイで発見! 盗難バイク奪還記」② -警察は当てにならないって…?-:

« なぎら健壱 さん、案内ありがとう! | トップページ | Eco Bikers 宣言! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31