フォト

twitter

【新連載】 BBBコラム『実録・近藤スパ太郎の盗難バイク奪還記!!』

[寝てる間に視力UP!]スパ太郎の“オサート”体験記 

無料ブログはココログ

« 盗難バイク奪還記 -はじめに- | トップページ | 高橋国光RC162の番組 »

2009年1月30日 (金)

「タイで発見! 盗難バイク奪還記」① -盗難はある日突然やって来る-

 
 
=その時ライダーに起こる現象は…?=

 
今でも忘れない。
 
2001年4月26日。

ロシアンラリーへ出発する日の前日。
スポンサーステッカーをバイクに貼る為に、バイク(XR-BAJA)の元へ向ったのだ。 
 

当時住んでいたアパートの敷地内にバイクを止めていたら、「邪魔!止めるな!」とクレームが来てしまった。
狭い都内の事情では、駐輪場が無い共同住宅は多い。

 
「止めるな!」ったって、所有しているモノをどうすりゃ良いのよ!

しかたなく、近所でバイクを止められる場所を探したんだ。 
 
直ぐ近くの公園脇のスペースや歩道に、常駐車しているCB、ゼファー、アメリカン、スクーター等のバイク達を発見! 「おっ! みんなココに止めているのか。ここならオレのも止められるゾ!!」 

アパートからは見えないけど、徒歩1分もかからない!
 

今じゃこんな場所に止めるなんて考えられないけど、当時はこのスペースを始めとした付近の歩道には、バイクが5~6台は止っていたかな?  

都内での1人暮らしに人気のスポット、世田谷SK沢近辺じゃ、一軒家かよっぽどのマンションじゃない限り、敷地内にバイクを止めるスペースなんて殆ど無いから、当時としてはこんな風に止めるのは通常手段。  
 

(いや、今でもこのエリアを始め、都内じゃ同じ様な状況の地域は多いと思うんだ…)   

 
いやいや、一軒家のお宅でさえも庭に止められず、道路に止めている人達は多いからね。。。 

  

 
オマケに閑静な住宅街にある公園は、夜になれば街灯も点くし、お巡りさんもパトロールしてるし、万一何かあった時には“ご近所の目”がある…と思っていたんだ。 
 
しかも、U字ロックやワイヤーロック等、歩道の固定物とも掛けられるしね。

この絶好なポジションに、オレはXR-BAJAと、CRM-AR(両方ともHondaの250㏄オフロード車)を3年以上も止めていたんだ。 
 

 
 
でもバイク盗難は、ある日突然やって来た!  
コトもあろうに、スポンサーを集めてロシアンラリーに出発する前日に…… 
 

最初はね「あれ? 昨日は違う所に止めたかな?」って感じ…。

 
「いや、昨日は飲んでないからバイクで帰ってきた…?」
「いやいや、昨日は雨だ! だからバイクには乗っていない!」

最後に乗ったのはいつだ…?
 
 
記憶が混乱している。

「一昨日は……  一昨日は… 」

家に戻り手帳を見返すと「モトショップストラーダ」 
 
「そうだ! ストラーダでラリー用にメンテして貰って帰ってきた夜、丁度雨が降り出したんだ!」
「えーと、その時の時間は…23時頃だ!」
 
「昨日は雨だから乗って無いからぁ、最後に乗ったのは…?」
 

何度考えても、何度考えても、一昨日の夜にこの場所に止めたっきり乗っていないハズ。。。 
 

 
じゃあ、何でバイクが無いの??? 
 
 
そうか! 誰かが乗ってった?

いや、じゃ何でオレがカギを持ってるの??? 
 
 
 
周辺を探しながら考えるコトと言えば、 何で? どうなってるの? ってコトの繰り返し。 
 

 
あっ! もしかして公園の管理事務所が邪魔だと持っていった… 
 
(公園の管理事務所に電話をする) 
 
 

この時既に、家に戻ったりウロウロするコト約10分。

管理事務所と話している時に「清掃担当者に確認します…」と待たされている間、ちょっと冷静になったんだろうね。 
 
「あれ? CRM(もう一台のバイク)も無いジャン!!」と気が付くのです。
  
 
「昨日は掃除の日じゃありませんねぇ」
 
 
 
あまりにも突然の出来事に、「盗まれた!」 と認識するまでは、結構な時間がかかりました。 

  
実はこの現象、後の取材で分かったんですが、盗まれた人の殆どが「あれ? 何処に止めたっけな…」と、しばらくの間記憶が混乱し、ウロウロしてしまった様でした。
 

 
この後に110番すると、「近所の交番へ届けて下さい!」と言われ、ホントに盗まれたのかな? ホントかな?と混乱したまま歩いて(他に移動手段が無いので)、やたらと遠く感じる交番へと向うのです。。。

 
=つづく=
 

Photo

盗難現場(2009年1月撮影)

7年ぶりにバイク盗難現場に行ってみた! 今でもこの周辺にはバイクを常駐車している痕跡が…。    

今は植木のプランターで中には止められなくなっていたけど、オレが止めていた場所は道路ではなく、手スリの向こうの公園側に、縦に2台並べて止めていた。 

ロックはハンドルロックの他、U字ロックを歩道の固定物と掛けてね。(盗難された時はU字ロックも無くなっていた)  

シートカバーは掛けていたり、掛けなかったり…。 (盗難された時はシートはしていなかった)  

 

Photo_2
このCB400も、邪魔にならない様にって一応は思っている様子。 少し道路から凹んだスペースにピッタリ駐車。 手スリとワイヤーロックで固定してるね。 手前にU字ロックがブラ下がってるってコトは、もう一台この場所に止っているってコト。 

U字ロックやワイヤーロック、狙われたら正直、意味無いんだけど… 

 

« 盗難バイク奪還記 -はじめに- | トップページ | 高橋国光RC162の番組 »

バイク」カテゴリの記事

盗難バイク奪還記!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530688/43903802

この記事へのトラックバック一覧です: 「タイで発見! 盗難バイク奪還記」① -盗難はある日突然やって来る-:

« 盗難バイク奪還記 -はじめに- | トップページ | 高橋国光RC162の番組 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30